FC2ブログ
指板を削る
このところ、本業で死んでいて、更新もままならないけれど、い~ぐるは一応生きてます(^^;)。

あまりのストレスに少しは違うことをしないとやってられないと、先程、指板を削ることにした(←なんで?)。

この指板、グレードAというもので値段は高いが、来たときから、なんだかぶ厚く、おかしいと思っていたが、測ってみると、指板のRもおかしい。普通は、Rは42φにするのだが、35φくらいじゃないかな?
しかも、かなり厚いわりに裏のカーブがきついので、42φに上面を加工すると、指板の標準厚である4mmが取れない(!)。
うむむ…

とりあえず、指板裏の溝を整え、標準厚まで表から削るために、コンパスで印をつけはじめたら、何か変?

定規を当てると、裏の平面が出ていない(^^;)。

ということで、夜中にシャカシャカと鰹節削りである(笑)。

R0010381.jpg

もちろん、本来なら、指板を固定する台を作って、普通に鉋を掛ければいいのだけれど、あいにく、作業机は使えない状況なので、鉋を逆さにして、指板の方を動かしたのだった(^^;)。

裏の平面が出るまで削ると、厚過ぎと思っていた指板もギリギリの厚さになっているし…

まだ、指板上面のRは変更していないので、ボール紙で作ったテンプレートに合わせて削りこむ作業が残っている。

しかし、、、出来合いと思った指板でここまで手間がかかるなら、板の状態の安いやつを買って、全部自分で加工しても同じだったかも?

貴重な経験をさせてくれた、この子に感謝しよう♪
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/01/21 01:52 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |