FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
駒を(大胆に)削る
しばらく手をつけていなかったアンダ君だが、D線、G線側がおとなしいので、いろいろチェックしていたら、どうやら、駒の仕上げが厚すぎるような気がしてきて、駒を削ってみる。(良い子は真似をしてはいけません)

IMGP1206.jpg

アンダ君と、VSXは、ほとんど兄弟のような作りだ。
ただ、値段は1900円のVSXに対してアンダ君は2300円と若干高価である。

二つを並べてみる。ニスを全部はがした方がアンダ君。

IMGP1207.jpg


駒を削った効果を確認するために、2曲ほど録音。(練習なしの一発撮り)

ドボルザーク:ユーモレスク

バッハ:ブーレ

確かにD線は軽くなったが、A線、E線の響きも軽くなり、バランスとしては以前と大差ないかも?(笑)
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/01/24 23:58 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<表板を少し削り、魂柱を調整 | ホーム | ホワイトビオラのエッジとアーチ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/1145-7945eca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。