FC2ブログ
cherry vs. eagle
なぜキットから自分で作ったeagleとkityの音はホワイトバイオリンにいろ塗りしたcherryに比べて深みがないのか・・

自分的には大きな問題であるので、自分なりに可能性を分析しよう。

想定原因:

・元々、キットの木の材質が低い・・充分ありそうだ。木によってずいぶんな違いがあるのは、ホームセンターにでもいって、そこらのカットされた木材を叩いて音を聞いてみるとすぐに分かる。

・表だけタップトーンで合わせたけれど、ハッチンスが言うように裏と表のタップトーンをすり合わせないといけない・・これもありそう。でも、裏板を外さない限りタップトーンのすり合わせできないもんなぁ

・魂柱などの微調整がうまくない・・あるかもしれないけど、cherryの魂柱を作って立てたのは私である。これはあんまり変わらないはず

・cherryは指板の裏まで丁寧に加工したので、これが効いている・・そんなに大きく効くか?と思ったが、G線を指で弾くと、cherryは指板が大きく振動しているのが分かる。eagleやkityの指板はG線を弾いても指に伝わるほどの振動がないので、可能性としてはありうる?指板がそれほど音に影響するかは?だけど、音の一方の伝わり口だから影響もありそう

・裏板板厚の調整が不十分・・^^;充分ありそうだけれど・・一応、eagleは手製のキャリパーで計りながら削った(削りすぎた部分もあるけど)ので、それなりになっていると思うのだけれどなぁ


と、色々並べ立てても、検証する手段を検討しないと、何にもならないので、簡単に検証できるところからと、思い切って、魂柱の位置を調整することにした。

が、当然のように、魂柱は倒れ、再び、何度となく魂柱取り出しの練習をすることになった(笑)

音のまろやかさ、深みを出すために、魂柱の位置は、以前より、後に下げてみた。
夜なので思い切り音を出すわけにはいかないが・・・

どうやら、これは原因ではないらしい


次に、大きな手術をせずに出来る作業は、指板の裏の削り出しであるが、大きな手術ではないにせよ、一度、指板を外さないことには出来ないので、それなりに大変である。

こんなことに時間をかけるくらいなら、次のSTEWMACのバイオリンキットをきちんとした手順でさっさと完成させたほうがいいのでは?
と、心の声がつぶやく・・・




マンドリンのケースを作ろうと、100均のダイソーで工作材を購入した。で、これらの工作材、ゆがんでいたり、割れが入っていたり色々と問題があるので、クランプでまとめて、糸鋸でサイズあわせをし、
糸鋸


かんなで直線を出す。
カンナ


が、大変である。ということで、早々に木でケースを作るのはめげつつある(笑)

皮を巾着袋状にしてしまえば、簡単かも?

ちょっと、計画練り直し中
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/14 22:35 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<GIGバッグ | ホーム | レッスン37回目:半分は・・・>>
コメント
軽い方がいいですよ。
皮の巾着袋状はいいと思います。先々考えてもヴァイオリンとマンドリンを持ち運びする場合もあるでしょうし。
因みに土曜日にレッスンに帯同させたのはサブマンドリンのケンタッキーなんですが、ケースはソフトケースで傍目はテニスラケットが入っているかに見える手軽なケースです。勿論安全面では不安極まりない状態ですが、そんな発想もありかな、と。
【2006/05/15 00:17】 | URL | モハー #-[ 編集] | page top↑
絶対軽いケースがいいですよね~
私もギターやベースはソフトケース派です。フルアコはハードケースが標準で付いてきたのでしまうのに使っていますが、あれは持ち歩きたくないもの

巾着袋にせよ、皮を強くつなぐ手段が必要で、接着剤が使えるかなぁと調べてみようかと思っています。(あくまでも裁縫やりたくない・・ 笑)
いずれにせよ、やっぱり、設計は必要で、そのうち暇を見つけてのことになりますが・・
【2006/05/15 07:38】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/136-4f1a5e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |