FC2ブログ
魂柱
今朝、朝練のついでに、eagleの魂柱を調整してみた。
こうすれば、ああなるというのが完全に分かっているわけではないけれど、今回の修正は、少し、魂柱を後ろに下げるものだ。
朝、かなり忙しかったので、魂柱調整+朝練が終わったら、慌てて家を飛び出すことになって、録音なんてする暇は全くなかった。


いつも動かしているように思う人もいるかもしれないが、そんなことはなく、ちゃんと理由があるのだ。

今回の理由は、
・弦長が330mmになっておらず、確認したところ、駒位置がよろしくない
・音の硬さを感じる
などを修正するつもりだったのだ。色々と、あわせ技で、魂柱は2mmほど後ろに下げる予定。

とこで、eagleは、魂柱の裏板側を動かして、垂直に持っていくのが、固くて難しい。
これって、やはり、魂柱を少し削った方がいいんだろうなぁなどと、思いながら、多少無理やりだが、コンコンと叩きながら位置を調整した。

しばらくこの位置で、楽器を慣らしておこう。


楽器を響かせるのは、楽器だけの問題じゃない・・・えぇ、分かっていますよ(爆)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/30 22:42 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
図書館へ
今日は、バイクのガソリンを入れに行くついでに、途中の図書館による。
お目当ては、もちろん、CDである。

今日借りたCDは、

バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)
(1997/06/21)
ラ・プティット・バンド

商品詳細を見る


と、

シューベルト:弦楽四重奏曲第15番シューベルト:弦楽四重奏曲第15番
(2005/09/21)
クレーメル(ギドン)

商品詳細を見る


である。

ブランデンブルクは、スズキの教本シリーズにも出てくるのかな?
教本の曲と言えば、パールマンが子どもの頃にやっていた曲を集めたアルバムが参考になる。
「バレエの情景」~パールマン・子供時代の思い出「バレエの情景」~パールマン・子供時代の思い出
(1999/03/25)
パールマン(イツァーク)

商品詳細を見る


い~ぐるは、教本をやっているわけではないんだけれど・・(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/29 20:46 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン85回目
今日は、前回から一週間という短いペースでのレッスンだった。
今日は、魂柱を動かしたばかりのkityを持っていく。
まずは、ピアノに合わせて調弦をする。(朝、練習したばかりでほとんどあっている)
「魂柱を動かしてみたんですよ。」
「音色が明るくなりましたね~。いつも、コンコン動かしているのですか?」
「いや、いつもってわけじゃなく、気になったときだけですよ」
などと、雑談しながら、次の準備をする。

基礎練習の分散和音だ。
「ボーイングもいいし、音色もきれいなので、問題ないですから、3番へ進みましょう」

ポジション移動の練習は、音程に問題がある。
4の指が伸ばせていないと言われると、それを意識して1の指まで上がる。
そもそも、ポジションを意識していないのが問題だと思うのだが(^^;)

・タイの部分、もっとたっぷりと音を伸ばす
・27小節目の4分音符は、ちゃんと音を伸ばす
・グリッサンドで降りてくる部分の2箇所、もっとゆったりと
・ritはしっかりとためる
・早いフレーズの後の、E♭は、その直前のDを基準に安定した音を出す
・オクターブの重音部分はE線の音はA線の音に乗るような感じで
・ただし、オクターブじゃなくなったところから、主旋律がE線になるので、E線をしっかりと。
・18小節目から始まるG線のfと22小節目からのpは音色の違いをはっきりとさせる
・34小節目のアドリブ、各フレーズの頭の音をちゃんと出す
などなど

先日、菊田さんの工房のURLを先生にお教えしたが、
「(製作家にしては)おちゃめな方ですよね~」
という感想だ(笑)

5月の池袋のイベントにも興味をもたれてましたデス

今日の復習:ショパン:ノクターン変ホ長調(kityで演奏)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/26 14:56 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
母の教え給いし・・・コトバ
我が家は、それほど裕福ではなかったのだが、母は、「物を買うときには、よく吟味して、最高のものを買いなさい。高すぎて手が出ないのなら、お金がたまるまで待ちなさい」と言っていた。
い~ぐる的には、それはもっともだと納得し、なるべく実践しようと心がけている。

もちろん、心がけだけで生きていけるわけではないので、それなりにアレンジも必要である。

い~ぐる流アレンジは、「(値段に比較し、納得感が)最高のものを買いなさい」だ(笑)

もう一つ、我が家の家訓には、「苦労は買ってでもしなさい」というのがある。

こちらも、今の今までよく言いつけを守ってきた。

何という素直なよい子だろう(爆)

月日が経つのは、早いもので、気が付くと明日はレッスンである。
普通なら、今日は少し早めに起きて練習をするところだが、残念ながら10時から東京で会議があり、早朝に何もせずにバタバタと飛び出していった。

帰ってから、明日のレッスンに持っていく予定のスズキのキットバイオリン kity の魂柱を調整。

調整しなくてはいけないというわけではないが・・・、苦労は買ってでもするものである(爆)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/26 02:26 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン84回目
今日はレッスンだ。

今日の楽器は、アンダルシア君だ。
ニスを塗っていないアンダルシア君を見た先生、

「製作する人はやっぱりニスを塗る前に音の確認をするのでしょうか?」

だが、菊田さんのブログなどを見ていれば分かるように、製作者はホワイト状態で仕上がったらさっさとニスを塗るのが普通であろう。そもそも、外から削るなんてこと自体、かなりイレギュラーなので、あまり一般的とは言えないだろう。

アンダルシア君、「よく響きますね」という評であるが、「もう少し、きらきらした音が出るともっといいかも?」・・・って、きらきらした音って??

レッスンでは、まず基礎練習として、全弓の分散和音と、SEVCIK Op.8のスケール練習を行う。

バイオリンを弾くと、ワンちゃんが、うなり声を上げている?
機嫌が悪いわけではなく、どうやら一緒に歌っているつもりなのか?(笑)

左手に気を取られると、右手の運弓がおかしくなるので、右手は常に意識してしっかり弾くこと。

課題曲:ノクターン変ホ長調

まず、一通り弾く。
「曲の雰囲気はよく出ています。このあたり(カデンツァやアドリブ)もまとまりがいいですね」

だが、まとまりがいいというのと、ちゃんと弾けているというのは全く意味が違うのだ(爆)

・どんどん音が高くなるので、音程に注意。
・8分の12だけれど、4拍子を基調に弾くので、「強・弱・中強・弱」を意識する。
・ピアノの伴奏部を頭に思い浮かべながら弾く
・カデンツァのピークの音や、拍の基調となる音はしっかり出す。
・G線フォルテは弓を弦にしっかり引っ掛けて駒よりで弾く。
・ピアノになる部分は、指板よりを丁寧に弾く。

などなど、まだまだ先は長い(・・)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/19 23:14 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
音叉で調弦
今まで、調弦は電子ピアノのAの音(440Hz)で行っていたが、ふと、442の音叉を買ってみた。

今朝、音叉で調弦しようとしたのだが、電子ピアノでは、ペダルを踏んで音を伸ばして調弦したのだけれど、ここで、しばし悩む。

音叉で調弦するときに、右手を使ってフォークで膝を叩き、音叉の足を表板に当てるときれいに音がでる。

でも、これでは右手がふさがっているので、弓が使えない。もちろん、左手で音叉を叩くと、調弦ができないので、右手で叩くしかない。

左手ピチカートで音を出して調弦したけれど、これでいいのかなぁ。

普通はどうやるんだろう?

音を聞いて記憶している間に調弦するなんて技は記憶力の優れた私にはできない相談なので、もちろん却下だ(^^&)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/14 21:10 】 | バイオリン練習 | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
図書館でCDを借りる
それほど数は多くないのだけれど、町の図書館には弦楽器関係のCDも置いてある。
今日、借りてきたCDは、

プレイズ・モリコーネプレイズ・モリコーネ
(2004/09/29)
ヨーヨー・マ

商品詳細を見る


ラロ:スペイン交響曲ラロ:スペイン交響曲
(1999/08/25)
デュメイ(オーギュスタン)

商品詳細を見る

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/13 00:07 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
オレゴンからノミ
明日は9時に品川に行かなくてはならないというのに、今日の仕事がまだ終わっていない。
家では仕事をしないをモットーにしていたのだが・・(TT)。

今日、帰ったら、なにやらオレゴンから届いている。届いたものは、愛・・・ではなくて、ノミ(笑)

IMGP0294.jpg


写真はちょっと見にくいが、届いたものは、ノミの16本セットだ。
これだけの数があると、・・・・ それだけ研がなくては!(爆)

えっと、このノミたち、セットで$25ほどと驚くほど安い(送料を考えなければ 笑)

急募、簡単丸ノミ研ぎ器(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/10 02:00 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ベニア板のバイオリン、ベニア君
表板も裏板も完全ベニア板でできたベニア君がやってきた。

IMGP0271.jpg


これだけ潔いと思い切った手術もできるというものだ(^^;)

IMGP0274.jpg
IMGP0275.jpg


不思議なことに、ベニア君、魂柱を立てた形跡がない。

さて、まずは、裏板を剥がしたら、発泡スチロールを詰め込む。

IMGP0277.jpg


膠でふたをして

IMGP0278.jpg


今日帰ってから、セットアップする。

IMGP0280.jpg


弦は、ありあわせのもの、魂柱は、元々魂柱を立てた形跡のないベニア君なので、なしとする(爆)

音を出してみると、大体10dB位は小さくなったかな?
この程度の大きさになってくれると、深夜はともかく、夜でも音を出せるので、ありがたい。
音を小さくする方法として、ミュートもあるのだが、私はミュートの鼻づまりのような音が好きではない。
エレキバイオリンも持っているが、極端に重いのと、私の構え方だと、胴にに空いた穴が影響して持ちにくいとか色々と事情があったので、ミュートバイオリンが欲しいと前から思っていたところ、昨日、偶然にもベニア君がやってきたということなのだ(笑)

それでは、音を録音してみよう。曲はスズキのバイオリン教本から、バッハのミュゼットだ。

バッハ:ミュゼット(ベニア君)


この録音のためにバタバタしているところに荷物が届いた。

IMGP0281.jpg


色々と入っているが、メインは紫檀の板である。この板、端材屋さんで一枚65円で売られていたものだが、大きさ的にちょうどバイオリンの指板に合いそうだったのだ。

紫檀の指板のバイオリンもちょっといい感じかな・・と・・安いし(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/05 20:56 】 | バイオリン製作(ベニア君) | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
久々に課題曲の録音
一応、毎日練習はしているのだけれど、たまには、課題曲も録音しておこう(笑)

ショパン:ノクターン変ホ長調(アンダルシア君)

地道なスズキメソッドの練習は、メヌエット第3番ある。

バッハ:メヌエット第3番(アンダルシア君)

デュエットの録音は、結構難しい。というのは、ヘッドホンから聞こえるメトロノームを数えて入るのだけれど、ヘッドホンをしたまま弾く時になんとなく違和感があって、只でさえ音程が悪いのに、それに拍車をかけるように音程調整が難しいのだ。

これって、もしかしたら、ダイレクトモニタの音が邪魔をしているのかな?
(と、自分の音程の悪さを人のせいにしたり・・ 爆)

ところで、今日、職場に↓なものがやってきた。

SANWA SUPPLY USBオーディオ変換アダプタ MM-ADUSB2SVSANWA SUPPLY USBオーディオ変換アダプタ MM-ADUSB2SV
()
不明

商品詳細を見る


職場のPCはVISTAのノートなのだが、何しろ音が悪いのと、イヤホンジャックの場所が悪く、ケーブルが邪魔になるので、何とかしたいと思っていたところだったのだ。

いや~、奇遇ですね、何とかしたいと思ったら、こういうものが送られてくるなんて。
早速、つなげてみると、やたらと音量が大きいのでかなり調整が必要だったが、とりあえず、音も良くなった(気がする)し、ケーブルの取り回しも良くなって、めでたしだ。

もう一つ、職場に箱が・・中には本が2冊。



Stradivari's Genius: Five Violins, One Cello, and Three Centuries of Enduring PerfectionStradivari's Genius: Five Violins, One Cello, and Three Centuries of Enduring Perfection
(2006/04/11)
Toby Faber

商品詳細を見る
The Violin Maker: A Search for the Secrets of Craftsmanship, Sound, and StradivariThe Violin Maker: A Search for the Secrets of Craftsmanship, Sound, and Stradivari
(2008/04)
John Marchese

商品詳細を見る


当分、東京までの電車で読む本に困らないかも・・(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/04 19:39 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
スズキメソッドの自主練習
前からなのだけれど、い~ぐるは課題曲を弾いていると、音程もリズムも譜読みも全て怪しくて、なんとなく落ち着かないので、もう少し、しっかりと音が出せる曲を自主練習として取り入れる方がいいような気がしていた。

気がしていただけで、何もやっていなかったのだが(笑)、ここは一つと、思い立って、スズキの教本を少しずつ試してみることにする。

鈴木鎮一 ヴァイオリン指導曲集(1)CD付鈴木鎮一 ヴァイオリン指導曲集(1)CD付
(2001/09/29)
(社)才能教育研究会

商品詳細を見る


とはいっても、0からスタートするわけではないので、単に曲を弾いても面白くない。そこで、

鈴木バイオリン 合奏用第2バイオリンの第2バイオリンと併せてデュエットでの練習をするのだ(といっても、一人でMTRで録音するのだが・・ ^^;)

スズキの教本第1巻より、メヌエット第2を一人デュエット録音。
レッスンでスズキの教本をやっているわけではないけれど、レッスンでやっている曲だと、自分の演奏の落ち着いた調整ができないように思えて、こういった練習もありかな・・と(笑)

スズキの教本ならびに合奏用第2バイオリンから、バッハ:メヌエット第2(アンダルシア君で録音)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/03 22:57 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
左手の位置
今までは、ポジションを移動するときにはカケであった。まともに音程が合うことの方が少ない(爆)
ところが、先日のレッスンの時に、3rdポジションでは、左手がボディに付くと教えてもらった。
これなら、左手のボディに当たる部分をポイントとして、位置を決められる可能性が高い。
ちょっと、目からウロコかも?(← 3年半も何やってたんだか 笑)

ということで、今まで最後の方のG線レの音がまともに決まったためしのないタイスの瞑想曲を録音してみる。

タイスの瞑想曲(アンダルシア君で録音)

途中の音程の悪さは、めまぐるしく進化中(かもしれない)ということで、ご勘弁を(爆)
アンダ君の音はともかく、次の課題は、向こうが透けるほど毛が薄くなっている、弓の毛替えかも(^^;)


今日は、赤坂で会議があり、その後、駒込に仕事があり、先ほど帰ってきたが、これだけの距離を移動すると往復で丸々一冊本が読めてしまう。

今日の読書は

ミュージック・オブ・ハート―シナリオ対訳ミュージック・オブ・ハート―シナリオ対訳
(2000/09)
パメラ グレイ

商品詳細を見る


小学校でバイオリンを教え、予算削減でクラス廃止の危機の中、さまざまな奇跡的な出会いで、全米から寄付を受け、クラスを続けるだけでなく、スターンやパールマン、ミドリなどを巻き込み、カーネギーホールでの子どもたちとプロの演奏家とのコンサートまで行った熱血教師ロベルタの自叙伝。

彼女が触発されたのが、ホノルルで見学したスズキメソードの子どもたちだったというのも日本人としては○(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/02 23:17 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
デュエット練習
といっても、例によって、一人デュエットだが(笑)、朝練の時に、録音してみた。

楽器はアンダルシア君である。


まずは自分で編曲したサティーのジムノペディから。
サティー:ジムノペディ

次に、バロックのデュエット楽譜Easy Baroque Duets for Violinより、
テレマン:ブーレ

演奏はともかく(^^;)、アンダ君の音、い~ぐる的には気に入っている。一般的にはどうなのかはよく分からないけれど、こんな調子で、安物楽器を調整する経験を何台か積めば、製作へのヒントも見えるかなぁ?などと思ったりして・・(←楽観主義者)

ところで、今日は、い~ぐるの元に、ヤフーオークションから、
「おめでとうございます!商品・・・を落札しました。」などというメールが・・
あっ、そうか、今日はエイプリール・フールなのか。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/01 21:29 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |