FC2ブログ
パーフリング
昨夜、VSXのパーフリングの溝を掘り始めた。

パーフリングカッターを持たない い~ぐるは、もともと書いてあった手書きのパーフリングに合わせて、ナイフで切込みを入れる。

R0010663.jpg

二本の切込みを入れたら、その間をノミで掘り下げていく。

R0010661.jpg

とりあえず、上半分のパーフリング溝を作ってみた。まだ溝の深さが足りないのだけれど、今朝の作業はここまで。

R0010664.jpg

溝は3mmくらいは掘るのがいいように思うのだけれど、たかが3mm、されど3mmである。こんなに掘ったと思っても、2mmだったりする。掘りすぎたら突き抜けるし、難しいですね~
(きれいに彫るのはもっと難しい 笑)

全部の溝を掘ったら、パーフリングを入れて、パーフリングの部分を中心にコーナーを1mmほど掘り下げると、感じよくなる予定。なぜ1mmかというと、周辺の板厚が4mmほどであり、この部分を本来の表板の厚さの目安である3mmに落とすことを狙ってのことだ。

今朝、この半端な溝堀状態で、さくっと朝練で音を出してみたのだけれど、録音ファイルは自宅にあり、今は東京の職場なので、録音アップは、またのお楽しみだ。(そもそも、表板の半分しか溝も切れていないし・・ 笑)

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/30 18:34 】 | バイオリン製作(VSX) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
平塚フィル 定期演奏会を聴く
二宮の図書館のあるラディアンに平塚フィルのコンサートの案内が出ていて、チケットも売っていたので、昨日は大雨の中、平塚まで聞きに行った。

一番聴きたかったのは、メインのチャイコフスキー交響曲第5番だ。

ホルンはプロの方がゲストソリストで、上手だった。あまりに上手で心地よいので、ホルン協奏曲では、夢うつつになるほど。。。(^^;)

チャイコの第3楽章は、オーケストラの少女 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]の冒頭、ストコフスキーの指揮で彼のオケが演奏しているシーンの曲だ(ったはず)。

こうやって並べて聞くと、やっぱりチャイコはすごいね。メロディーの美しさ、曲想のダイナミックさで、とても楽しんで聞ける。

近隣の市民オケには、先日の小田フィル、この平塚フィルの他、秦野市民交響楽団もある。どこも弦は募集しているようだけれど、オケの練習はずいぶん忙しそうなので、ちょっと参加は難しいなぁ。。


第18回  定期演奏会
2009年6月28日(日)14:00開演
平塚市民センターホール
曲 目


ワグナー/ニュルンベルクのマイスタージンガーより前奏曲
R.シュトラウス/ホルン協奏曲第1番変ホ長調作品11
 (ソリスト:水野信行)
チャイコフスキー/交響曲第5番 ホ短調 作品64

アンコール:チャイコフスキー/眠れる森の美女からワルツ

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/29 06:51 】 | コンサート | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
The Secret of the Stradivarius
The Secret of the Stradivariusという本がアマゾンにある。
値段がかなり安いので、どれだけの内容なのか分からないけれど、この手の本は見つけたときに買うのであった(笑)
The Secret of the StradivariusThe Secret of the Stradivarius
(2004/06/30)
Hugh Conway

商品詳細を見る


もう一冊、何度も出版が延期されてきたが、もうそろそろ出版されそうな本。
Cremona Violins: A Physicist's Quest for Secrets of Stradivari

これ、本当にでるのか?いずれにせよ、予約は入れているのだが。。。

いろいろアマゾンをうろつくと、こんなものも見つかる。。
A Review of Ancient and Modern Violin MakingA Review of Ancient and Modern Violin Making
(2009/04)
W. W. Oakes

商品詳細を見る


この本、発注しようかと一瞬思って、とりあえず、ネットのレビューを見てみようと検索すると、なんと、1899年出版の本で、著作権が切れているので、デジタルライブラリに収録されていた。

最初の本も、本文だけならプロジェクトグーテンベルグにサイトに出ていた

E-bookは読みにくいので、値段が安ければ紙の本の方が便利(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/28 00:59 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
過ぎたるは・・
eagle君のパーフリングをそろそろつけてあげようと、パーフリングチャネルをナイフで作る。。。
が、
R0010657.jpg
彼はすでにパーフリングに耐えられる体ではなかった・・・(p_p)

パーフリングで穴をふさぐというのは、なんだか無理があるような気もするが、とりあえず、試している。

その間に、以前(といっても、ずいぶん前だが)、ヤフオクで1,900円で購入していた、Beyond VS-X君(略して、VSX)の駒を調整し、魂柱を作り直してみる。

有り合わせで組み合わせでたらめな弦が付いている、VSXであるが、ナットを調整したり、弦を切ったり(^^;)しながら、調整完了である。

R0010658.jpg

この安物楽器、調整前は、弦高は1cmにも達し、ナットのところも殺人的に弦が高く、とてもじゃないが弾けたものではなかった。テールピースやあご当てはプラスチックだし、パーフリングは、安物楽器らしく完全手書きの典型的な安物である(笑)。この手の安物中華楽器はヤフオクで「初心者向け」と称して販売されているが、こんな普通には弾けないような楽器を初心者が入手しても途方にくれるだけだと思う。

さて、VSXは、アンダ君の兄弟のようなつくりだが、少し違うのが、アンダ君よりも、表板は少なくとも薄く作ってありそうというところ。そのうち、パーフリングをやり直してあげよう・・・

A線の中国製安物弦がつるつるでうまく弓が乗らないとか、ナットだけでなく指板の角度も変えないと演奏性が悪いとか、まだいろいろあるけれど、とりあえず、夜にかかったが、音だししてみる。

Paganini:Cantabile(vsx)

Bach:Double ( vsx)


テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/27 23:55 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
チェロと宮沢賢治
図書館に本を返しに行ったついでに、書棚をうろうろしていたら、次の本を見つけた。

チェロと宮沢賢治  ゴーシュ余聞チェロと宮沢賢治 ゴーシュ余聞
(1998/12/10)
横田 庄一郎

商品詳細を見る


まだ読む時間は取れていないけれど、楽しみ、楽しみ♪

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/25 20:58 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今度はアッパバウツを削る・・
そろそろ削り収めかと、何度も思いながら、さらに削り進めてきた eagle君であるが、アッパバウツの裏側はまだ 

ケズリシロ

が残っていそうである。ということで、早速、コーナー部分を削ってみる。ついでに、表板のアッパバウツもケズリシロが残っていないか再度確認し、多少削る。

例によって、1ビットレコーダで録音。

KORG MR-1KORG MR-1
()
不明

商品詳細を見る



Bach:Allemanda

Bach:Double

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/25 01:05 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
裏板をもう少し削る
またまた、もう少しロワーバウツの周辺を削ってみる。
さすがに、このあたりまでくると、聞いただけではよく分からない違いしかないのだけれど・・(^^;)

周波数分析は、ストラディバリと比較しやすいように、リニア表示にしてみる。周波数特性は昨日より荒れているが、2KHzと3KHz付近の山はストラディバリと同様になっているし、全体のエンベローブもよく似ているので、ほぼ同一の傾向といえるのでは?

eagle-20090622-lin.png


stradivari-A

録音は、チャイコフスキーのメロディとした。(なぜ、弾きなれた曲を弾かない? 笑)

チャイコフスキー:メロディ

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/23 02:39 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
裏板を削る効果・・
表板は直接音を出す饗板であるけれど、裏板の役割は、音に色をつけることであると、い~ぐるは思っている。どれほどの効果があるのか、分かりにくいのだけれど、今日は、eagle君の表のC部を少し削ったので、あわせて裏板のロワーバウツのあたりも削ってみる。

裏板を削る効果を見るため、調整前後で同じ曲を録音してみる・・が、同じ曲とはいえ、安定して弾けないので、違いが分かりにくい(^^;)。

裏板調整前 ユーモレスク


裏板調整後 ユーモレスク

もう1曲、久々にショパンのノクターンを弾く。


ショパン:ノクターン


出来上がった、バヨ、依頼者に写真を送ったら、「ワインレッドといったのに、色が普通のバイオリンの色で気に入らない。キャンセルする」ということらしい・・・(--;)。

さて、哀れなこの子はどうしたものやら・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/21 22:51 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ヒノキの魂柱
今日は、一日、しかかり中のバヨリンのセットアップをしていた。
セットアップ用の部品はアメリカのショップから買っていたのだが、アメリカ人のやることだ、雑である。

4本組みのペグ、なんで1本違うのが入っている?とか、ペグのカラーに装飾つきのものにしたけれど、なんで、装飾が接着されていない?とか、一緒に買ったケース、なぜ、取っ手がもげる?などなど・・

艱難辛苦を乗り越えて、ペグを調整して、エンドピンを調整して、ブリッジを作って・・・と、ここまでで力尽きたので、魂柱は、先日、とりあえずと入れておいたヒノキのまま(--;)。

今日一日の成果は・・

IMGP1072.jpg

ではなくって・・(^^;)、↓


vn-yk.jpg

ヒノキの魂柱のこの楽器、どんな音が鳴るのかと、とりあえず、さくっと試奏。

バッハ:double

ヒノキで、ぜんぜん問題ないかも?(笑)


今日、、事務局に電話して、ピアノのレッスンをキャンセルした。
少しすっきりした・・けれど、まったくというわけではない。
払い込んだ金額は戻らないそうだ。これ以上、続けて、時間の無駄を増やすよりましという判断。


追記:
一日バタバタしていてすっかり忘れていたが、今朝の朝練の時、eagle君の魂柱を(またまた)動かしてみた。

バッハ:double (eagle)

こっちもいい音に聴こえる(手前味噌 ^^;)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/20 20:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
魂柱を動かす
どうも魂柱の正立がいまいち分かりにくいのだけれど、もう一台の調整中に、エンドピンから確認した正立した魂柱をF字穴から見て、それと比較しながら、eagle君の魂柱を再度調整。

久々に、周波数特性を取ってみる。


eagle-20090619.png

例によって、ストラディバリと並べてみよう。

stradivari-A

なんとなく似ていないかな?(笑)

朝練は、2曲ほど録音。

バッハ:ロンド風ガボット

クライスラー:プレリュードとアレグロ

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/19 22:32 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
硬いニス
やはり、ニスが硬いと実用的に不便だ(笑)。

魂柱を立てようとしたら、F字穴の端のニスが欠けてしまった・・・
とりあえず、補修するが、複数箇所あって、全部は補修しきれていない。

いったん全部はがしてやり直したくなる誘惑に駆られるが、そこは、何とか思いとどまって、「そこそこ」の仕上げで妥協するしかないか・・


朝練では、音の強弱に気をつけた(つもり)、で、なるべく丁寧に弾いた(つもり)。

バッハ:ロンド風ガボット

クライスラー:美しきロスマリン

どんなことでも、完璧はないのが、い~ぐるである(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/19 00:15 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ニスの仕上げは、おいておいて・・
ネックをつけてみる。

今回使った染料の問題なのか、ニスがどうしても硬すぎだし、そのため、本来なら、仕上げは、鹿皮で磨けば、ぴかぴかになるところ、何度やりなおしても、どうしても仕上げが納得できないのだけれど、いつまでもそのままでは、先に進まないので、とりあえず、目をつぶってネックをつけることにする。

IMGP1069.jpg

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/15 23:23 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
小田フィル
小田フィルの定演に行ってみた。白井親子のブラームスのドッペルが大々的に宣伝されていたが、それ以外の曲たちを含め、良いコンサートだった。市民オケでは集まっての練習は大変だろうに、これだけの曲をよくそろえたですね。

でも、Vnはもう少し元気があったほうがよかったかも?
(コンバス8台、チェロ10台に対して、多勢に無勢か・・)

朝練では、バッハのメヌエットを弾く。これ、ゆっくりだが、案外難しい・・

バッハ:メヌエット

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/15 02:02 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ピアノレッスン3回目
このレッスンは、講師が交替でやっているのか、初回と同じ先生だった。

前回に引き続き、前のクラスが10分以上喰い込んでのスタートである。
(ちなみに、い~ぐるのクラスが終わったときには定時より5分以上早かったので、実質15分以上の短縮レッスンとなっている)

え~っと、ヘ長調の説明とか、ヘ音記号の説明は、「ピアノ経験者向けクラス」には必要ないのでは? それと、付点音符の説明もしてくれなくていいです。

楽譜を先週渡しているのだから、先週の復習で右手だけを延々とやるのではなく、もう少し、実質的な説明なり進め方をしてほしいなぁ・・

とまぁ、なんだか、またまたストレスのたまるレッスンであった。

今日は、アシスタントの学生も、一度もい~ぐるの演奏を見に来ず、レッスンスタートから最後まで、誰とも一言も話をしなかった。なんじゃこりゃ・・

今日得た唯一のアドバイスは、全体に向けた

「2分音符を弾くときには、ダーっと押さえるのではなく、ポーンとはねる感じで、ただし、音は伸ばして弾く」

ということだけだった。

ただ、これ、原理を考えると案外難しい。

ピアノの場合には、初期のハンマー速度だけで弦に対する圧力が決まり、その後の鍵盤の動きはハンマーには関係ないはず。特に、電子ピアノでは、鍵の速度しか見ていないので、もっと関係なさそうだが・・

はねる感じで弾くことで、人の弾き方が変わり、速度の変化があるのか?

しかし・・これだけのために、1時間を拘束されるのは、時間の無駄だよなぁ・・レッスンを継続するか真剣に考えたくなった。


追記:ネットニュースの星占いが、またまた最低である。なんだか、つい最近もあったような。。別に、星占いを信じている訳ではないが、最低というのは面白いじゃないか。
========================================================
動かざる言わざるが無難な時。体調にも注意が必要。

やるコトなすコト裏目に出そう……。勘は冴えず、タイミングも悪い感じ。先走ってトンチンカンなことをしでかし、大恥をかく恐れもあります。ここはひかえめを信条とし、でしゃばらないのが最善策。会議や会合でも黙って聞くだけにしておくほうが無難です。小細工は百害あって一利なし。体調は崩れやすく、アレルギーに悩まされる気配もありますが、自己診断は×。専門家と相談しながら治療法を探して。
========================================================
らしい

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/13 12:19 】 | ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今度ののだめ
は、初回限定DVDつきだそうな。
DVD付き初回限定版『のだめカンタービレ』第22巻DVD付き初回限定版『のだめカンタービレ』第22巻
(2009/08/10)
二ノ宮知子

商品詳細を見る


DVDつきというより、DVDとのセット販売じゃないかって思うけれど(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/12 21:33 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
のだめ的なもの
部屋の中がゴミで埋もれているとか、ショウジョウバエを大量に養殖しているとかいう、マイナーな共通性はとりあえずわきに置いておくとして、い~ぐるには、若干、初期のだめ的なものがある。

それは、楽譜というか、音楽への向き合い方である。

千秋に「楽譜通りに弾け」だの、「勝手に作曲するな」だの文句を言われていた頃の彼女のいいかげんさのことだ。

短い曲なのに、楽譜に集中してその通り弾くということができない。

自己分析すると、耳で聞いて、「うろ」覚た曲を指で再現するという弾き方をしている気がする。うろ覚えなので、いいかげんなのだが、耳と指が覚えた位置で音を鳴らすので勝手な作曲ではあっても、なんとなく曲らしくはなる。

こんな弾き方をしていたら、いつまでたっても、正確な演奏はできないのは自分でもわかっている。

今日、朝早く、バイオリンはとても弾けないような時間に目が覚め、ふと、電子ピアノで、レッスンの曲を練習してみた(実は、先週のレッスンの後、気持ちがダウンしていて、ピアノの練習は一度もしていなかったのだ)。

先週渡された新しい楽譜、これを左右両手で練習を始める。これが難しい。もちろん、曲は簡単なのだが、ピアノの音と指の関係は体がまだ認識していないので、楽譜を見て、音を探って指で弾くという一連の動作を両手でやるのに高いハードルがある。

しばらく練習していると、ふと、これって、楽譜を正確に読む訓練にもいいかも?と思い始める。結果、1時間ほど練習した成果が↓である。もちろん、35年ぶり(しかも35年前は半年レッスン受けただけ)のピアノである、へたくそなのは言うまでもないが、楽譜を読む練習として、案外いけそうかもと、勝手に考えている。

イエスタデー


この練習を続ければ、「いいかげん読譜」から脱却できるか?(笑)


肝心なファイルをアップし忘れていた。
今日の朝練の録音である。ピアノの読譜練習の成果は、いかに(爆)
ドボルザーク:ユーモレスク

この録音中、フォルテのところで何箇所かレベルオーバーでクリップしてしまった。録音の設定はまったくいじっていないので、何度かの魂柱設定の変更のせいで、楽器の音量が上がった?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/10 20:55 】 | バイオリン練習 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ヤマハのサイト「鳴るほど♪楽器解体全書」のバイオリンの巻、面白いし、特に第2回の実験コーナーでは、いろいろな実験とともに、魂柱を外した楽器の音との比較までしている。(良い子はまねしないように)

NCルータで削るという、アーチの作り方は、まったく同意できないのだけれど、このサイト、結構、お勧めであり、ぜひ一度はながめてみてほしい。(い~ぐるはヤマハの回し者ではなく、純粋に、面白いと思っている)

先日、発注していたオイストラフのCDセット、アマゾンから発送のお知らせがあったので、職場に今日届くかなと楽しみにしていた(自宅では受け取れないので、いつも、職場に配送してもらうのだ)。
だが、どう考えてもついていないとおかしい時間になっても来ない。あまりに不思議だったので、配送状況を確認してみると、「お届けできなかったので持ち帰りました」だと~!!
どう考えてもおかしいだろ。職場の事務は、平日昼間にいないことはないはずだ。

先日といい、今日といい、宅配のはずれをひくことが多いような・・
(明日は東京出張なので、受け取れないし)

と、まぁ、バタバタしながらも、日が長くなりつつ、一日は暮れていくのだ。(しみじみ)

今朝、そろそろ、魂柱も落ち着いたころだろうから、またまた、確認用の録音をしてみる。

バッハ:ロンド風ガボット
クライスラー:美しきロスマリン

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/08 20:58 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
垂直に立てることの難しさ
魂柱を垂直に立てるのは難しい。

もちろん、組み立てる前なら、エンドピンの穴からのぞいて、垂直を確認すればいいのだけれど、一度でも倒れたり、外したりして立て直すと、どの角度なら垂直なのか、F字穴から見える魂柱の傾きから推測するしかない。

これが難しい・・(--;)。


昨日の魂柱の立て直し、やはり、斜めのような気がする・・
変更前後で、音を録音してみる。
まずは、斜めの気がするモード:
double-before

次に、まっすぐにしたつもりのモード:

double-after

魂柱を垂直に立てたことで、少し、きつめになったことによる違いの方が大きいので、斜めの場合の音がどうなのかは分からないですね・・。

いずれにせよ、斜めは気持ち悪いので、とりあえず、このままでいこう。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/07 20:05 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
久々に、eagle君とたわむれる
このところ、短い朝練でしか触っていなかったが、久々にゆっくりとeagle君とたわむれる。

まずは、普通の練習から・・


クライスラー:美しきロスマリン


もう少し、E線の音が出た方がよいかも?と思いながら、魂柱を少し動かそうとする・・が、コロン(--;)。

倒れると、前の位置が分からなくなるのが難点だ。何度か調整し、再度、録音にトライ。


メンデルスゾーン:春の歌


もう少し、G線側に張りのある音が欲しい?と、また、少し魂柱を動かす。


マスネ:タイスの瞑想曲

こんなことをしていると、いつまでたっても収束しないですね~

追記:
アマゾンのお勧めを眺めていたら、
David Oistrakh: The Complete Recordings [Box Set]David Oistrakh: The Complete Recordings [Box Set]
(2008/06/27)
Joseph Stidel、

商品詳細を見る

こんなものが・・

巨匠オイストラフの17枚組みのCDだ。17枚組みで6000円。一枚、350円くらい(笑)。
この前、例の35枚組みViolin Masterworks [Box Set]を発注したばかりなのに・・(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/06 21:02 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
一晩たって
楽器も落ち着いたところで、再度、試奏し、音色の確認をする。曲はベートーベンのメヌエットと、定点観測(笑)のバッハのDoublelだ。


ベートーベン:ト長調のメヌエット

バッハ:Double

いつものように、演奏はともかく(爆)、音はけっこういい線いっているような気がする。

以前「路上のソリスト」のことを記事に書いた覚えがあるのだが、この映画が上映中らしい。
見に行きたい気もするが、関東地方は1箇所しか上映していない・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/04 21:22 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
地に足をつけて・・
eagle君の魂柱、F字穴からのぞくと、足の一部が裏板に接地していない。これ、前から気にしていたが、とりあえず、目をつぶっていた。

魂柱の隙間


でも、やはり気になるので、魂柱を取り出して、調整することにした。取り出した魂柱を、かんなで削るのだけれど、なんとなく、出っ張っている側を削っていた・・ ← 逆だろう!

削った魂柱を立てようとして気がつき、あちゃ~と思いながら、再度、削り直す。

しかし、もともと、余裕がある長さではないので、弦を張った状態で、ようやく魂柱が立つ程度のぎりぎりの長さになっている(--;)。

まぁ一応、魂柱は立ったし、ちゃんと接地もしているので、よしとするか・・

ということで、今朝の朝練で、録音してみる。楽器が新しい魂柱の長さになじんではいないから、音はまだしばらく変わるだろうけれど、とりあえず、第一段階である。

バッハ:Double

パガニーニ:カンタービレ

魂柱の長さの変化で音がどれだけ変わったのかはよく分からないけれど、E線の位置を変えた効果はばっちりで、不用意にE線開放弦の音がスカになることはなくなった(^^)。

ところで、先ほどの絵、本当は、MVPenで書くつもりでいたのが、電池切れである。帰りにダイソーによって、電池を買ったけれど、サイズ間違いのを買ってしまった(またまた、あちゃ~である)。
ということで、ペイント+マウスで書いた。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/04 02:14 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
E線の位置
もう、どれだけ前か記憶にないほどの昔、ぴよよ楽器の店主にできるだけ、弦の間を離した方が弾き易いと言われて、eagle君のナットを調整したのだった。E線開放弦がスカになる現象は、指が弦に触れているのではという分析をしたが、元を正せば、このときにさかのぼるのだ。

ダブルストップも弦間が広く苦しいので、ここは、弦間隔を普通に設定し直すのがよかろうと、思い直し、朝、急遽、対策。全体に平均化するのは大変なので、E線、A線をG線側に寄せる。

R0010628.jpg

写真は撮っていないが、ついでに、G線、D線の弦高を少し下げる。

今日は、東京で仕事なので、時間がない・・にもかかわらず(^^;)、急遽、確認録音。

Bach:Double

あせって録音しているので、走る走る・・
でも、開放弦もスカになっていないようだ(^^)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/03 00:28 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
つやのある音
もう少し、つやのある音が欲しい・・

自分の演奏を高~い棚において、そんなことを考える。

で、何をするかというと、eagle君の魂柱を動かしてみる(笑)。

もちろん、確認録音もする。

チャイコフスキー:メロディ

思った方向性に音が変わった(気がした)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/06/01 02:11 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |