FC2ブログ
そこに駒があるから
二宮には、食材も残ってないし、光熱費ももったいないので、静岡の実家に帰省中(寄生虫)。
実家には帰省時の練習用にバイオリンを一台置いてある。置きっ放しなので、だいぶ前に、魂柱の調整をした程度であまり手をかけられずにいる。
朝、バイオリンの練習を少ししたところ、少し弾きにくさと響きが弱い気がしたので、手軽に出来る調整ということで、駒を彫刻刀で削ってみる。実家にあった彫刻刀は、その名も「昭和の彫刻刀」という、いかにも年代モノの雰囲気がぷんぷんのものだ。誰が使ったものなのかは不明だが、歯が欠けたこれらの彫刻刀を駆使して、出来るだけ自分の思いの形状に削っていく。(ノギスとサンドペーパーが欲しいところだが・・)

SUNP0017.jpg


人有り、問うて曰く「なぜ、駒を削るか」

応えて、曰く「そこに駒があるから」


ネックも細くしたいのだけれど、彫刻刀では難しいので、方法を検討中。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/31 16:27 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
東京交響楽団 特別演奏会
じつは、年末のベートーベンの第9は生で聴いたことがなかった。
何となく、年末になるといつもテレビでやっていたりするし、みんながそろって行くってのもアレだなぁと。。(笑)

そんな訳で、今日が初第9です。
(といっても、自腹ではなく、Sさんから招待チケットをいただいたのでした。せっかくなので、始まる前に、前職時代の友人Nを交えてランチオンミーティングを入れて、その後、コンサートの予定としました。

彼の分のチケットも私が持っていたのですが、朝、六本木1丁目に向かう途中、武蔵小杉あたりで、ふと、チケット忘れたことに気がつき、真っ青。メールで連絡が取れる参加者に菊名から新幹線で戻ってチケット取ってくるので、ミーティングには大幅に遅れると連絡。新横浜でチケットを買ってから、小田原に停まるこだまは20分先まで来ないことに気がつく。観念して、Sさんに、チケットを忘れたので、取りに戻ると電話したら、「大丈夫ですよ、席は分かっていますから、チケットなくても」ということらしい。すぐに、新幹線の行き先を東京に変更してもらい、のぞみに乗車(のぞみはたくさん走っているんですね~)。15分遅れくらいで会議に到着できた。いやはや、お騒がせでした。

第1部は、南紫音さんのソロで、ビバルディの四季の「春」「冬」。コンマスは大谷康子さんでした。
南紫音さんの演奏は、若々しくパワフルでした。大谷さんは、ソロでサントリーホールホールを満席にできる実力者です。
舞台後、南さんが、大谷さんにお辞儀をしたり、微笑ましい感じだったけれど、後で、お茶をしているとき、楽団理事のYさんから、「昨日の公演では、お客さんから、ソリストがコンマスにぺこぺこし過ぎと怒られちゃいまして」と聞き、そういう見方をする人もいるんだ~と驚いた。

四季は、指揮者の秋本さんがチェンバロの弾き振りをする。でも、ホールが大きいので、チェンバロはあんまり聞こえないですね。サントリーホールなら、チェンバロじゃなく、ピアノでもいいかも?

生の第9は、さすがに迫力あったです。CDでは、あの迫力は伝わらないので、やはり、一度は生で聴いておくものですね。1000人の交響曲だったらどんな迫力なんだろうと、ふと思ってしまいました(峰君思考?)

最後は、キャンドルライトの蛍の光です。合唱団が通路まで降りてきて、光と歌声に包まれたラストソング。これを聴かないと年がこせないというSさんたち。やはり、こういう伝統(?)は長く続けてほしいものです。

Yさんの話では、事業仕分けで、かなり大変な状況になりそうだったのを、関係各方面の働きかけで、オケの補助は減ったものの壊滅的なことにはならずに済んだということでした。

結果、よかったのですが、貴族階級がいなくなっている日本において、文化を守って行くのは、国の責務だと思うんですよね~




年末体制のため、食材在庫の関係上、家に帰ってからの夕食は、卵掛けご飯になすと豆腐のみそ汁。どちらがメインになるのだろうか。。

はっ! これは、もしや、壊滅的な食生活では?(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/29 21:31 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バヨ練習用DTM機材
我が家で遊んでいたYAMAHA MIDIキーボード [CBX-K2]を活用するため、二宮の練習用DTM機材を一新(でもないか 笑)した。
SUNP0016.jpg

新たに導入したのは、KIKUTANI KS-39 キーボードスタンドと、モニタスピーカーGEMINI GX-1で、それ以外は我が家にあったものだ。

最初は、キーボードスタンドにキーボードだけを載せるつもりが、思ったよりも奥行きがあったので、家に転がっていた板(なんでこんなものが?)を載せて、天板を作り、それ以外のものたちも載せてしまった。



ところで、2DKの我が家、すでに、床はほとんど見えず、夜帰ってくると、何かに躓かずには歩けない状況である。2DKというのは、一人で住むには狭すぎる気がする。人が一人で住むには、どのくらいの空間が必要なんだろうね~。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/29 00:35 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
紅いタキシード
図書館から借りていた本、紅いタキシードを読み終えた。
紅いタキシード紅いタキシード
(1999/12)
山本 直純

商品詳細を見る

山本直純氏の名前は何かの本で見かけたなぁと思ったら、先日読んだ、岩城さんの本だった。
この本は、彼の自伝であり、文体が私には少し読みにくかったけれど、スターンやメニューインなどのバイオリンの巨匠の話も出てきていて、参考になることも多い。

東京交響楽団の前身が、東宝交響楽団で、もともとは活動写真の音楽隊だったというのも知らなかった。
そういや、セロ弾きのゴーシュも活動写真の音楽隊だったよなぁ、などと、思いは巡る。

こいうさまざまなエピソードを読むと、もしかしたら、こういった、自伝でしか記録されていないことがらも多いのかもと思う。そうしたら、今日の帰りの車で、ラジオから、MEMOROというプロジェクトの話が流れてきた。人々が個々にに経験したことをネットで大規模に収集して、記憶として残していくのはとても有意義なことかもしれない。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/27 22:06 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
エアコンの風と音程
寒くなってきて、冷えきった部屋にエアコンを入れて練習をすると、気温の上昇とともに調弦が狂ってくる。
これは仕方ないのだけれど、頻繁に調弦する必要があって、かなり手間がかかりますね~

確か、ギブソンかどこかが自動調弦のギターを発表したことがあったような気がしたけれど、バイオリンでも、自動調弦ができたら便利だろうなぁ。。

電子回路では、部品の温度係数が分かっている場合には、その逆の温度係数のものなどを組み合わせて、誤差が許容範囲に収まるように設計するのだけれど、バイオリンの場合には、一見、余分な部品を付けるところがない。こういう困難を可能にしたら、売れる商品ができるのだろうね(笑)

今朝の朝練は、久々に(?)クライスラーの愛の悲しみ。一部の音はよく響いている気がするのだけれど、やはり音程をなんとかしなくては。。。

クライスラー:愛の悲しみ

貧乏暇なしの、い~ぐるは、明日も仕事デス。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/22 21:11 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
スタインウェイとニュースタインウェイ
東京までの往復で、図書館から借りていた本、スタインウェイとニュースタインウェイを読んだ。

スタインウェイとニュースタインウェイスタインウェイとニュースタインウェイ
(1999/06)
【バン】田 耕治

商品詳細を見る


スタインウェイは他社に比べて、弦の張力が低いということだ。それでいて、音量はしっかり、響きがよくなるように設計されているという。この本のP.90に掲載されている表より、F音の張力データだけ抜き出してみる。


ヤマハC3
78.0
スタインウェイO型ベヒシュタインM型
68.889.4


確かに、他社に比べて有意なほど小さいのが分かる。

著者は調律師として、スタインウェイに接し、この弦の張力の違いが楽器の寿命と音色に影響が強いと感じてきたらしい。

他社のピアノより、スタインウェイは長寿命で、100年は使えるということだ。

もう一つは、フレームの強度で、スタインウェイは他社に比べて、フレームの強度が低い。でも、それは、フレームも楽器の一部として振動し、音色を作るためで、響板だけが音色を作っているのではないという。

バイオリンに応用して考えていると、裏板や側板の強度に相当するのかなと思う。自分の楽器を削ってきて、やはり、裏板の強度は音色の特に響きの豊かさに影響すると思うので、納得感が強かった。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/20 05:32 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ピアノ伴奏付き練習
37枚組のバイオリン名曲選(?)Violin Masterworks [Box Set]を少しずつ聴いているところです。

ちょうど、今朝から聴き始めたのが、8枚目のシェリングが演奏するベートーベンのコンチェルトで、最後の方に以前やったヘ長調のロマンスが出てきた♪

これを聴いていたら、久々にピアノ伴奏付きの朝練をしたくなって、ずいぶん久々に電子ピアノと、MIDIを接続して、伴奏付きの練習をしました。

ベートーベン:ヘ長調のロマンス

この曲、長いし、コンチェルトなのでバイオリンだけでは、休符が多すぎなので、最近、あまり弾いていなかったので、噛みまくりですが、まぁ、記録ということで(笑)

ただ、シェリングの演奏と違って、音に色気がないなぁ(もちろん、演奏全体に音程もリズムもめちゃくちゃなのは言うまでもないことなので、色気だけ取り出すことに何の意味があるかは、本人にも疑問ですが。。。)

もちろん、ピアノ伴奏も、い~ぐる演奏なのだけれど、そうはいっても、こんな曲をまともに弾けるはずはなく、1小節ずつ、少しずつ演奏しては録音。難しいところは、一音ずつ音符の長さを指定するステップ入力をしました(それでも、ミスタッチが多いってどういうこと?笑)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/15 21:12 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
D線に元気を♪
今日(もう昨日だけど)は午後から本郷で会議なので、直出することにして、朝、少しのんびりと、VSXの調整をしてみました。ちょっと気になっていたのが、D線のGの音。この音は、G線と共鳴して、甘くなってしまうので、もう少し元気のある音にしたいと思っていたのでした。

調整内容は、駒の、ベルの回りの穴をヤスリで少し削り、C部のG線側の削れそうな部分を薄く削るというもの。

結果として、なんか良さげな音になった気がします。

調子に乗って、G線側のアッパーコーナー部分をさらに削ったら、表板が削れ取れて、コーナーブロックが見えてしまった(ーー;)。

まぁ、それはそれとして。。(←いいのか?)、確認録音。


ラフ:カバティーニ


今日の往復で、スタインウェイの本を読み終わりました。なかなか読み応えのある本で◎。

懇親会の後、東横線で帰るため、渋谷に出るには、どこで乗り換えかなと、事務局長に聞いたら、「東横線は時間がかかる」というので、「でも、そっちの方が、ちょっと安いですから」と返答。「一人で、稼いでいるのに、なんでそんな。。」と呆れられてしまった(^^;)。いやいや、安月給でこき使われているし、よ~く考えようって、昔のCMでも言っていたではないか(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/15 00:35 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
しかるべき音を しかるべき時に 鳴らしさえすればよい
大バッハは、ピアノの演奏には、注目すべきことは何もないと言ったという。(スタインウェイができるまで―あるピアノの伝記 P.226)

彼曰く、「しかるべき音を しかるべき時に 鳴らしさえすればよい。そうすれば、楽器が勝手に演奏してくれる。」
なんだそうな。

きっと、彼に言わせると、バイオリンだって、チェロだって同じように、
「しかるべき音を、しかるべき時に、鳴らしさえすればよい」
というに違いない。

しかるべき音を、しかるべき時に鳴らす。。。バッハさんには、簡単かもしれませんが。。。(ーー;)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/14 00:20 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
おとばよ会 大アンサンブル
総勢62名?だったらしい。
先週の駒込に続き、今度は、新宿でのアンサンブル大会に参加してきました。
場所は、大久保からすぐの、旧東京交響楽団練習場。音響効果も考えたホール設計だし、譜面台は備え付けだし、駅から近いし、言うことない場所ですね。

鈴木の1巻の曲をキラキラ星から順番にやっていくのと、それ以外の曲も色々とやりました。

チェロやコンバス、ピアノも入り、楽しいひとときでした。

今回の主催者のAさんも、先週のhさんと同様、率先してとりまとめをしてくれて、ただ、参加するだけて楽しめるイベントにしてくださり、ありがとうございました。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/13 01:51 】 | セッション | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
饗板の寿命
以前、スタインウェイの調律士の話を読んだときに、寿命の来た饗板は取替え修理を行なうという話が出ていて、ピアノでは、饗板は消耗品扱いなんだとびっくりした覚えがあります。

国立音大に菊田師匠と見学に行ったときに、調律・製作の先生に、その話をしたところ、饗板はピアノの個性そのものだから、取り替えたりはしない。割れても修理するんだおとおっしゃっていて、どっちなんだろうと不思議に思っていた。

東京への移動時間に、図書館から借りて読んでいるもう一冊の本、

スタインウェイができるまで―あるピアノの伝記スタインウェイができるまで―あるピアノの伝記
(2009/02/24)
ジェイムズ バロン

商品詳細を見る


を読んでいたところ、P.118に、ピアノの饗板は樹齢200年~500年のシトカスプルースを使い、饗板の平均寿命は50年という記述があった。やはり、スタインウェイでは、饗板は消耗品扱いなんだろうね。

当たり前だけれど、スタインウェイのピアノの作り方は、バイオリンの作り方とは全く違う。職人は長い時間をかけて、工場の先人のやり方を覚えるのだけれど、天才的なひらめきが必要とされるのではなく、きちんと決められた仕事をこなすことを求められているようです。

良い悪いという問題ではなく、(スタインウェイでの作業は、旧態依然とした手作業が多いんだけれど)、やはり、ピアノというのは、近代工業製品なんだと思う。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/12 08:24 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
もっと音程を!
相変わらず、自分でも音程が悪いと認識しているんだけれど、なかなかうまくいかないものです。だいたい、指板を見たって音程は分からないのだから、どうすりゃいいのよってなものですが、音の響きで微妙な音程を聞き取る練習をするのかな?
とりあえず、基礎練習で、怪しいと思ったら、他の弦と重音で弾いてみて響きを確認してますけれど、音程のよりどころがないので、いつまでたってもよくならない気がする(ーー;)。

朝練では、音程に注意しながら、ユーモレスクを弾いてみた(はず)。
音を追いかけ始めると音程への注意はあっという間に散漫になるので、本当は音程を注意しきれるほど、ゆっくりと弾くべきなんでしょうね。

ドボルザーク:ユーモレスク

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/10 21:06 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
エレキギターが付録!(大人の科学マガジン)
今度の大人の科学マガジンは、エレキギターが付録で付くらしい。

大人の科学マガジン Vol.26(ミニエレキギター)大人の科学マガジン Vol.26(ミニエレキギター)
(2009/12/17)
大人の科学マガジン編集部・編

商品詳細を見る


スペックをみると、弦は4本で、弦長は320mmと、まるでバイオリンのサイズだ。
これを少し改良すれば、エレキバイオリンができるかも?

バイオリンのスチール弦を張ると、ネックの強度が心配ですけれどね(^^;)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/09 22:58 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ヤマハさんからのプレゼント
今日は、ヤマハさんからの郵便物が二つ入っていた。
一つは、渋谷店からのキャンペーンのお知らせで、500円分のクーポン付きである。
もう一つは、中間業績の報告書と配当金の払い込み用紙が入った封書。

普段、業績報告書はほとんど読まずに捨てるのだけれど、リーマンショックで世間が不況となっているのに、思ったよりずっと多くの配当金が来たので、びっくりして報告書をチェックしてみた。

分かったこと

 ヤマハの売り上げの大半は楽器事業から上がっている
 楽器以外の事業は営業赤字
 昨年同期に比べ、どの事業も売り上げ大幅減
 業績は約8億円の純損失

こんなんで、こんなに配当出してだいじょうぶなのでしょうか? と、心配になります。

そこで、バランスシートを確認すると、利益剰余金と資本剰余金の額がとても大きいことが分かります。合わせて2千億円くらいあります。どうやら、過去、積み上げたこれらの剰余金を原資として、特別配当を出しているようです。ヤマハさんが、高額配当を出し始めたのは、ほんの数年前からということを考えると、おそらく、ものを言う株主が出現したのでしょうね。

この特別配当のおかげで、配当を利回り換算すると、今の株価では年利4.26%と、びっくりするくらい好条件の投資案件になります。

ここは、素直に、特別配当をプレゼントとして受け取っておきましょう♪


ふと、思い立って、Steinway & sons の時価総額がいくらか検索してみたら、130億円くらいのようだ。
400百億円の資本剰余金の一部をあてると、ベーゼンドルファーに加えて、スタンウェイも買えるのですね~
(独占禁止法上どうなのかは知りませんが。。)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/07 23:25 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
おとばよ会、初参加
mixiの「大人からバイオリン」コミュニティのイベント、おとばよ会に参加してきました。

駒込で朝9時からスタートということですが、駒込はしばらく前まで仕事でかなり行ってましたが、我が家からは微妙に(?)遠く、仕事で行く時には、たいてい夜からの会議だったので、朝の移動は初めて。。。などと、何を言い訳をしているかというと(^^;)、しっかり遅刻してしまったからなんであります。

路線検索で山手線の内回りと外回りが分からず、逆方向に乗ってしまったとか、色々とあるにせよ、時間が決まっているのだから、その時間に移動できないのは、あまりほめられてものではない。

その上、今日は、午後から別の用事があり、早退なので、遅刻+早退ということに。。(ーー;)。


実は、関西のせばすちゃんのアイリッシュ練習会をブログで眺めながら、ああいったアンサンブル(?)というか、練習会があったらいいなと思ってました。

実力はともかく、オケなどは練習に定期的に参加できない時点で無理があるのです。(実は、以前、近くのアマオケに問い合わせた時、「仕事が忙しいので、参加可能な時だけ参加したい。。」という私に、「そういうのは困ります」と、きっぱりと言われてしまったのでした)


前置きは、これくらいにして、

遅れて入ったので、回りの様子を見ながら、空いた席に座り、譜面台を組み立てようとしたのですが、練習室に備え付けの譜面台、まともに開かないものがおおい? 3個くらいとっかえひっかえ試し、ようやく、一つ組み上がり、楽譜を置いて、楽器の調弦をするのですが、静かなところでじっくりと音を聞かない限り私には調弦は至難の業なので、音叉の調弦は早々にあきらめ、チューニングメーターでざっと合わせました。

楽譜はさらっておくつもりが、結局、当日、すべての楽譜を初見ということに。(初見演奏会というイベントもありましたが、そんな訳で、最初から初見なのでした)

アイリッシュは基本斉唱なので、パート分けした合奏の参加は、本当に久々(高校のマンドリンクラブ以来か?)。
#や♭を落としたり、音やリズムを間違ったり、色々と怪しい部分満載の私の演奏ですが、合奏は楽しいものです(笑)。


今回、持って行ったのは、最近流行(?)の「釣り糸弓」とVSX。エッジを削られた異様な姿のVSXは人目を引くので、「なんで削ってあるんですか?」と数人の方々が興味津々で尋ねてください、初参加ながら、和気あいあいと楽しく参加させていただきました。

中でも、釣り糸弓は好評で、多くの方々に弾いて体験していただきました。

どうもありがとうございます。

本ブログを読んだことがあるというNさん、釣り糸弦に挑戦したいのだけれど、太い釣り糸が入手できないとお悩みでしたが、50m単位でしか売ってくれなかったので、我が家には、山ほど余ってます(笑)、ぜひご活用ください。

このイベントの主役はなんといっても、主催者のhさんです。彼が進行をきちっとやってくれるので、我々は安心して(何も考えず?)ただ楽しむことができました。

今後とも、よろしくお願いします。

電車の移動時間に、図書館で借りてきた本
「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦-「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦-
(2009/06/21)
飯森 範親

商品詳細を見る

を読んでいた。

飯森さんの、「音楽家はサービス業である」という言葉は、以前、ドロシー ディレイの本にあった「コンサートはショービジネス」というものに通じるところがあります。先日、東京交響楽団の廣岡さんと話した時も、「練習してきました!とか、ここ難しいんですっ!なんて顔して弾いているを見たくないですよね~」と言ってくださり、「芸術家」とお高くとまるのではなく、観客のことも考えてステージを作ろうとする彼らの姿は本当にすてきなものだと思う。

とはいっても、チケットは高いので、そう頻繁にコンサートに行ける訳ではないんですけれど(^^;)。

コンサートと言えば、来年、わが町二宮町のコンサートホールに、ベルリンフィルのコンマスを務めた安永徹さんを迎えたコンサートが開催される。近くで、優れた演奏会を聴けるのは、うれしいですね♪

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/06 20:55 】 | セッション | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ブラバン
打ち合わせが長引き、仕事が少し遅くなったのだけれど、帰りに本屋に回り、うろうろしているときに話題の本コーナーで、ふと目に付いた本を買った。

ブラバン (新潮文庫)ブラバン (新潮文庫)
(2009/10/28)
津原 泰水

商品詳細を見る


吹奏楽部でコンバスを弾いていた主人公が四半世紀後に再結成するという話を中心にした、ほろ苦く温かく奏でられる永遠の青春組曲ということだ。

まだ、先日の青島広志さんの本が終わっていないので、読み出してはいないけれど、楽しみ。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【2009/12/05 08:13 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ゆったりと弾く練習
日頃、ばたばたと慌ただしい日々なので、バイオリンくらいゆったりとした気分で弾きたいものだ。
そんな気分の時には、ノクターンが。。

ショパン:ノクターン

そろそろVSXの調整も大詰め?なので、次は、アンダ君の再調整か。。(まだやるか ← 自分)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/12/03 09:17 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |