FC2ブログ
久々にアンダ君を削る
ハワイから帰って、すぐに、ちょいヘビーな東京での仕事が続いていて、しばし音沙汰がなかったので、もしや・・・と心配してくれた方々、かたじけない。(←そんな奴いないって?^^;)
ちょっとやそっとでは、へこたれない い~ぐるのことなので、こんなでも、なんとか生きてますデス。

さて、久々に、朝練の録音だ。(ハワイから帰ってから一度も録音用パソコンを立ち上げておらず、電源ケーブルを刺すところからのスタート)。

普通の人は、演奏の録音は、練習成果を記録するというのがメインではないかと想像するけれど、い~ぐるのばやいちと違う。録音の一番のモチベーションは音の変化の確認なのだ(爆)。

音が変化したということは、何かが変ったということなのだが、今回は、アンダ君のE線をもっと響かせたく、裏板のC部をもう少し削ってみた。表板を削れば、音量は大きくなるはずだけれど、柔らかい音で響きを良くと思うと、裏板を削る方がそれっぽい気がするのであった。

実は、スクロールもちょっと削っているけれど、こちらは、音には関係ない(^^;)。

音色の確認の録音なのだから、毎回同じ曲にすればいいのに、飽きるので(笑)、違う曲にトライだ。
今回は、バッハの無伴奏パルティータIIIから、メヌエットI。
(それにしても、もっと易しい曲にすればいいのに←自分)

バッハ:メヌエットI

明日、明後日は連続東京仕事だ。
明日の打合せ、担当者のたっての希望で、打ち合わせ場所を、アンナ・ミラーズという所でやるらしい。(い~ぐるの希望ということではないですよ、くれぐれも誤解なきよう)

ウィキペディアの解説によると、アンナ・ミラーズは、「現存するのは、わずか2店舗にすぎない」という貴重な店舗なのだが、予約なしで席が取れるのかな・・・?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/17 20:34 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |