FC2ブログ
Softly, as ...
たまには、趣向を変えて、こんな曲も弾いてみる。

Softly, as in the morning sun shine

ヤマハの電子ドラムのプリセットのパターンをそのまま使ってドラム音を出した。

この録音に先立ち、アンダ君のC部を、また少し整形し、なめらかにした。
スプルースをきれいに仕上げるのは難しい。切れない刃で無理をすると、端が欠けたり、木目部分だけ削れてたりするのだ。ようするに切れない刃物を使わなければいいのだが・・・(^^;)

先日の音の実験の本に、「超音波ナイフ」なるものが出ていたが、こういうのがあれば、スプルースも簡単にスパっと切れるのか?

超音波ナイフは、超音波の振動を刃に与えて、その振動を使って、切断の補助をするらしい

原理は分ったので、いつか作ってみたいものだ。。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/28 22:39 】 | バイオリン練習 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ブラバン キッズ・ラプソディー
本屋をうろうろしていて帯のキャッチに引きずられるように購入した一冊。
曰く、「聴かせるのはみんなのハートだ。だからハートを練って練って、、豊かなものにしていかなきゃいかん。ただ、技術があったほうが、よりハートをひとに伝えやすい。
だから技術を磨くんで、技術を聴かせるのが音楽じゃないんだよ。
いいかい?聴かせるのは、みんなのハート。音楽は心で歌うもんだ」

ブラバンキッズ・ラプソディー―野庭高校吹奏学部と中澤忠雄の挑戦

時間的には前後するが(^^;)、今朝の朝練の録音↓である。

ドボルザーク:ユーモレスク

心で歌えただろうか?

いや違う、音楽は心で聴くもんなんだよ。演奏者の技術や心の不足は、聴く人の心で補ってくれ♪

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/28 01:47 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Fの外側
Fの外側はどれだけ音に影響するのだろう?
普通に考えれば、表板の振動は、F字穴を越えて外側に伝わることはないだろう。
表板全体を考えると、アッパー&ロアーバウツを連結したサスペンションのような働きか?

などと考えながら、少し大胆に掘り下げた。

R0010487.jpg

確認演奏↓

パガニーニ:カンタービレ

職場に本が二冊到着。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/25 02:28 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
低音側(G線D線)の音の抜けを良くしたい
日曜だが、新横浜で会議があり、朝から出かける。路線検索で会議に間に合う時間を検索すると、例によって、小田原に戻り新幹線を使うルートが出るが、サクっと無視して、横浜の改札を出ても間に合う時間の電車を調べる。


出がけにバタバタしたので、駅までバイクで行った。

会議が終って、横浜駅に来ると、かなり雨が降っている。むむっ、予定外だぞ。ということで、横浜駅ビルの本屋でしばし時間を潰すことにする。

仕事の関係の本を片っ端から読むが、欲しい情報が出ている本は一冊もない。
(なんで、似たような内容の役に立たない本ばかりあるのだ?)
あきらめて、一般の本を数冊立ち読み。

雑誌コーナーに移動すると、
MOSTLY CLASSICがバッハ特集だ。(CDプレゼントとか書いてあるし・・・)

MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2009年 05月号 [雑誌]MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/03/19)
不明

商品詳細を見る


しばし手に取っていたが、結局棚に戻し、本屋を後にした。
家に帰って、まだ少し時間が早いので、バイオリンを取り出す。

じつは、今朝、バタバタした理由の一つがアンダ君である。
G線D線の音の抜けを少し良くしたいと思って、表板のアッパーコーナーあたりを削っていたのだ。
朝は削っただけで時間切れだったので、先程、夕食の準備前に軽く弾いてみた。

曲はバッハである。しかも、今日始めて弾く曲だ (^_^;)。

Bach:無伴奏パルティータ 2からAllemanda

例によって、演奏ではなく「音」の確認のための録音なのだ。狙いとしていた音の抜けは感じられる気がするので、とりあえず改造成功としておこう♪

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/22 19:52 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
もうちょっとだけ
朝、バタバタしている中、裏板C部のアーチを整える。

例によって、確認録音。

バッハ:無伴奏ソナタ1よりプレスト

これも初出の演奏。本日、初見から、2~3回練習しただけで、いきなりの録音である(^^;)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/18 21:37 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
久々にアンダ君を削る
ハワイから帰って、すぐに、ちょいヘビーな東京での仕事が続いていて、しばし音沙汰がなかったので、もしや・・・と心配してくれた方々、かたじけない。(←そんな奴いないって?^^;)
ちょっとやそっとでは、へこたれない い~ぐるのことなので、こんなでも、なんとか生きてますデス。

さて、久々に、朝練の録音だ。(ハワイから帰ってから一度も録音用パソコンを立ち上げておらず、電源ケーブルを刺すところからのスタート)。

普通の人は、演奏の録音は、練習成果を記録するというのがメインではないかと想像するけれど、い~ぐるのばやいちと違う。録音の一番のモチベーションは音の変化の確認なのだ(爆)。

音が変化したということは、何かが変ったということなのだが、今回は、アンダ君のE線をもっと響かせたく、裏板のC部をもう少し削ってみた。表板を削れば、音量は大きくなるはずだけれど、柔らかい音で響きを良くと思うと、裏板を削る方がそれっぽい気がするのであった。

実は、スクロールもちょっと削っているけれど、こちらは、音には関係ない(^^;)。

音色の確認の録音なのだから、毎回同じ曲にすればいいのに、飽きるので(笑)、違う曲にトライだ。
今回は、バッハの無伴奏パルティータIIIから、メヌエットI。
(それにしても、もっと易しい曲にすればいいのに←自分)

バッハ:メヌエットI

明日、明後日は連続東京仕事だ。
明日の打合せ、担当者のたっての希望で、打ち合わせ場所を、アンナ・ミラーズという所でやるらしい。(い~ぐるの希望ということではないですよ、くれぐれも誤解なきよう)

ウィキペディアの解説によると、アンナ・ミラーズは、「現存するのは、わずか2店舗にすぎない」という貴重な店舗なのだが、予約なしで席が取れるのかな・・・?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/17 20:34 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
本を買う
夕べは、早い時間に寝てしまって、ブログを書こうと思っていたのに書けなかった(ーー;)。
昨日は仕事の打合せが、新横浜であった。例によって、帰りに一旦改札を出るが、そのまま、駅ビルの本屋に寄ってくる。最近、アマゾンばかりで買っていたので、本屋は、久し振りだ。
ちょっと混雑していて、椅子に座れなかったので、長居しにくかったが、久々の本屋は楽しい。

音楽関係のところで見付けたのが、↓

無伴奏──イザイ、バッハ、そしてフィドルの記憶へ

と、

ピアノと平均律の謎―調律師が見た音の世界


どちらも、面白そう。東京出張の往復電車内読書用に購入。

バイオリンのDVDも同じ書棚にならんでいて、手に取って見てみると…

ヤマハアトスDVDブックシリーズ 映像がすべてを語る 伝説のヴァイオリニストたちの響き アートオブヴァイオリン (ヤマハ・アトスDVDブック・シリーズ)


あれ?自分の持っている、

アート・オブ・ヴァイオリン [DVD]

と、良く似ているなぁ…と思い、解説を読むと、DVDは同じものと書いてある(^^;)。

日本語の60ページくらいの解説書が付いているので、まだ持っていない人にはヤマハのDVDの方がいいかも?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/08 05:23 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
帰国
せっかくのハワイだったが、ショッピングセンターにもビーチにも遊びにも行かずにもう帰国である。(仕事一徹)
入国審査も週中平日のせいか空いていてスムースに通る。
税関も暇そうにしていたが い~ぐるの荷物を見て「これ何ですか?」と聞く。「木ですよ」と応えたら。怪訝な顔で「ただの木ですか?」とさらに聞いて来る。
「そうです」と応えたらさすがに納得した(?)のかそれ以上追及はしなかったが、外国へ行って木を買うなんて当たり前たろうにね~(^0^)
とりあえず帰国報告
明日は午前中からアポがあるので早起きしなくては(^_^;)
【2009/03/05 17:52 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
帰国準備
夕べは、3時直ぎに記事を書いていたので、眠くて、何を書いているか分らなかったが(^^;)、今朝は、帰国なので、帰国準備中だ。

荷物は、いつもより、かなり大きくなってしまった↓
R0010464.jpg
あとで、ABCストア(コンビニ)で荷造り紐を買って、木と鞄を縛ってしまおう。
(重いし…)

K氏からいただいた、彼の本は、全部読んでしまったので、申し分けないが、捨てていく。
(日本にもまだ読んでいなかったが、一冊あるし)

こんな状況なので、残念ながら(^^;)、職場へのお土産は、ちょっと買う余裕はないなぁ。

こちらは、今、4日の朝8時半くらい。

お昼の便で出て、成田到着は5日夕方の予定。すげー、時間がかかり、一日がまるまるなくなってしまう(--b)
【2009/03/05 03:27 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの裏板
昔から、バイオリンの裏板に使われる木材は、ほとんどメープルである。
メープルは固く、音響損失が多い材で、それがバイオリンの音に良い結果をだすのだろうけれど、杢のきれいさも重要だったに違いない。

一方、ハワイでは、著名なウクレレは、KOA材を使って製作される。これは、ハワイの材であり、ストラディバリの時代には知られていなかったに違いない。もし、ストラディバリがコアを知っていたら、どういう使い方をしたかなぁ…

などと、思いながら、バスに揺られて、OHOHIA St.まで行く。

銀行に寄ってから行ったので、お昼を過ぎていて、とりあえず、ちかくの韓国食堂で、ハワイにしては安い($6.18)ランチを食べる 。

R0010444.jpg

次に、住所の番地を確認しながら、目的地を探す。このあたり、Kuhioなどと違い、一つ一つの建物が大きいので、しばらくうろうろしていたが、ようやく発見。

R0010447.jpg

店の中はというと…↓な感じだ。

R0010446.jpg

おじさんに、バイオリンに使いたいので、16"x9"x5/8"のコアをくれというと、倉庫の中をうろうろして、14"と書かれた材を持ってきて、「これはどうだ?」と聞く。だから、16"の長さが必要だと(先刻言ったばかりなのに…)。

次に24"のものを二つほど発掘してきて、「これはギターにも使えるんだ」と言うが、これ以外のサイズは在庫はなく、カスタマイズが必要というので、24"のものを一つを買うことにした。

R0010452.jpg

これ、厚さが2"あるので、ブックマッチで裏板を作れば、半分以上、不要になる(^^;)
持ち帰りを考えれば、カスタマイズした方がいいのだけれど、もしや、ネックや横板も合わせて取れるかも?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/04 22:09 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハワイ寒い~
冷房がではなくて、まじで、気温が低い。
おそらく20℃ないじゃないかなぁ…

しかも、風は強いし、雨は降るし…

こちらで買う着替えは、アロハだけでいいかと思っていたが、着てきたアンダーシャツは洗濯しても一晩では乾かないし、シャツなしでは寒いしということで、やはり、Tシャツを買うことにした。8枚20ドルなんてのを買っても仕方ないので、もう少し高くても、普段から使えそうなものを探す。
結局、昼休みに、近くのストアで、9.99ドルのTシャツを買うことにした。
普段、出張先で買い物なんてしないのだけれど、今回は何と3枚も衣料品を買っている(物価の高いハワイで!)。こんなことは滅多にないので、記念撮影。私の趣味なので、アロハにしては地味(笑)。

R0010439.jpg


左のアロハ、模様を拡大すると…

R0010440.jpg


仕事の方だが、バンケットが終了した時、一緒のテーブルにいた運営側関係者が、仲間に担がれて、海に投げこまれた。というか、海直前に担いでいる奴等がコケて、彼を砂浜に落とした所に、波が来て、結局、全員、海に流れこんでいった…
この寒いのに、よくやるよ、と思ったが、女性を含め、皆、自ら飛び込んでいるぞ。結局、こいつら、最初から、海に飛び込みたかったんじゃないか(笑)

帰りの道すがら、あまり寒そうだったので、ちょうどハーゲンダッツの前を歩いている時、アイスを奢ってあげるよ、と声を掛けたが、「それだけは勘弁」と断わられてしまった(笑)

去年、職場に、タイから一人短期の受け入れをしたが、今回、彼にも声を掛けていて、こちらで久々に再会。彼は今年も昨年の仕事を継続するため、日本に来たく、予算申請していたら、ちょうど、ハワイに来る直前に予算が通ったと報告してくれた。

ついでに、私をタイに招聘する予算を申請していたが、そちらも通ったので、夏に二週間タイに来て欲しいということだ(そんな予算は申請しなくていいから… --;)。
【2009/03/03 17:59 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
当り付き
子供の頃から、ガムとかアイスとか当り付きが好きだった。
これを買って食べたら、何か当るかもというので、なんだかワクワクするではないか。

とはいっても、ギャンブラではないので、当りがなくても食べられるというのが良いのであって、何も残らない宝くじはNGだ(^^;)。

ところが、当ると言われても、身近に当りがでない「金のエンジェル」なんかも、子供心に胡散臭く感じ、やはりそれなりの確率で当りは出て欲しいものだ。

今日は、ホテルの近くの、ABCストアで、リンゴを買って帰ってきたが、ABCストアのリンゴには、一個一個シールが張ってある。リンゴを洗って食べようとすると…

何と、シールの下から、虫食いの穴が(!)。

R0010438.jpg


全部のリンゴに穴が開いているわけではないだろうから、これも所謂、当りだろう♪

そもそも、リンゴにシールを貼る必要なんかないが、シールを貼って隠すことで売れる穴の開いたリンゴの割合とシールを貼る手間賃を秤にかけて、シールを貼る決断をしたのだろう。そう思うと「当りのリンゴ」も何だか楽しいではないか(笑)。

ところで、この記事は、ロビーまで降りずに書いている。
実は、ドアの外に出ると、弱いながらも、電波を捕むことを発見(笑)
ホテルの部屋の前で座りこんでパソコンを操作する怪しい人影と向い側のコンドミニアムの住人から通報されたりして…(爆)
【2009/03/03 03:03 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ビルの隙間の…
ダイヤモンドヘッドである。
R0010436.jpg
今日は、朝から仕事で、午後は、会議を抜け出して、ハワイの会社の関係者と打合せ。
夕方にはまた戻って、仕事関係者と夕食の待合せをして、食事をし、先程帰ってきた。
(勝手な奴ばかりなので、夕食の場所もそれぞれの主張がぶつかり、なかなか決まらないのだ ^^;)

途中、ホテルの部屋に戻ったところで、通路から見えるダイヤモンドヘッドを撮影してみた。

ハワイの会社の関係者に、ハワイの基本情報を教えてもらいながら、気になったので、バイオリンなんかはやっている人は少ないのかな?と聞いてみた。でも、やはり、彼の知るかぎり、ハワイでは楽器といえば、圧倒的にウクレレらしい。バイオリンは見たことがないという話だ。

人口100万人に達するハワイで、みんながハワイアンばかりをしたがるわけはなく、カントリーやクラシックの愛好家だっているはず。それが、楽器を目にする機会が少ないというのは、逆に、もしや、ビジネスチャンスではなかろうか?などと思いながら、彼の話を聞いていた。

ところで、風は弱くなったのに、あいかわらず、部屋ではネットに繋がらないのだが、いったいどうなっているのやら…(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/02 17:03 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハワイ出張記(ワイキキ編 風が吹くと…)
空港で予約するつもりが、仕事の打合せのため、急遽宿を取ることにしたので、今回のホテル、値段だけで選択したのだ。

それでも、ネット上の説明では、高速インターネット回線が全部屋に用意されているというはずだった。

ところが、部屋に入って、ネットの接続を試すも、ほとんど接続できない。たま~に、googleのトップページになることがあるが、その他のページには行けない。

そこで、フロントに電話してみると…

強い風が吹くと…ネットが繋がらないということだ。

「下の階ならましですけれど…」

う~む、こんなホテルはなかなか経験できるものではない。

パソコンがネットに接続できないなら、イギリスの契約カードを使えば、携帯がネット接続できるかも?
と思い、カードを入れ換えてみたが、イギリスの契約カードのパスワードを忘れてしまっていて、3回ミスったので、ロックされてしまった(--;)。

使えない奴(←どっちが?)

気を取り直して、夕食を食べに出ようと、下に降りると、フロントで日本人らしき女の子の二人組が困っている。

どうやら、流しの水が流れないらしい。まぁ、水回りのトラブルはアメリカのホテルにはよくあることだから、心配ない。 って、本人たちは、そういう問題じゃないか (笑)

フロントに話しをしてあげようとしたら、日本語を話せるスタッフが、「もう説明したから大丈夫だ」というので、そのスタッフに任せて外に出たが、一言女の子たちに大丈夫だからと言ってあげた方が親切だったかな?(こういうのが、その場でできないのがダメなんだよなぁ)。

ワイキキまわりで安いところというと、Loco mocoがあったが、これは、昼にALOHA STADIUMで食べていたので、違うものをと思っていたら、シーフードの店のパンフレットを店頭で配っていて、なかなか良さそうなので、そこに決めた。

お店の客は、日本人だらけだけれど、日本語が書いていない普通のメニューの方に、SCAMPIとフィレステーキのセットを見つけ、これを頼む。

アメリカだから、メインを頼めば、他は付いてくるはずと思ったが、上の方に、サラダやガーリックトーストの値段が出ているので??と思いながら、サラダも…と言うと、「もう一皿欲しいのか?」と聞かれた(^^;)。

店を出て、露店が並ぶ小さな通りを眺めたが、ALOHA STADIUMと値段は大差さないか、ものによってはこちらの方が安い(笑)。

そこから、、フードコートの中を通り、ショッピングセンターを抜けて、通りに出る途中、Outlet 40% offと札のあるカバン屋があった。

実は、前から、皮のウエストバッグを欲しいと思っていて、ALOHA STADIUMでも、$10の値段に危うく落ちかかったのであったが、ストラップがナイロン製であることに納得できず、買っていなかったのだ。

この店では、$20だが、全部皮のものがある。そこにあるウェストバッグはナイロン製も含め、全て$20だというドンブリ勘定であったが、この値段ならいいかも?
(昔、ヒースロー空港で、$350のを危うく買いかけた身としては…)

R0010431.jpg


ABCストアで、牛乳と、シリアルとパイナップルを買って、ホテルに戻るが、エレベータで一緒になった日本人の女の子の二人連れ(なぜかこのホテルに多いのか?)が、セーターの上にマフラーまでしていて、「寒そうな格好だね」と思わず言ったら、「寒いんですぅ~」って。こちらは買ったばかりのアロハシャツなのだが、どこから来た方なんでしょうね(笑)。

R0010430.jpg


牛乳を飲んで落ち着いたら、フロントロビーに降りて、ネット接続を試してみよう。
風でだめというのは、本当に上の階だけだろうなぁ(笑)


トリアエズ、接続できた(遅いけど…)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/01 17:33 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハワイ出張記(到着~アロハスタジアム編)
飛行機が到着して、ハワイ入国だが、入国審査がやたらと長い。指紋と顏写真を取るのだが、(どちらも)慣れていないからか、一人にかかる時間がやけに長く、列はそんなに長くないわりに待たされた。
と思ったが、自分の時には、

指紋を取って、
写真とるからカメラを向いて、
目的は?
職業は?

で終り、以前と時間は大差ない。

あれ?みんな何故時間かけているの?

と、まぁ、疑問もあったが、そのまま税関へ。いつものように、「荷物はこれだけ?」と訝しがられるが、買い物に来たわけではないので、(下着と靴下が二組ある以外は)職場に行く荷物と変らないのだ。

空港内の両替カウンタでトラベラーズチェックを現金にしようとしたら、手数料が3ドル以上かかると言われ断念。

出たところのインフォメーションのお姉さんに、銀行はないか?と聞いたけれど、ないとのこと。

トラベラーズチェックならどこの店でもそのまま使えばいいという彼女に、「バスに乗るのだから、両替したいのだ」と説明したが、銀行はないのだからしかたがない。

どこかお店はないかと探したが、個人出口の方には、何もない。

しばらくうろうろして、二階にスタバがあったので、とりあえず、ここで、コーヒーを飲むことにして、トラヴラーズチェックを現金化した(笑)。

一段落して、ALOHA STADIUM行きのバスを探す。

空港に来る20番のバスでも行くのだが、時間が合わず、やはり、高速のところのバス停まで行くしかないか…でも、高速道路は、どっちにあるの?

空港の案内図をじっと眺め、きっとこっちだと予想した方向に進むと、遠くに高速道路が見えた。
空港の案内図にもあったが、途中に郵便局がある。

実は、会社の決算書類をハワイに郵送するように言われていたが、どうせハワイに来るのだからと、郵送はこちらでしようと持ってきたのだ。

切手をトラベラーズチェックで買えば、さらに両替できるぞ(笑)。

R0010421.jpg


ところが、郵便局の窓口のおばさんは、2ドル50セントなんだから、チェックなんかじゃなくて、現金で払いなさいよと言ってくださり、あえなく撃沈(爆)。

いろいろあるが、高速道路に向う。

でも、高速道路の上にバス停があるの?(日本の高速バスのように?)と思ったが、人が上るようなところがない。

路線の案内はないれど、BUS STOPの看板だけあるところがあったので、誰も待つ人がいないバス停で、これでいいのか不安を感じながらも、しばらく待ってみる。

ちゃんと、来るではないか!

ハワイの市バスは、この近辺は、どこまで行っても$2なので、安心感がある。乗る観光客も多く、連結の長いバスなのだが、かなり人で一杯だ。

R0010422.jpg


ALOHA STADIUMに到着し、Swap meetingの入場料$1を払い、店を見てあるく。

SWAP MEETINGというのは、本来、物々交換など、ガレージセールの大掛かりなものなのだけれど、ここは商業化されていて、出品はすべてお店のようだった。

スタジアムの駐車場の通路回りにスタジアム一周お店がならぶが、どこまで行っても似たような店ばかりで、しかも値段まで同じだったりする。

Tシャツ、8枚で、$20は安いのかもしれないけれど、8枚もいらないし…

R0010423.jpg

それでも、時々、変ったのもあって、面白い。たとえば、歯を白くするショップとか(笑)

R0010425.jpg


当初、Tシャツでも買うつもりでいたが、あまりピンと来なかったので、二周回って、断念。

その代り、アロハシャツを買うことにした。これも、どこの店に行っても、$10と、同じ値段だが、良く見ると、日系か中国系のおじさんがやっているあるお店は、人気ないけれど、made in Hawaiiだし、cotton 100%で、良さそうだった。そこで、この店で、少しおとなし目のデザインのシャツを二枚購入。

だめもとで、「安くならない?」と聞いてみたが、
これは、物がいいんだよ、本土で買ったらこんな値段では絶対手に入らないんだから。
と断わられた。まぁ、この質だったら、納得できるか?と思い、素直に買うことにした。

この会場は、写真を取っている人がほとんどいなく、お店の写真は撮りづらかったので、あまり写真は残っていないが、この他に、貝殻の店で、アワビの殻を見たり(でも、質の良いのは加工に回しているらしく、値段は高いが質が悪かった)、ウクレレの店を見たり、ハワイアンのCDを売っている店を見たりしているうちに、終る時刻くらい(15時)になったらしく、あちこち店が閉りだす。

お腹も空いてきたので、そこに出店しているお店でお弁当を買い、昼食に。
これって、LOCO MOCOというのにそっくりだ。

R0010427.jpg
R0010428.jpg




帰りもバスに乗るが、ワイキキ行きが来たので、そのままホテル街まで乗っていく。かなりの距離があるのだが、$2というのは、安い!

でも、ホテルの場所をよく知らないので、どこで降りたらいいのやら…(^^;)。

あまり変なところに行っても困るので、適当に降りて、店の外で椅子に座っているお爺さんに、住所を言って場所を聞いたら、3ブロック先の道路の左側だと教えてくれた。

住所が奇数だと左側、偶数だと右側になっていて、上の二桁がブロックの番号なので、自動的に分るのが、アメリカらしくていい♪

問題は現在地からどちらに進むべきかなのだ (笑)。

歩いていると、道に観光(?)パンフレットのようなものもある。

R0010429.jpg
が、すべて日本人向けか?特に左下(!)

とまぁ、とりあえず、いろいろあったが、少し早めにホテルに到着した。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/03/01 17:26 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |