FC2ブログ
指板の裏を削る
cherryの状態であるが、ヘッドのニスが乾くまで時間がかかるし、セットアップができるのはずいぶん先であるので、指板裏の削り出しをしておこう。

cherryについてきた指板は市販の加工済みのものである。
通常、大きさとカーブのすり合わせ程度でそのまま使うケースが多いのだろうが、多少重量を軽くしてあげようと思いつく。

ネックのギリギリくらいまで削っても、使用上の問題は生じないので、指板にネックの場所をマークし、削る部分に鉛筆でマーキングする。

指板削りマーク


次に、このマークにそって、丸のみとプラスチック金槌で削っていく。(どちらもダイソーものである)

指板削り中


形が出来たら、仕上げはスクレーパーで行う。エボニーとスクレーパーは相性がよく、簡単に削れていくので、削り過ぎないように注意(^^;)

新たに削った部分だけでなく、元の削り出し部分も若干厚く作られている気がするので、このあたりはスクレーパーで削る。

で、出来上がった指板裏の様子である。

指板削り完成





今日は、レトルトのカレーでも食べようかとしたら、お米が1/4合しかなかった。これでは、おかゆくらいしかできないので、急きょ、カレースパゲッティにメニュー変更(笑)

明日はレッスンだけど、練習よりこんなことをやっていたら、やっぱり朝練頼りか・・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/04/29 19:54 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<弓の使い方 | ホーム | ニス・仕上げ塗りにかかる>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/116-60e068f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |