FC2ブログ
メンデルスゾーンの春の歌(真冬版)を録音
2004年12月から1月にかけては、メンデルスゾーンの春の歌をやっていた。真冬に春の歌であるが、早く暖かくなって欲しいという願いを込めて(嘘)

あまり記録を取らない私の性格なので、いつボッチェリーニのメヌエットを終了にしたのかは確かではないけれど、適当なところで終わりにして、次に行くことにしたのであった。
この時期、まだ我が家にはピアノは導入されておらず、曲の完成時にもバイオリンだけで弾くのである。

冬は苦手である。

何しろ、寒いと体が動かない。当然、指も回らないので、無理に演奏しようとすると、きっと指を痛めるに違いない・・・

などと、自分への言い訳はいくらでも出来てしまう時期である。

ほとんどポジションチェンジのなかったボッチェリーニのメヌエットに比べて、春の歌はわずかではあるが、ポジションチェンジもあり、指が絡まるような込み入ったフレーズもあると、難易度は少し上がっている。

この曲を選んだ理由は、


バイオリンソロ名曲選 1 (1)

バイオリンソロ名曲選 1 (1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音教社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 楽譜


の中で、それでもポジション移動があまりなく、良く知っていてきれいな旋律の名曲だからという理由である。


さて、夜も更けて、「真冬の春の歌」をエレキバイオリンroseで録音してみた。

2006.2.14録音 メンデルスゾーン:春の歌(rose+A.G.エフェクト)

スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/13 22:37 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<タイスの瞑想曲 | ホーム | 2月最初のヴァイオリンレッスン>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/10-eda654fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |