FC2ブログ
ハワイ出張の前に…
グリュミオーを聞いていて、あの輝かしい音を真似したいと思い、アンダ君の表板のアッパーバウツを削る。

お前の腕前では、たとえ同じ楽器を弾いたとしても、グリュミオーの音は出せないだろうという、しごくもっともな意見もあるだろうが、あえて却下である。

ベートーベンのヘ長調のロマンスの出だしを弾いてみると、割と良い感じであったので、気分を良くし、二曲も録音してみる。

マスネ:タイスの瞑想曲

モーツァルト:二重奏No.2


と、ここで、突然、話は出張のことになる。

今回、出張先はハワイである。ハワイと言えば、有名なのは、コア材を使ったウクレレである(←何か間違ってマスカ?)。これ、ハワイアンマホガニーとも言うらしい。

伐採規制で貴重品となっているコア材だが、こいつをバイオリンの裏板に使ったら、とても綺麗じゃないかと思って、ふと検索してみると…

あるじゃないか、コア材のバイオリンを作るメーカーが!

しかし、12000ドルですか…(--;)

もう少し調べると、木材屋さんも見つかる。ハワイ空港から歩いて10分だそうだ。残念ながら平日しかやっておらず、帰りの飛行機に乗る前に訪問できるかどうかギリギリのころだし、バイオリン用にカットしたコア材なんてものは、どう考えても置いてなさそうではある(爆)。

朝市といい、木材屋といい、案外面白そうな所だ、ハワイ♪



スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/28 13:31 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
海外出張
明日から、ハワイに出張だ。1~3日に仕事が入っていて、4日の昼の便で帰るので、現地では自由な時間が全くないと思っていたけど、よく日程を見ると、明日の夜出発で、現地着は明日の朝なので、土曜日は丸々一日やり直すことになるらしい。
これで得したと思うが、帰りは一日なくなるので、都合同じなのだ(^^;)。

せっかくのハワイなので、ウクレレショップでも探してみようかな、などと思ったりもするが、行き当りばったりで見つかるほど甘くはないだろうか?
やはり、ここは、アメリカ式朝市 スワップミーティングに行くべきか…


じつは、ホテルは現地で取ろうと思っていたのだが、打合せの相手が、ホテルでピックアップするので、宿泊先を教えてくれと言ってきたので、やむなく、日本から予約したのであった。

今日は朝からほぼ一日冷い雨で、こんな天候の日本を出発するには、やはり、防寒が必須だろうから、明日の服装は悩ましい。

ハワイの会社、じつはまだ銀行口座を作っていなく、資本金を振り込んでいなかったのだが、この際、ついでに口座を作ることにして、BOHのビジネスアカウント担当者に連絡をして必要書類を確認済みである。我ながら、珍しく、準備がいい(^^)。

普通の契約をしていると、最近は、海外でも携帯電話が普通に使えるということだが、残念ながら、い~ぐるの携帯、プリペイド契約なので、海外は使えないと規約に書かれている。海外に行ってまで、携帯を使うこともないか…などと思ったりもするが、向こうでの打ち合わせに不便なので、イギリスのO2のSIMと、アメリカのAT&TのSIMを持って行く。

どちらも、月額基本料金0円で回線契約を維持できることが売りものの、モベルのSIMである。現地では、アメリカのSIMを中心に使うけれど、これは、データ通信ができないので、何かの時にデータ通信可能なイギリスのSIMも必要になる。(日本国内でも、ソフトバンクのプリペイド契約はデータ通信ができないので、データ通信をするときには、イギリスのSIMを入れている ^^;)。

今日は、出張前の仕事を片付ける必要もあり、バタバタしているが、朝練では、次の曲をやってみる。

Bach:Tempo de Borea

演奏はともかく、「音」は感じよくなってきていると思うのだが、どうだろう?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/28 01:26 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
のみかい
普段、職場の飲み会にはあまり参加しないのだが、ピンポイントで指名され、仕事の話もあったので、横浜まで出向いた。(当初、予算7000円と言われ、高過ぎとクレームを付け、3000円に値切ったのは秘密である)。

当初の案内には、駅から3分と書いてあったが、マラソン選手でもない限り3分はありえないだろうという立地のおかげか、案外リーゾナブルな料金設定となっている。

だが、いつも思うのだが、二宮近辺なら、3000円も出せば、相当な料理を食べられるのだが、東京や横浜では、これかいという程度のものしか出てこないのは何故?

帰りの横浜駅で、ちょっとした行き違いで、Aさんと二人になった。丁度、下りの湘南新宿ラインがあったので、横須賀線ホームまで雑談しながら、上った。Aさんの職場は五反田だそうで、以前、ある会社の人に五反田の中華屋さんに連れていってもらったことがあるという話をしたら、「今度、連れていってくださいね、デートしましょう♪」…?って、ぉぃ奥さん、いいのか…(-.-;)

と、あいかわらず、いろいろとある一日の終りだが、朝、アンダ君の裏板コーナー部分を削った。裏板全体では、もう削る余地はあまりなさそうだが、裏のCからコーナー部分のつなぎが気持ち悪かったのだ。

ドヴォルザーク:ユーモレスク

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/27 02:20 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
走る、走る、俺たち…
昨日の朝、東京出張のため、駅まで自転車で行くつもりで家を出た。
すると、自転車置場に自転車がない?

えっ?もしや、自転車泥棒?と思ったが、あんなボロ自転車を持っていく泥棒がいるとは思えないぞと、思い直し、もう一度、考える。
すると、少し前に自転車で出た時、帰りに雨だったので、自転車を置いて帰ったことを思い出した。
げげっ、自転車のつもりで移動しているので、電車に乗り遅れるかも?

バス停まで急ぐが、ちょうどバスは出たところで、次のバスでは、電車の時間に間に合わない。

駅まで、約2kmであり、残り時間は20分。10km/hの自転車なら、20分あれば余裕だが、4km/hで歩くと、到底間に合わない。

むむ…ということで、駅まで走ることになった。
昨日の夕方には筋肉痛であったが、今日はさらに悪化して、階段もきつい~

まぁ、たまにはこういうこともあるさ。

今朝は、筋肉痛を押しての朝練だ。適度に脱力していいかも?と思ったが、筋肉痛は足だけなので、あまり関係なかった(笑)。


ちなみに、アンダ君、再び、裏板のC部のE線側を削り、少し魂柱を動かしている。

ボッチェリーニ:メヌエット

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/26 00:44 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
待てば海路の日和あり?
今月末が更新期限の定期購読中の雑誌、The Strad。前回の申し込みの時にはディスカウントで申し込んでいたので、今回の更新の申込書に書かれている値段が高い気がして、なかなか申込みを行なわずにいたのだった(単に申込みを忘れていたという噂もあるが…)。

さきほど、メールがきて、今、手続をすると、30%ディスカウントするそうだ(^^;)。

いずれディスカウントするつもりなら、最初からディスカウントの値段を提示してくれればいいのにね~

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/25 00:31 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ゆっくりと、ベートーベンを弾く
というつもりで、朝練をしたけれど…

ベートーベン:メヌエット

なぜ、早くなる?→自分

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/24 00:26 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ダイソーで、ファンタジア(ディズニー映画)を買う
ファンタジアという映画、ストーリーが全く追えず、好きではない映画だったけれど、じつは、レオポルド・ストコフスキー指揮、フィラデルフィア管弦楽団演奏のかなり本格的な音楽映画だ。

それがなんとダイソーで315円で売られていたのだ。

著作権が切れたからということだが、ちょっと、そのあたりは微妙だが(^^;)、とりあえず、買える時に買っておこうと入手した。

画面は見る必要もないので、家仕事のBGMとして、隣の部屋で音を出しているが、なかなか良い感じである。ときどき、部屋を移動するときに、画面を見ると、洪水だったり、火山(?)だったり、にぎやかだけれど、ストーリーは全く分らないですね~(^^;)。

と、話は変って、アンダ君だが、裏のC部の削りをもう少し進めた。Cの所は、F字穴から見える裏側のカーブと表の関係を考えるに、かなり深く削らないと周辺まで振動しないような気がしてのことだ。

kezuru_20090222193708.jpg



かなり音のバランスが変わったので、魂柱を少し調整して、バランスを取り直す。
例によって、朝、バタバタしている中で、録音してみる。

パガニーニ:カンタービレ

そろそろ、あちこち、削りも限界に近いかも…

追記、
昔、YouTubeにアップしたビブラート練習の動画にコメントが付いたとYouTubeからメールがきた。
親切にも、画像を見て、改善のアドバイスをしていただいている。ありがたいことです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/22 19:05 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
裏板ローバウツを削る
削ったのは、数日前だけれど、今朝、久々に練習中の曲を録音。
先程帰宅して、御飯を炊いているところだが、日付が変る前に、記事をアップしておこう…

バッハ:Tempo de Borea

音程の練習をしっかりやりたいなぁ…と感じる今日この頃。


17日、追記:
朝、少し、E線側の裏板C部を削ったので、確認録音。

Bach:double

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/16 23:06 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
再び、顎当てなしでの演奏
昨日は、祝日だとは知らずに、通常通り仕事をしていたい~ぐるである。
知っていて出勤していたのならいざしらず、知らずに仕事していたというのは、何だか納得いかないので(←誰のせいだ ^^;)、今日は朝、少し遅めに出かけることにして、アンダ君をもう少し調整する。

演奏しながら板厚を調整してきたアンダ君なので、顎当ての金具の辺りは、あまり削れていなかったので、この際だから、顎当てを外して、エッジを調整。

こうやっていると、やはり、出来合いのものを外から削るのには限界がありそうな気も少しだけ(^^)するのだが、それはともかく、できる限りのことをしてみよう。

顎当てを外したが、調整が一度でピシっと決まったことはあまりないので、顎当てはしばらく外したままの方が、便利がいい。そこで、今日の朝練は顎当てなしでやってみる。

本当に顎当ても肩当てもなしで弾いているの?と疑問に思う人も多いだろうから、譜面台に置いたデジカメで動画を録って、Youtubeにアップしてみた(^^;)。

顎当てなしで演奏してみる動画


デジカメの録音だと、調整した音が分りにくいので、普通に録音もしてみる
顎当て、肩当てなしでの演奏といえば…↓

パガニーニ:カンタービレ

何度も書いているが、パガニーニのカノンは板が厚い。アンダ君も、センター付近は表からは削れないので、カノンと同じくらい(6mm)ほどの板厚がありそうな雰囲気なので、演奏スタイルといい、楽器の板厚といい、雰囲気が出ている?

問題は、演奏の腕前だけか?(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/12 20:03 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
G線にもっと抜けを…
G線、D線にもう少し抜けた感じが欲しいと思い、アンダ君のG線側のCからアッパーコーナーにかけて、もう一段削る。

IMGP1023.jpg

例によって、裏側も削るが、今回は少し慎重に、丁寧にカーブをフォローしておく。

IMGP1024.jpg

というのも、そろそろ、削るのも限界が近い可能性があるかもしれないと思っているからだ。
まだ、アッパーバウツのあたりは、修正要だが、Cのあたりはこんなものかなぁ…

確認用の録音であるが、G線からE線まで広い音域をカバーするものとして↓を選択。


マスネ:タイスの瞑想曲

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/11 21:09 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
スーパーでスプルースを買う
二宮の西友で、スプルースの板を購入。

IMGP1020.jpg

この板、
ほぼ真っ直ぐな木目で、1cmあたり7~10本くらいの年輪の間隔だ。

IMGP1021.jpg


厚さが3cmなので、開きにしてブックマッチするには、ちょっと薄い。でも、1枚板の表板にするには、大きさからみて適している(というか、少し大きいくらいで、ビオラだって作れそう)。

ただ残念ながら、完全な柾目ではなく、少し斜めに木目が走っていた。

IMGP1022.jpg

斜めの木目で表板を作ると、なんとなく弱そうなので、半分に割って、片方を上下引っくり返すことで、二つの板が支え合うようにして使うのがいいんじゃないかな…

出番までは、台所で水を掛けながら、板を乾燥させておこう(^^)。


さて、アンダ君であるが、もうちょっと削る。

G線、D線の音をもう少し明るくするため、表のC部のG線側を削る。そのままだと、ソリッドな感じになるといけないので、G線側の裏板もバランスさせて削る。

今朝の朝練では、バロック風の明るい音色が似あう(はず)の曲を選択。
バッハ:無伴奏パルティータからDouble

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/10 22:57 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
Cをもう少し…
主に、外見上の理由から、アンダ君の表板C部をもう少し削った。
朝練で試奏してみると、音も明くなっている。(←これは予想通り)

パガニーニ:カンタービレ

クライスラー:美しきロスマリン

最近、書き込みが減っていて、い~ぐるは死んでんじゃないの?と思っていた人もいるかもしれないが、仕事で死んでました(^^;)。普段、頼まれ仕事はあまり断わらないけど、昨日依頼された一週間でやってという特急仕事は、さすがに無理!。(英文レポートを4本書いてくれというもの)。不義理をしてしまった…

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/02/05 19:24 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |