FC2ブログ
地に足をつけて・・
eagle君の魂柱、F字穴からのぞくと、足の一部が裏板に接地していない。これ、前から気にしていたが、とりあえず、目をつぶっていた。

魂柱の隙間


でも、やはり気になるので、魂柱を取り出して、調整することにした。取り出した魂柱を、かんなで削るのだけれど、なんとなく、出っ張っている側を削っていた・・ ← 逆だろう!

削った魂柱を立てようとして気がつき、あちゃ~と思いながら、再度、削り直す。

しかし、もともと、余裕がある長さではないので、弦を張った状態で、ようやく魂柱が立つ程度のぎりぎりの長さになっている(--;)。

まぁ一応、魂柱は立ったし、ちゃんと接地もしているので、よしとするか・・

ということで、今朝の朝練で、録音してみる。楽器が新しい魂柱の長さになじんではいないから、音はまだしばらく変わるだろうけれど、とりあえず、第一段階である。

バッハ:Double

パガニーニ:カンタービレ

魂柱の長さの変化で音がどれだけ変わったのかはよく分からないけれど、E線の位置を変えた効果はばっちりで、不用意にE線開放弦の音がスカになることはなくなった(^^)。

ところで、先ほどの絵、本当は、MVPenで書くつもりでいたのが、電池切れである。帰りにダイソーによって、電池を買ったけれど、サイズ間違いのを買ってしまった(またまた、あちゃ~である)。
ということで、ペイント+マウスで書いた。

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/04 02:14 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<一晩たって | ホーム | E線の位置>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/1011-a90350fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |