FC2ブログ
アンダ君、お前もか・・
例によって、アンダ君の魂柱を動かしながら音の調整をしているが、なんだか響きがおかしいような気がして、表板のロアバウツのあたりも少し削ってみる。ここは、セットアップ状態で削りにくいので、後回しになってほったらかしにしていたところ。

R0010262.jpg

こんなものかな・・と思ったところで、あご当てを取り付けようとして、ふと、裏板の膠がはがれて、隙間が空いていることに気が付く。

R0010263.jpg

eagleに続いて、裏板はがれである。何か、こう、この部屋の中に良くないものが潜んでいるとか?
アンダ君が使えなくても、eagleもkityもあるので、ぜんぜん困らないのだが、隙間が空いたら、音はそこから逃げるので、豊かな響きにはならないよなぁ・・ 今までの調整の根拠を失った今日この頃である。膠を溶かさないと。

膠といえば、菊田師匠の知り合いが講師をしている代官山音楽院では、オープンキャンパスの体験授業で膠体験をやるらしい。膠の正しい使い方、勉強させてもらおうかな?

といっても、アンダ君はそんなに待っていられないので、今夜にでも膠で補修しよう。
(アンダ君の膠は私がつけたのではなく、もともと付いていたのだが、世の中、いろいろあるのが普通なのだ 笑)
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/11/29 19:18 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |