FC2ブログ
セットアップと音だし
今日は、半日かけて、cherryのセットアップをして、音だしまで持っていった。
まだ、ニスは柔らかく、指で押すと指紋が付くので、セットアップは慎重さが要求される(・・・苦手だ)

昨夜作った治具で駒の底面をバイオリンのカーブに合わせて削った後、駒の前面をノミで整えていく。

駒削り


完成したcherryの駒(セットアップ後)

cherry駒


cherry全景
cherry表

cherry裏


とりあえず、まだ本格的に弾くにはニスの状態がやばいので、音階だけさっと録音してみた。

これがcherryの音(20060505)

比較のために、kityの音も一緒に録音する。

これがkityの音(20060505)

今までの録音と違い、マイクから約1m離れたところで弾いている。(今まではマイクまで50cm程度の極近距離だった)

cherryは高音に伸びのある気持ちよい音色である。kityは「G線とD線がよく響きますね」(暗にA線とE線は響かない?)といった先生の言葉がよみがえり、kityの駒もやはり作り直さないとだめかと考えるが、駒作りは結構作業量が多いので、一朝一夕には作れないよなぁ・・

追記:cherryのホワイトバイオリンを購入したDecor MusicのMs. Lilyが写真があれば見たいというので、ここにあげた2枚の全景写真を送った。早速返事がきて、

I see the photos of your violin, Woooaa.. it is beautiful. You did good job on it.

Enjoy your new violin.

ということであった。ショップだからけなすわけないが、それでも、ほめられるのは嬉しいものだ♪

追記2:高音部で針金の音のkityであるが、駒からダイレクトに音がつながりすぎる可能性があると考え、魂柱を少し(1~2mmほど)後に下げてみた。

魂柱を下げたkityの音(20060507)

低いほうの音は変わらないがE線の高音部で少し音につやが出た(気がする^^;)

でも、まだcherryに及ばない・・・
実は、kityの魂柱、下側は逆バンクの状態で、片足で付いている(^^;)_本来、ちゃんとすり合わせが必要なのだが、一度取り出すと立てるのが大変なため、そのままほったらかしにしている。こういった、小さな雑な部分の積み重ねが音に効いてくるのかも?
大きな違いとしては、指板の材質がある。cherryはエボニーであるが、kityは黒塗りメイプルなので、ここも少し気になるなぁ・・

でも、あくまでもkityは習作であり、これのパーツを取り替えるというのは、6800円キットを調整するという趣旨に反するではないか、と、理屈をつけて買い物はしないのだ(笑)




マンドリンは、昨夜、裏板をスプールクランプで止めて膠で接着した。


マンドリンクランプ



今日は、はみ出した裏板を削り取ればセットアップできるかと、ノミでガシガシ裏板のはみ出し部分を削っていたら、「バキッ」といやな音がして、裏板の膠が半分くらい剥がれてしまった~~~~!!!!
げげ、また、膠からやり直しである。
(スゴロクでいうと、3マス戻るであろうか・・)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/05 21:48 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<秘技:ねじ山潰し | ホーム | 膠とたわむる>>
コメント
cherry、品のある音ですね。素敵です。
【2006/05/07 08:51】 | URL | hiro #H6hNXAII[ 編集] | page top↑
頼まれ物の楽器だし、ホワイトバイオリンからの製作なので、木工細工はあまりないのですが、音色も心地よかったので、一安心しています。
hiroさんの製作ペース、すごいですね~
コメントつけるのに、一度エラーが出たので再投稿したら二重投稿になってしまいました。すみません。
【2006/05/07 11:17】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/126-5271b63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |