FC2ブログ
運弓の問題?
特にE線の開放弦で顕著なのだけれど、弓が弦を噛まずに、スカッと滑る時がある。だいたい、他の弦から移弦して、E線開放弦を弾く時に起きることが多いような気がしていた。

今日の練習では、音色を良くすることを気にしながら弾いたが、弓を真っ直ぐに弾くことを気を付けても、弓が弦から離れないように気を付けてもやはり滑る時には滑る。

移弦の多い、バッハの無伴奏パルティータのDoubleを練習しながら、原因を考える。すると、何となく、原因が特定できたような気がした。

問題だったのは、運弓の方ではなく、左手だ。滑る時には、E線に他の指が触れていたり、E線に置いた指を離すのが遅れたりする場合のようである。他の弦は、多少、運弓のスタート時点で弦の振動がしにくくても、おそらく、弦と弓が噛み合ってくれるので、普通に音が鳴るのだろう。E線の場合、細くて、弓と弦との初動の振動エネルギーが小さいので、音にならないままとなるような気がする。


もちろん、滑るのは、い~ぐるが使っている弓には、釣り糸を張っているというのが原因の一つなんだろうれど・・・( ^^;)

まぁ、とりあえず、原因らしきものが判ったので、左手に気を付けて演奏してみる。もちろん、音色のためには右手にも気を付けなくてはならないし、楽譜もよく読まないといけないので、忙しい(--;)。

Bach:無伴奏パルティータ1からDouble

昨日、見開き2ページだけ、伴奏を入力した、モーツァルトの弦楽四重奏K157であるが、ビオラパートを含め、最後まで録音してみた。今日は、1~3小節単位でのリアルタイム入力だが、特にビオラパートもリアルタイム入力にチャレンジしてみた。

当初、楽譜通りリピートありの伴奏を作ったが、あまりに長い(12分以上)なので、リピートなしに変更。


例によって、こちらにアップしてみる。


Mozart:K157

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/05/09 20:01 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |