FC2ブログ
今日のeagleは昨日のeagleではない・・
先日、裏板を外してメンテナンス中のキット一作目のeagleであるが、昨日の夜に裏板の再調整と横板の調整を行った。

裏板は、アッパーバウツのあたり、振動しやすいように板厚のパターンを調整。タップトーンはD#くらいかな?

それに加えて、板の端の方の彫りこみを少しなだらかにしておく。

横板の調整だが、サンドペーパーを板に貼り付けて、平面を削りだす。

IMGP0212.jpg


実際に削ると、なぜかCバウツあたりの横板がやたらと削れる?なぜかC部分だけが板の幅が厚いのである。どうやら、2度にわたる裏板の接着強度不足の剥がれはこんなところが影響しているのかも?

IMGP0213.jpg


平面が大体出たところで、ブロック部分にたっぷり膠を塗って、スプールクランプで板をとめる。
残りの部分は、スプールクランプを緩めたところにパテナイフで膠を流し込む。

IMGP0215_20080312201228.jpg


と、ここまでが昨日の作業。
今朝の朝練では早速クランプを外してセットアップしてみた。

例によって、周波数特性の測定から。上が今日の特性で、下が2月14日の特性だ。
(もっとも、魂柱の位置も駒の位置も変わっただろうから、なんともいえないが・・)


3月12日のeagleの周波数特性
eagle-20080214.png


参照音源を・・



少しレゾナンス感が上がったような・・・気がする・・(爆)

例によって他のサンプルも録ってみた。

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/12 20:26 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |