FC2ブログ
ブログ移行予定
アダルト・ヴァイオリンを新しいサーバーに移行中。
まだ、色々と慣れていないので、使い勝手が悪いのですが、そのうち、安定する(予定)。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/02/03 23:14 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
スズキのバイオリンキット、駒足の厚さ調整
昨日、駒の調整をしたけれど、実は、駒足の厚さは修正していなかったので、(駒足の表板に接する部分の厚さが2mm程度と厚かったので、ここを彫刻刀で少し削ってみる。塗装していないので、塗装後の駒足調整の余地を残すため、いつもの調整よりも厚めに設定。
IMGP1227.jpg

この程度の調整では、音色変化はわかりにくいけれど、記録として録音。

バッハ:ブーレ

ついでに、もう一曲。

ドボルザーク:ユーモレスク

音色は、もう少し明るく軽い感じの方が好みなのだけれど、これ以上は、板厚を調整しないと難しいかも?


分解したテールピースは、今朝、ふと、初期不良として交換してもらえるかなと、鈴木楽器のお問い合わせフォームから聞いてみた。
すぐに返事が来て、代わりの品を送ってくれるそうだ。レスポンスの速さといい、メールの書き方といい、気持ちが良い対応でした。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/02/02 23:36 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
スズキのバイオリンキット、駒と魂柱の調整
ペグと駒足は調整済みで、弦を張ればすぐに使える、スズキのお手軽バイオリンキットだけれど、駒全体としてみれば、調整の余地が十分ある。例えば、駒上面の厚さは1.8mmほどあり、標準の1.2mmまで0.6mmは削る必要があるし、ベルもサイドも未加工だ。上駒の溝も浅いので、上駒に近い部分は、少し弾きづらいこともある。

これらは、バイオリンの調整としては、当たり前のことだけれど、しなくても弾けるので、キット製作としては、中級レベルかな?

作業内容は、駒の厚さ調整、駒の飾り加工、上駒(ナット)の溝深さ調整、魂柱調整である。
IMGP1226.jpg

昨日弾いたブーレを再度演奏してみる。

駒を削った後の、バッハ:ブーレ
昨日の、バッハ:ブーレ

比較すると、昨日の演奏は、少し音が細い気がするので、駒を削って、魂柱を調整した(少し後ろに下げた)効果はあったんじゃないかな?

もう一曲、

パガニーニ:カンタービレ

調整の過程は、続きに示します。
続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/02/01 21:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
スズキのバイオリンキットを作る
黒猫さんが持ってきたスズキのバイオリンキット、色々と改造する前に、説明書通りに組み立ててみる(といっても、説明書は読んでいませんが・・笑)

SUZUKI 手作りバイオリンキットSUZUKI 手作りバイオリンキット
()
スズキ

商品詳細を見る



このキット、教育教材として作られているので、色を塗らなくても、買ったものをそのまま組み立てると、普通に演奏可能なバイオリンになるすぐれものです。ストップや弦長も標準のものであり、パーフリングもきちんとインレイされています。

当たり前だと思う方は、一度、オークションなどで売られている「初心者用」とか「入門用」とかいうバイオリンを買ってみると、これがいかにスゴイコトカ分かると思います。(何しろ、あやつらは、駒もペグもほとんど未調整で、演奏不可能なものを送りつけてきます)

スズキのキットは、ちゃんと、駒もペグも調整済みで、組み立てて演奏してみましたが、調弦もとてもスムーズで、驚くほどです。

組み立て、調弦が終わったバイオリンキットです。
IMGP1221.jpg

組み立てて早速、試奏してみます。曲はバッハのブーレ。演奏はともかく(笑)、7000円のキットながら、バイオリンらしい、好ましい音だと思います。

バッハ:ブーレ

組み立ての手順は、続きに書きます。
続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2010/02/01 03:29 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |