FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
スズキのバイオリンキット、駒と魂柱の調整
ペグと駒足は調整済みで、弦を張ればすぐに使える、スズキのお手軽バイオリンキットだけれど、駒全体としてみれば、調整の余地が十分ある。例えば、駒上面の厚さは1.8mmほどあり、標準の1.2mmまで0.6mmは削る必要があるし、ベルもサイドも未加工だ。上駒の溝も浅いので、上駒に近い部分は、少し弾きづらいこともある。

これらは、バイオリンの調整としては、当たり前のことだけれど、しなくても弾けるので、キット製作としては、中級レベルかな?

作業内容は、駒の厚さ調整、駒の飾り加工、上駒(ナット)の溝深さ調整、魂柱調整である。
IMGP1226.jpg

昨日弾いたブーレを再度演奏してみる。

駒を削った後の、バッハ:ブーレ
昨日の、バッハ:ブーレ

比較すると、昨日の演奏は、少し音が細い気がするので、駒を削って、魂柱を調整した(少し後ろに下げた)効果はあったんじゃないかな?

もう一曲、

パガニーニ:カンタービレ

調整の過程は、続きに示します。
まずは、駒上面を調整。このとき、駒の下側も5.5mmもあって、1mmほど削る必要があった。

IMGP1222.jpg

駒のベルなど、細かな加工を慎重に進める。ベルの部分は、力を入れるとすぐに折れてしまうので、特に、少しずつ力をかけないように削っていく。
IMGP1223.jpg

上駒(ナット)の溝を深くして、上駒の近くの弦高が名刺1枚分程度になるようにする。太い弦は、丸棒ヤスリで削り、細い弦は目立てヤスリで削る。
IMGP1224.jpg
IMGP1225.jpg

魂柱の位置を調整し、調整終了。
IMGP1226.jpg
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/02/01 21:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<スズキのバイオリンキット、駒足の厚さ調整 | ホーム | スズキのバイオリンキットを作る>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/01 22:04】 | | #[ 編集] | page top↑
> ご無沙汰しております、おげんきですか?
> 鈴木にキットがあったんですね!

こんにちは、仕事でバタバタしていますが、なんとかやっています。
このキットは、スズキという会社ですが、鈴木バイオリンとは別会社で浜松の会社なのです。このキットを買うのは2台目なのですが、値段の割に質が高く、遊べますよ。
【2010/02/02 08:05】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/1150-11b2e3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。