FC2ブログ
バイオリン製作本
何冊も持っているけれど、持ち運びに便利な薄い本といえば、
Violin Making: Step by StepViolin Making: Step by Step
(1994/11)
Henry A. Strobel

商品詳細を見る

だろう。(って、他にもありますが)

今回の出張では、この本を持って行った。実は、WakeのビデオもPCに入れて行ったので、Wakeの本を持って行った方が、よかったのかもしれないけれど、いずれにせよ、ビデオを見ているような時間は全くとれなかったので(ーー;)、関係ないか。。

飛行機の中も映画と睡眠で時間が足りないほどだったしね~

合間合間の時間を見つけて、Strobelの本は半分ほど読み進んだ。この本、何度も読みかけては、だいたい半分くらいで時間がなくなるのが何年も続いているのだから、その先を読めばいいのに、次に読むまでには、読んだ内容は完璧にきれいさっぱりクリアされるので、やっぱり最初から読みたくなるのだ(笑)。

タイに出張中に10月初めのアメリカ出張に関する緊急の仕事が入ったので、また、しばらくは忙しい日々が続く。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/08/20 22:28 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<14インチビオラとバイオリンの違い? | ホーム | タイの国歌を弾いてみる>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/1066-4a560876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |