FC2ブログ
マンドリンの板厚調整
アーチが完成したら、アーチにあわせて板厚を調整する必要がある。キャリパーで一々計りながら調整するのが一般的なやり方だろうが、私の趣味には合わない(^^;)

今日は、板厚調整である。

まず、板厚の目安をトップ材の裏側に鉛筆で記入する。

板厚マーカー


次に、マーカーで決めた板厚にドリルのストッパーを調整し、トップ材の裏からドリルで穴を彫る。

ドリル彫り


こうやって、穴だらけになるトップ材

穴だらけのマンドリントップ


例によって、トップ材の裏から、穴が消えるように板を削る。
スクレーパーだけで仕上げるのはしんどい。丸のみで先に削っておいたほうが簡単である。

マンドリントップグラジュエーション


はぁ~、疲れた~

これ、かなりの運動量で、2時間くらい削ったけれど、まだ半分も終わっていない・・・

急がず、あわてず、地道に作業する修行である ^^;





ニス4回目のcherryの様子:

cherryニス4回目表

cherryニス4回目裏

スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/04/20 00:27 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ホワイトノイズ発生回路 | ホーム | マンドリンのアーチ削り出し練習>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/103-518c6663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |