FC2ブログ
VSX再生
今朝は、再生したVSXの試奏をしてみる。

ゴセック:ガボット

自分では、かなり響くようになった気がするが、比較対象がないので、何とも言えない(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/31 12:16 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
VSXの駒
IMGP1138.jpg

なぜか、こんなことに・・・

実は、夕べ、ベルの部分を削っている時に折ってしまった。
仕方ないので、ひっくり返して膠をつけて、この部分は圧力をかけにくいので、へらを上に乗せて密着作業してましたが、先ほど確認して、大丈夫そうだったので、少し整形してから、駒を立て直しました。

ついでに、しょっちゅう位置が動く魂柱は、どうやら上側の傾斜が少し違うようなので、傾斜を変更。(ただでさえ、緩い魂柱がさらに緩くなり、立ちにくいったら・・・ 笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/29 21:46 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Never Too Late: My Musical Life Story
50歳からチェロを始めたある学校の先生の奮闘記。
教育者なだけに、自分自身への教育のための分析力がすごい(らしい)。

アマゾンさんに発注中。

Never Too Late: My Musical Life StoryNever Too Late: My Musical Life Story
(1991/09/11)
John Holt

商品詳細を見る



昨日の朝練の練習曲

ショパン:ノクターン

50歳から始めたJohnより、ずいぶん先に始めた私にとってお楽しみはこれからだ?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/28 07:45 】 | バイオリンの本 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
駒の足
振動板への音の伝達を考えると、駒の足は細いほど良い。
本当はピンポイントで板を振動させるのがベストである。

なぜなら、板が振動するときには、その振動は場所場所で異なる位相となっていて、違う位相で動いている板を同時に同じ方向に駆動すると、音を殺すことになるから。これは、バイオリンに限らず、ギターなどでも同じ。

もう一つ、バイオリン族特有のものに、魂柱がある。駒のG線側の足は、E線の下の魂柱を中心として、てこの様に表板を押す。てこの原理を考えれば分かるように、支点から遠いほど軽い力で板を押すことができるので、駒足は、なるべくG線側の外側によっていた方が具合がよさそうだ。

こんなことを考えながら、夕べは駒を削っていた。

IMGP1136.jpg

さて、今朝の朝練で、確認の録音をしよう・・・としていたが、夕べ、カレーライスを作っている最中に左手小指の指先を包丁で切ってしまい、あまり小指に負担となる曲は弾けない。でも、レパートリーの中に小指なしで弾ける曲なんていうのはないし。。。

ということで、なるべく小指の負担が軽そうな曲から、

バッハ:Double
ベートーベン:メヌエット


ついでながら、
iPodへのビデオの登録はできた。結局、Mac用の変換ソフトがおかしいのか、Wakeの4枚のDVDのうち、Macで変換できたのは2枚。残りをWindowsで変換し、同期させることができた。
ネットブックのEeePCだと、変換に4時間以上かかるのがあれだが、どうせこれ以上はiPodの容量関係で入らないし、4本のビデオを入れられたので、しばらくは通勤時間にビデオ鑑賞である。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/26 20:51 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Cとアッパバウツのエッジと魂柱調整
Cのエッジをもう少し整えて、ついでに、アッパバウツのエッジも少し削っておいた。

IMGP1129.jpg


楽器の特性が変わるので、魂柱も少し動かしてみる。

ただ、どのあたりの音色が好みなのか、自分でもよく分かっていないかも(笑)
魂柱位置を駒足から2mm後ろと3mm後ろの2通り録音してみる。

パガニーニ:カンタービレ(2mm)
パガニーニ:カンタービレ(3mm)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/25 06:20 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
iPod nanoにビデオを入れる
WakeのViolin Making DVDをなんとかiPod nanoに入れられないかと、夕べから作業していた。
理由は、今日は東京の仕事なので、往復の電車でビデオを見る時間があるから。
で、昨日は、結局、サポートしていない形式とiTunesに言われて断念。

今日、調べてみると、iPod nanoに入れられるビデオは形式がかなり限定されているらしいことが分かる。それ専用の変換ソフトも出ているらしい。

これならいけるかも?と何度か試していたが、やっぱりNG!

不思議だ。このソフト、どこのサイトを見てもこれでやっているようなことが書かれているし、iPodのバージョンも問題なさそうなのに、なんでできないか?

iPodがサポートしている数種類の変換形式を試しながら、もしや、iPodがビデオをサポートしていないバージョンなのか?と、iTunesからデバイスを確認。ムービーのタブを開いて、チェックしようとすると。。。。

あれれ?アップロードするつもりのないビデオにチェックが入っている?

プレイリストを同期させたはずが、プレイリストにない異なるフォーマットが同期対象と指定されていて、それらが対応していないフォーマットとエラーになっていたことが分かった。。。というのが、20分ほど前(ーー;)。

現在、ビデオの変換中である。

こういう処理をすると、CPUはどれだけ早くても足りないですね~

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/24 00:37 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
VSXとアンダ君
もう少しエッジの調整をした後で、魂柱を動かし、自分的にはかなり響くようになった気がしてきた。今朝は、ふと、アンダ君はどんな音だっけと、両方を弾き比べてみたが、どうもVSX、調整の結果、アンダ君とよく似た傾向の音になってきた。
(自分の好みの音に調整しているから当たり前なのか?)
朝練では、これ以外に、夕べ見つけたページの右手の動作を、全弓の練習で試してみる。
細い弦では、そこそこうまく行きそうなんだけれど、G線では引っかかりが難しい。

と、それはともかく、音程が悪い(!)。

そもそも、1stポジションっていうんだっけ、一番下のポジションがまとまらない。


ベートーベン:メヌエット
バッハ:ロンド風ガボット

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/22 23:07 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
基礎練習
最低限のボーイングの練習はしていたけれど、曲ばかり弾いていると、ついつい基礎がおろそかになるので、朝練では、レッスンを受けていた頃に購入した教本のNo.1の曲からNo.4まで順に弾いてみる。





No.1からNo.4までは、移弦を行わないしポジション移動もない指の練習だ。
ここで、問題となるのは、落ち着いて指を動かすことと、右手のボーイング。四分音符は全弓で弾きたいけれど、弓を使い切れない。

基礎練習は大切だけれど、何の考えもなく弾くだけでは時間の無駄な気がする。気をつけるポイントを適切に指導してくれる人がいるといいんだけれど。。。

と、何となく、バイオリン教室の検索をしてみたら、神奈川県で検索したはずなのに、なぜか埼玉の教室が引っかかる??
Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト

このサイトの「ヴァイオリン弾き方講座」をざっと眺めてみたけれど、かなり役に立ちそうな気がする。明日(というか、もう今日)の朝練でいくつか試してみようと思う。

SEVCIKをNo.4までと書いたけれど、実は、No.1を終えた時点で左の指が疲れている(笑)。

それでも、なんとか4まで終了して、その後、曲を弾いてみる。多少はよくなったのか?

ドボルザーク:ユーモレスク

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/22 02:03 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
駒を削る
C部に加えて、裏板のアッパバウツのエッジを少し削り、その後、音色調整のため、駒のE線側のホールを少し削ってみる。

だいたい、音色的にはこんなものかな?

バッハ:ロンド風ガボット

ショパン:ノクターン

バッハ:Double

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/20 22:18 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Fの外側
ふと、Fの外をみると・・

VSXの板厚は、Fの周辺を確認するしかないが、アンダ君と違い、中央の板厚は、いたって自然の厚さとなっているけれど、Fの外側は、若干厚く、ケズリシロはありそうだ。ということで、もう少し、大胆にFの外を削ってみる。

IMGP1128.jpg

朝練の録音は、2種類。

クライスラー:美しきロスマリン
メンデルスゾーン:春の歌

ところで、10000時間の原則というのがある。


10000時間――分子生物学者・福岡伸一
【「あすへの話題」08.08.21日経新聞(夕刊)】
世界的コンクールで優勝するピアニスト、囲碁や将棋の名人たち、トップアスリート。彼ら彼女らについて、ふつう私たちは半ばため息をつきつつ、つぎのように感じている。あのような人たちは天賦の才能の持ち主なのだ。われわれ凡人とはそもそもの出来が全く異なるのだと。

ところがプロフェッショナルたちの多くは皆、ある特殊な時間を共有しているのである。10000時間。

いずれの世界でも彼ら彼女らは、幼少時を起点として少なくとも10000時間、例外なくそのことだけに集中し専心したゆまぬ努力をしているのだ。


才能ではなく、DNAを発現させるためのたゆまぬ努力の結果が天才を作るらしい。
この集中する時間を捻出できれば、世界での活躍も夢ではない?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/20 01:19 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
雑音が出る?
朝、練習していたときに、フォルテシモで雑音が出ていたのが気になっていたので、原因追求。どうやら、テールピースの端が表板に当たっている部分が怪しい。

そこで、夜、当たっている辺りの表板を削る(←良い子はまねをしないように)

普通は、テールピースを削るだろうけど、このテールピース、エボニー製で、硬く削りにくい。それに対して、スプルースはずっとやわらかく、削りやすい。

IMGP1124.jpg

夜も遅くなりつつあるが、気になったので、軽く演奏して、動作確認。

でも、フォルテシモはさすがに出せないので、ちゃんと確認するのは、明日になるけれど、軽い音だしの範囲では良い感じである。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/17 22:14 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
C部をもうちょっと削る
C部のエッジをもう少し整えてみる。
エッジのカーブがどうするときれいに見えるのか、試行錯誤しているけれど、
削りすぎにならないように、作業は慎重を期す。(←苦手)

特に、C部のエッジ、裏板側で音色に影響が大きい気がしている。
ここを薄く仕上げることで、つややかかな音色になった(気がする)。

IMGP1123.jpg

例によって、朝練では、確認録音である。

ベートーベン:メヌエット

ユーモレスク

暗譜は難しい(←そこか?・・)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/16 01:20 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
C部のアーチをなめらかに
エッジの彫り込みは、ノミで溝を彫っただけで、アーチに溶け込むようにはしていなかったので、スクレーパーとノミを用いて、C部を中心に整えた。

音も当然変わってくるので、朝、録音してみた。

マスネ:タイスの瞑想曲

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/13 05:33 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アメリカ出張
今日から約一週間のアメリカ出張だ。行き先がカルフォルニア州なので、ほとんど気にしていなかったが、先方から、メールが来て、気温に注意することとあった。

検索してみると、到着日は、最低気温 -3℃、最高気温 +3℃(!)。
滞在中、最高気温はもう少し高くなっても(+6℃)、ほぼ同様な気温らしい。

ここで、はたと困る。

何を着ていけばいいんだ?

冬服を持ち歩くには、かばんは小さいので、出来るだけ着て行きたいが、さすがに日本で-3℃向けの服を着て出かけるのは、ちょっと避けたい。(コート必須?)

やはり、普段のかばんから、コロコロかばんに替えてコートを入れていくべきかなぁ。。

現地で月曜から水曜まで仕事だけれど、水曜はもう飛行機がないので、木曜にアメリカ発、金曜に日本着となる。3日の仕事が、ほとんど一週間つぶれる。

一週間も出かけるのだから、本来ならバヨを持って行きたいところだが、さすがに-3℃の屋外で弾くわけにはいかないので、泣く泣く断念する。

バヨ君には、家にいない間に、ちょっと仕事をしていてもらおう。

IMGP1118.jpg

表板が少しゆがんで、表板と側板がぴったり合わなくなってきた、StewMacのバヨキットだが、クランプで押さえておけば、少しは元にもどるかも?熱をかけないとだめかもなので、それほど期待が大きいわけではないですが・・(^^;)。
というわけで、しばし、この形でいてくれ。

9:48追記
出発まで少し時間があったので、VSXの魂柱を調整して、確認録音をしてみた。
弦がG線側に寄っていると思ったら、いつの間にか駒がずれていたのだった(ーー;)。
E線側に駒を戻し、その駒の位置に合わせて魂柱を調整しなおし。高音側の張りが少し出た気がする(気のせいくらいか?)

パガニーニ:カンタービレ

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/04 07:29 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
裏板のエッジ
パーフリングが奥まで入ってなくて、エッジを少し削るとパーフリングが切れるので、こわごわ削っていたけれど、どうせ切れてやり直すのであれば、もっとしっかり削り出してもいいと、思い直した。パーフリングを切りながら、エッジの調整を進めて、朝、ばたばたと録音。

タイスの瞑想曲

いや。。しかし。。音程悪いね(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/10/01 23:24 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |