FC2ブログ
川畠成道コンサート
今日は、イトコからいただいたチケットのコンサートに行ってきました。

川畠コンサート


曲目は
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調 K.301
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ヘ長調 K.377
・クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
でした。
アンコールはクラリネット五重奏曲の最終楽章です。

最後の曲が終わってから、川畠さんがみんなにマイクを渡してくれたので、演奏者の皆さんの話が聞けた。
バイオリンの玉井さんは川畠さんと高校・大学で同級で、彼が大変お世話になった「第二のお母さん」だそうです。
クラリネットはモーツァルトの時代に新しく出来た楽器で、モーツァルトがこの楽器のために曲を書かなかったら今のように使われていたか分からないというお話やら、モーツァルトはチェロのための曲は書いてくれなかったそうで、「今回も、周りを見ながらみんな忙しそうだなぁと思いながら、下支えをさせていただきました」というチェロの長谷川さん(彼女はNHKドラマ純情キラリのテーマのチェロソロの奏者)のお話など楽しい話題も多かった。

曲だけでなく、奏者の考えや人となりが伝わるトークがいいよね。

このような機会をいただき、感謝しています Hさん。

さて、モーツァルト生誕250年ということで、あちこちモーツァルトだらけのクラシック界であるが、彼は短命で、30年しか作曲生活はしていないのであるが、800~1000曲ほどの作曲をしたそうである。(楽譜が残っているのが626曲で23,000枚分だそうだ)

恐るべしモーツァルトである。




さて、川畠さんに触発されたというのでもないが、久々に一曲録音してみた。

タイスの瞑想曲(kity) 2006.4.22録音

えっ?モーツァルトじゃないの?って・・ モーツァルトは聴くにやさしく弾くに難しいと川畠氏も言っていたではないか ^^;




濃い色のニスに切り替わった本日のcherry(ニス塗り7回目)
(実は濃い色になったのは紫根の抽出液を傾けたらドッと出てしまったので、単なる偶然である ^^;)

cherryニス7回目表

cherryニス7回目裏

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/04/22 21:05 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<銀座のドンキホーテ | ホーム | 表板の音響特性>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/106-d32386f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |