FC2ブログ
ジャック・ティボーの本
昨日、職場に到着したジャック・ティボーの自伝。

ヴァイオリンは語るヴァイオリンは語る
(2008/11)
ジャック・ティボー

商品詳細を見る


まだパリに留学したところまでしか読んでいないけれど、貧乏をしていても、子供のころから才能にあふれるエピソードが満載だ。父親が列車でパリに向かう息子を抱きしめて、「それから注意することは・・」といいつつ、後の言葉を躊躇して押しつぶしたが、「女」という一語が聞き取れたように思えたというのは、自伝を書いたときのティボーの経験からの補完であろうか・・

onna.jpg


まったく、ティボーとは関係ないが、メンテナンスのため戻ってきた子の音色調整中である。
魂柱を動かすだけでなく、駒を少し削ってみた。削るのは戻れないから怖いね。

バッハ:メヌエット3番(鈴木教本より)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/11/19 00:08 】 | バイオリンの本 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |