FC2ブログ
アンダ君、裏板を(まだやるのかと)削る
もう止めようかと思いながら、眺めていると削りたくなるのだ(笑)

andalucia-20080331.png

andalucia-20080328.png


ただ、もう微調整の段階になっているので、特性上はほとんど差が出ない。



今朝の朝練では、アンダ君を使って、一人デュエットを再び試みる。

曲は、スズキの教本第2巻から、ヘンデルのブーレである。デュエットの第2バイオリンは、鈴木バイオリン 合奏用第2バイオリンをもちいる。


ヘンデル:ブーレ(3月31日 アンダルシア君)

アンダ君の音は、バロック時代の曲に良く合っている?気がするので、もう一曲

バッハ:ロンド風ガボット

ついでに、
エンデュランス ワルツ(アンダルシア君)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/31 22:19 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン83回目
今日は83回目のレッスンだ。今度の先生は、土曜日にレッスンが設定可能なので、少しスケジュールが楽になった。
朝、例によってアンダ君も削ったのだが(笑)、今日のレッスンに使うeagleを弾いてみると、もう少し低音側にしまりがある方が好ましいかも?と感じたので、魂柱を1mmほど動かしてみる。狙ったとおりの効果が得られ、満足しながら朝練をする。時間がないので、あまり多くの練習はできないが、魂柱を移動した音を残しておこうと、とりあえず録音。

バッハ:メヌエット第1番 (20080329 eagle)

時間がないからとりあえず録音するのが、何で、MTRでデュエットなんだよという意見もあるだろうが、まぁ、人生にたまには遊びは必要なのだよ(笑)

土曜日は交通の流れがどうなっているか見当がつかないので、とりあえず、1時間半前に家を出る。往路は思ったよりもスムースで20分前についてしまう。いくらなんでも早すぎるので、近くをふらふらと歩き、コンビニでおやつを買ったりする。

先週と楽器が変わったので、レッスンの前に先生に見てもらう。eagleのニスの色がきれいと好評だ。(これ、床用のセラックニスなんですが・・ 笑)

ちょっと弾いてもらうと、
「弓、松脂をちゃんとつけたほうがいいですよ。」ということだ(^^;)

「はっきりした音で、イタリアンな感じですね~、ハイポジションが弾きやすい」

松脂を付け足して(笑)、レッスン開始だ。

調弦をして、分散和音である。

「とても、きれいに弾けています。これはもういいですね」

と、とりあえず次に行くことに。でも、このパターンはずっとやっておいてくださいと言われていたんですが・・ 家での練習でやっておけばいいか。

SEVCIK Op.8 No.17 ポジション移動の練習。3rdポジションの時には手を楽器につけるようにすると安定するとのこと。3rdポジションってどれだか知らなかったが、これの3小節目では3rdポジションが出てくるらしい。(こんな曖昧な理解だから、全く応用は利かない(^^;)

課題曲:ノクターン変ホ長調

まずは通しで弾く。前回ゆったりとした感じでという指示があったので、流れを意識して弾く。

「雰囲気は良く出ていますね、重音のところもちゃんと弾けています」

ということで、今日は後半から詳細チェック。
34小節目のカデンツァのところから。6連符の頭の音が3度ずつ動いているので、それを意識して弾くように。音の粒がそろうまではスラーにあまりこだわらず、まずはしっかり弾くこと。音が上がっていく頂点の音をはっきり響かせる。後半、半音階で上がっていくので、この音程を確実に取らないと、35小節目の音が生きてこない。

28小節目のagitato、咳き込むようにという意味で、はっきりした音を出す。

28→29小節目、運指を変更。

31小節目のフォルテシモ、はっきりした音を出す。

31小節目の32分休符の後ろの音はその後ろのソにくっつくように弾く。

25小節目の、グリッサンドの後の音も何か指摘を受けていたけれど・・忘れた(^^;)

前半に戻って、11小節目と19小節目のスラーのスタッカート、全体がゆったりした曲なので、スタッカートはあまり歯切れよく弾かず、長めの音を出す。

他にも色々あったような気がするけれど、録音でもしないと覚えきれないデス(^^;)

帰りは、道路が大渋滞。なんで、土曜日に西に向かう車がこんなにいるんだ?
家に帰るまで2時間もかかった。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/29 16:10 】 | バイオリンレッスン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
なんとなく、Kristal
MTRソフトのKristalであるが、師匠から遅延が大きくて使えないと連絡が・・
私のところでは問題ないので、ちょっと調べたら、
ASIO対応のドライバでないと、遅延が大きくなり、MTRとしては実質使えないらしい。
どのくらい遅延するかというと、状況にもよるけれど、(入出力合わせて)最大0.4秒ほどということだ。

0.4秒の遅延ってどんなの?と疑問に思う方は、是非、お手軽実験をしてみて欲しい。
実験方法は、携帯電話越しの合唱である。
短いフレーズでよいので、友人と携帯電話越しに合唱してみると、この遅延の感触が分かるはず。

じゃぁ、ASIOを使うと、どうなるかというと、遅延が10mS(0.01秒)程度まで減るのだ。
人間の耳は訓練された人では2mS程度まで聞き分けるそうだから、10mSは大きすぎるという人もいるかもしれない。もし、そういう人であれば、残念ながらパソコンMTRの利用は難しい。

私はというと、全く、そんな聞き分けはできないので(^^;)、ASIO経由で快適に利用できている。

ASIOドライバがメーカーから提供されていない場合にも、ASIO4ALLというスペシャルソフトがASIOを一般のオーディオデバイスにもASIOを提供してくれるので、心配ない。
ASIOはMTRだけでなく、一般の音楽再生の音質もあげるようだ。(といっても、対応するソフトだけだが) パソコンからの音質が悪いと感じる人は、ASIOを導入して、Winampなどの対応ソフトで聴いてみると(もしかしたら)幸せになれるかも?

ASIO4ALLとKristalの関係だが、ASIO4ALLをインストールしただけでは、い~ぐるのところでは入力デバイスにASIOを指定できなかった。ASIO4ALLのパネルを開いた状態でKristalを起動することで、入力デバイスの選択肢にASIO4ALLが現れた。ところが、不思議なことに、一度、Engine->Preference->Audio SetupでASIO4ALLを指定すると、次からはパネルを開かなくても動いている??まっ、いいか(笑)

今朝の朝練で、確認のため、Kristalを使い、一人デュエットの録音をした。

kristal.png


バッハ:Loure(20080328 アンダルシア君の一人デュエット)

時間が前後するが、朝、音を出せる時間の前に、やっぱりアンダ君の裏板を削った(笑)

andalucia-20080328.png
andalucia-20080327.png




テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/28 20:27 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アンダ君、裏板を(これでもかと)削る
気がめいる仕事が増えてくると、息抜きが必要である。
そんなときには無心に木を削る。

無心に削るので、あまり音のことを考えず(ぉぃ)、外見中心に削る。
今日の削りは、裏板のCからアッパーにかけてで、なだらかにまとまりよく見えるように削った。

IMGP0259.jpg


一応、音もチェック。上が今日のアンダ君、下が昨日のアンダ君だ。

andalucia-20080327.png
andalucia-20080326.png


僅かな修正なので、特性上もあまり大きな変化はない。けれど、弾くとなんとなく高音域がよく響くようになった(気がする)。



例によって、ついでに

イニシア

このところ、イタリア・ヴァイオリン・ソナタ集を聴いているが、ヴィタリのシャコンヌ、いいねぇ~ いつかは弾きたいリストに入れているんだけれど、いつ手をつけるかな(笑)

イタリア・ヴァイオリン・ソナタ集(再プレス)イタリア・ヴァイオリン・ソナタ集(再プレス)
(2008/01/31)
アルムッツィ(ガブリエッラ)

商品詳細を見る


テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/27 21:46 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ブラバンCD
モストリークラシックの記事に、ブラバンのCDが大ヒット中というのがあった。

ブラバン!甲子園ブラバン!甲子園
(2007/06/27)
東京佼成ウインドオーケストラ

商品詳細を見る


い~ぐるが行っていた高校では、在学中に甲子園に3回行くなど野球が盛んで、ブラバンの連中もコンクールと応援で忙しそうであった。

い~ぐるはマンドリン部であったが、ブラバンのコンクールにトラとして、コンバスで参加したこともあるし、音楽サークルの中でブラバンだけ予算的に優遇されているのには腑に落ちない気持ちもしていたが、それは、それ、音楽やっている同士である。お互いに張り合いながらも楽しい日々であった。


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【2008/03/27 06:30 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
アンダ君、裏板を(しつこくまたまた)削る。
もう板を削るのは止めようと思っていたアンダ君だが、裏板のカーブを見ていて、もう少し削れるし、その方がカーブの感じが良くなるかも?と思い、しつこくまたまた削ってみた(^^;)

andalucia-20080326.png
andalucia-20080325.png




朝練では、土曜日に迫った次のレッスンに向けて、課題曲も練習する(←当たり前だろ)。
次のレッスンには第1作目のキットバイオリンeagleを連れて行くつもりなので、課題曲の練習はeagleで行う。seesaaのブログがMP3もアップできると分かったので、とりあえず、お試しにアップ。
(音源アップのお試しなのであり、当然ながら演奏は・・なので、勇者限定だ)

ショパン:ノクターン変ホ長調 (eagle)

今日、仕事関係の知人からコンサートのパンフレットをいただいた。
scan0001_20080326213525.jpg


アマチュアの弦楽アンサンブル 音の杜 あおばのコンサートで、予約制だが入場料は無料とのことだ。曲目も面白そう。

でも、残念ながら日が悪い!
5月25日は池袋に行くつもりなので、せっかくパンフレットをもらったが残念だ。

あおばのページのメンバー募集を見ると、

◆入会条件◆
・一年以上の楽器演奏経験がある方で、現在楽器を所有されている方
・現在レッスンを受けている、またはこれから受けようと思っている方
・当楽団の活動に興味があり、積極的に練習・運営に参加、協力していただける方
・年齢制限はありません(ただし未成年者の場合は保護者の方の同意が得られる方に限らせていただきます)
・オーディションなどは一切ありません。アンサンブルを楽しみたいという方ならどなたでも
 ご参加いただけます。

う~む、この条件なら、い~ぐるだって参加可能かも・・あ、でも3番目がNGか(^^;)
気が向いたときにだけ、自由に参加できるアンサンブルってないものですかねぇ~(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/26 21:45 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アンダ君、裏板を(さらに)削る
昨日の朝練で弾いた感じでは、まだ削っても大丈夫かも?と思ったので、昨夜、もう少し(というか、結構な量)削りを進めてみた。スクレーパーの歯を付け直しての削りなので、かなり気合が入っているかも(笑)

IMGP0258.jpg


今朝の朝練では、早速、周波数分析を・・
andalucia-20080325.png

andalucia-20080324.png


はっきりいって、よく分からない(爆)

音は確かに変わったが、良くなったのかどうかも?である。



弾いた感じは響くようになった気がするから、まぁよしとしよう(^^;)
やはり、これ以上の調整は組みあがって弦を張ったセットアップ状態では追い込めないかなぁ・・

ベンチマーク用音源は



ついでに、

サリーガーデン(アンダルシア君)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/25 21:03 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アンダ君、裏板を削る
先日、eagleの裏板の再調整をしてからというもの、eagleはかなり響くようになった気がする(←当社比)。

そうなってくると、他の子たちの響きが少し物足りなくなるから不思議だ(^^;)。

振動の大部分を出しているのは表板だけれど、裏板は共鳴に大きな役割をしていて、Wakeなどはハッチンスの昔の記事に従って、タップトーンを表より半音上にチューニングする。ハッチンスはその後、表と裏を合わせるように変えたようだ。eagleは、表と裏のタップトーンはほぼ同じとなっている。もちろん、タップトーンは振動の一部のモード(しかも、フリープレート)を表すに過ぎないので、多くの音域で共鳴するには、さまざまなパーツの振動特性をあわせこむ方がよいはずだが、細かなことにはこだわらない(爆)。

ところで、再調整するとなると、よく使っている3台のうちのeagleをのぞく誰を調整するかが問題だが、kityは塗装されているので、再調整には、裏板を外し、内側から削りを調整することになる。これに対して、セットアップ状態の外側から調整しているアンダルシア君ならば、板を外さずに削ることもできる。もちろん、板を外さないと、フリープレートのタップトーンは測れない(←当たり前)だが、板を外さずにささっと調整できる手軽さには変えられない(^^;)。

ということで、アンダルシア君の裏板を削る。

IMGP0257.jpg


自分で削っていてなんだが、この子は、よくもこう、丈夫で分厚く板を作っていてくれたものだ。中国でこの子を作ってくれた人に感謝しなくちゃぁね~(笑)。

今朝の朝練で、例によって、周波数解析と比較用音源の録音を試みた。
上が今朝のもの、下が3月1日のものである。

andalucia-20080324.png
andal-20080301.png


高音側の音圧レベルがかなり向上しているのが分かる。弾いた感じでは、前よりも響く気がするが、まだまだeagleに比べたら響きはおとなしい。完全調整するには、板を外して、あわせこむ必要はありそうだが、他に比較するものがなければ、この状態でもかなり好みの音色に近いかも?

例によって、比較音源である。



ついでに、ベンチマーク比較用のDouble



音源、波形の3月1日と24日の違いが分かるように、並べてみたが、わかるかなぁ・・(←自分が一番分かっていないかも 爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/24 21:29 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Mostly Classic到着
ようやくアマゾンに発注していた雑誌を入手できた。MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2008年 05月号 [雑誌]

IMGP0254.jpg


あれ?隣にあるのは・・
イタリア・ヴァイオリン・ソナタ集(再プレス)イタリア・ヴァイオリン・ソナタ集(再プレス)
(2008/01/31)
アルムッツィ(ガブリエッラ)

商品詳細を見る


不思議だなぁ、どこからこのCDが沸いて出たんだろう・・(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/24 20:59 】 | バイオリンの本 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
待つほどに・・
先日の広島出張で見かけながら、アマゾンで予約しているからとあえて買わずにいたMostly Classicだが、未だに入手できていない。「じゃけぇ、なにやっとんじゃ、われ~」と広島から帰ったばかりのい~ぐるは毒づきたくなるのであるが(あっているのかな、広島弁 笑)、先ほどようやく発送しましたメールが来た。

だが、家に送られても受け取りが難しい私は、アマゾンの送付先は職場にしているので、職場が休みの時には受け取れない(^^;)。

なかなか世の中うまく行かないものだ。

ところで、郵便といえば、今日、特別と書かれている郵便物が来た。

IMGP0240.jpg


巷で話題の、「ねんきん特別便」というものだ。

なんだかね、こう、5000万件の中にあなた結びつく可能性がある云々とか書いてあるんですよ。

これって、「おめでとうございます。あなたは5000万人の中から選ばれました」などと掛かってくる電話とめまいがするほど似ている(爆)。

もっとも、前に、「年金番号に結び付けられた年金はありません」という手紙が来ていたので、それに比べると、少なくとも今の職場の記録は載っているようだ。

でも、前の職場(この木何の木の○立製作所)の記録は載っていない。○立製作所の総務が年金を着服していたのか?(まぁ、さすがにそれはないだろうが)

それで、この手紙、私に一体何をどうしろというのだ?

そもそも、気に入らないのが、
「記録が変われば年金支給額が増える可能性が高いので・・」という記述だ。
お前らが勝手にミスったのであって、支給額が増えるのではなく、本来の額になるだけだろう!?
なんて毒づきながら、年金手帳なんてどこにあるのか分からないし、どうしたものですかねぇ・・

年金払わないという選択肢があれば、自分で積み立てたほうがずっとましだと思う、今日この頃である。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/22 21:08 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
日本郵便の不在配達通知
夕べ、出張から帰ったら、郵便受けに不在配達通知が来ていた。郵便局は朝の8時から受付が始まるので、今朝、不在配達通知を持って荷物の受け取りに行ったが、「もう配達に出てしまって、行き違いみたいです」といわれ、受け取れなかった(^^;)。

仕方がないので、夜に再配達してもらうようにお願いし、家に戻った。

今日は中学・高校の時の同級生夫妻が2年ぶりにアメリカから帰国するので、休みを取って彼ら夫妻と歓談。色々な道具やら作業しかかりのバヨ達を見て、「い~ぐる君、忙しそうだね~」、「うん、仕事している暇がないんだ」

夜になって、荷物が到着した。
IMGP0234.jpg

端の方を開けて、取り出そうと、包みを斜めにすると、何かが左手親指に当たる(イテッ)。
IMGP0236.jpg

到着したのは、こんなもの↓
IMGP0235.jpg
IMGP0239.jpg


歯をむき出しで入れておくのはやめましょうy(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/21 23:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Mostly Classic
菊田師匠の記事が出るという雑誌 Mostly Classicの5月号、
MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2008年 05月号 [雑誌]
アマゾンで予約していて、発売日の21日には発送されるはずである。

今日は、広島で帰りの電車の時間までうろうろとしていて、電話帳で見つけた楽器屋に行ってみた。そこは、思ったよりも大きな楽器屋で、クラシックのバイオリンピースやピアノピースだけでなく、オーケストラ用のポケットスコアなぞも置いてある。
前から気になっていた、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」のスコアも置いてある。
オイレンブルクスコア ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ (オイレンブルク・スコア)オイレンブルクスコア ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ (オイレンブルク・スコア)
(2006/05/22)
ラヴェル

商品詳細を見る


実は、バイオリンソロ用に編曲できないかなと思っていたのだった。ただ、スコアはやはりメロディーパートを探すのが面倒だなぁと思いつつ、解説を読むと、元々ピアノ曲だったらしい。
ならば、ピアノピースの方が曲のアレンジはしやすいかも?と、ピアノの棚に移動。
全音のピアノピースを探したが、見つけられず(後でアマゾンで検索したらあったので、単に探し方が悪かっただけらしい)、ショパンの楽譜が見つかる。
亡き王女のためのパヴァーヌ - 水の戯れ

編曲用に買ったのだけれど、このくらいなら、頑張って練習すれば、ピアノでも弾けるようになるかな?(←楽観主義者)

バイオリンの棚には、楽譜のほかに、DVDなどもおいてあり、
「究極のヴィルトゥオーゾテクニックを披露」などと書かれた、木野雅之ヴァイオリンレッスンなどというDVDも置いてある。
DVD CGVD-1013 木野雅之ヴァイオリンレッスン ヴィルトゥオーゾテクニック「巨匠からのメッセージ」
二枚組みで、模範演奏も5曲入っている。
教本で絵を見るだけよりも、動きのあるDVDの方がよく分かるのは間違いないだろう。
木野氏はギトリス爺ちゃんにも師事しているそうだが、あの弓使いが解説されているのだろうか?(^^)


などと、色々と楽譜コーナーを回っていたが、ふと、雑誌コーナーを見ると、
MOSTLY CLASSICの5月号が置いてある!
げげ、発売日は明日なのに・・・しかも、予約しているのに・・
つい、手にとってしまったが、予約しているのでチラッと眺めただけでぐっと我慢して棚に戻す(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/20 22:35 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
合奏
スズキの教本に、合奏用第2バイオリンという楽譜がある。
鈴木バイオリン 合奏用第2バイオリン:Vol.1~Vol.3の楽譜からバッハなどセレクトされた曲を収録

この教本の第2バイオリンと、スズキの練習曲より、昨日、合奏録音をしてみた。
ステレオで録音したものをアップするのに、書庫はもうすでに書き込めない状況なので、フォトログのサイトにアップした。

第1バイオリンは、eagleで、第2バイオリンはアンダルシア君での録音である。

ここで、Kristalの操作メモ
・録音するトラックの録音ボタンを押して入力可能状態とする。このとき、入力デバイスを設定する。
・2本のマイクが使えるときには、一人で行うパート録音でも2本のマイクを使って2チャンネルで録音する。
・ミックスダウンは、Mixerウィンドウで行うが、パン調整をちゃんとすること。上のように、パートごと2本ずつ録音した場合には、遠い側のマイクを少し中央よりに定位させる。
・録音の開始はプリカウントのメトロノームに合わせて出るといい。
・メトロノームは♪ボタンを押すことでON/OFFの切り替えができる。
・波形ファイルを出力するときには、ファイルメニューからExportを選択。
・格納する波形の範囲は、スケールの上に、コントロールキー+マウスボタンで設定。
・マウスボタンによって、選択した範囲をファイルメニュー⇒エクスポートで出力
・32ビットは浮動小数点形式なので、これをサポートしているソフトでしか使えない。
・などなど


水曜日は広島の田舎の方で会議があるが、会議が10時から5時過ぎまでなので、その日のうちにはつかないし、終わって飛び出してもその日のうちには帰り着かない。2泊するのもなんなので(笑)、行きは高速バスにする。出発は前日の夜なので、うっかりしているとすぐに出かける時間になりそうで、明日は要注意だ。バイオリンを持っていきたかったが、バスだと荷物は減らさないと大変だので、残念だが今回は持たずに行こう(って、何しにいくんだか・・ 笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/17 23:24 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
クラシックつながり
青柳いずみこさんの「ボクたちクラシックつながり」という本を読んだ。

ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書 622)ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書 622)
(2008/02)
青柳 いづみこ

商品詳細を見る


この本、のだめの解説本のような構成であり、出てくる曲や音楽家の生活を筆者の視点から(や不足する分は友人に意見を求め)、解説をしてくれる。
のだめ好きなら、あっという間に読める本なので、さらっと一読するのもいいかも?

のだめ、20巻も出たデスね。
のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)
(2008/03/13)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/17 02:12 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
駒交換後の試奏
昨日は出張の後の会食が遅くまでに及び、帰ったときにはブログをアップする余裕はなかったので、一日遅れの試奏結果記事だ。まず、例によってA線開放弦の周波数分析。

eagle-20080314.png
3月12日のeagleの周波数特性


低周波領域はあまり変化がないが、駒の高さと重さを減らして(というか、以前の駒に戻して)いるので、5KHz以上の音圧が上がってきた。これは、Fry教授論によればよい傾向だ(←彼の理論が正しいのかは不明だが 笑)

次に参照用音源



さらに、ついでの録音。


この一連の作業で、キットバイオリンeagleの残りの懸案項目は、指板裏の彫りこみ調整くらいになったハズ。指板裏というのは、eagleの指板は売られている状態ほとんどそのまま取り付けているので、裏からの彫りこみが少なく、振動を抑える可能性があるのだ。(←いつやるんだ 笑)。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/15 07:05 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
駒の交換
以前、先生から「もう少し高めの弦高の方が弾きやすいかも」といわれて、多少高めにしていたeagleであるが、ハイポジションで他の弦の音が出やすく、やはり、標準弦高に戻すことにした。
元の駒は残してあったので、少し弦を緩めて、二つの駒を並行に置いたところで、今の駒を倒すように外すと、自動的に前の駒に弦が乗るので、位置調整と音程調整をして完了だ。

といっても、夜になって音は出せないので、軽くチューニングしただけだけれど、これで弾きやすくなる(はず)。

明日の朝練が楽しみ。
(明日は東京出張直出なので、朝は少し時間があるのだ 笑)

今日、職場に二冊の本が届いた。
F. J. Fetis: Notice of Anthony Stradivari - the Celebrated Violin Maker.F. J. Fetis: Notice of Anthony Stradivari - the Celebrated Violin Maker.
(2006/01)
Francois Joseph Fetis

商品詳細を見る
The Violin Maker: Finding a Centuries-old Tradition in a Brooklyn WorkshopThe Violin Maker: Finding a Centuries-old Tradition in a Brooklyn Workshop
(2007/04)
John Marchese

商品詳細を見る

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/13 23:15 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日のeagleは昨日のeagleではない・・
先日、裏板を外してメンテナンス中のキット一作目のeagleであるが、昨日の夜に裏板の再調整と横板の調整を行った。

裏板は、アッパーバウツのあたり、振動しやすいように板厚のパターンを調整。タップトーンはD#くらいかな?

それに加えて、板の端の方の彫りこみを少しなだらかにしておく。

横板の調整だが、サンドペーパーを板に貼り付けて、平面を削りだす。

IMGP0212.jpg


実際に削ると、なぜかCバウツあたりの横板がやたらと削れる?なぜかC部分だけが板の幅が厚いのである。どうやら、2度にわたる裏板の接着強度不足の剥がれはこんなところが影響しているのかも?

IMGP0213.jpg


平面が大体出たところで、ブロック部分にたっぷり膠を塗って、スプールクランプで板をとめる。
残りの部分は、スプールクランプを緩めたところにパテナイフで膠を流し込む。

IMGP0215_20080312201228.jpg


と、ここまでが昨日の作業。
今朝の朝練では早速クランプを外してセットアップしてみた。

例によって、周波数特性の測定から。上が今日の特性で、下が2月14日の特性だ。
(もっとも、魂柱の位置も駒の位置も変わっただろうから、なんともいえないが・・)


3月12日のeagleの周波数特性
eagle-20080214.png


参照音源を・・



少しレゾナンス感が上がったような・・・気がする・・(爆)

例によって他のサンプルも録ってみた。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/12 20:26 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
のだめ20巻もうすぐ発売
月日の経つのは早いですね。

のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)
(2008/03/13)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


もう一つ、予約のお勧めは、モストリークラシック(雑誌)

MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2008年 05月号 [雑誌]MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/03/21)
不明

商品詳細を見る


あの、チャイコフスキー国際音楽コンクールバイオリン製作部門優勝者の菊田師匠のインタビュー記事が出るそうです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/11 11:28 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン82回目:新しい先生
今日から、先生の産休期間の代理をしてくれる新しい先生のところでレッスンである。教えてもらった住所まで地図ソフト(Super Mapple Digital Ver.8 全国DVD)を見てルートを検索し、ポイントとなる部分の地図を印刷して家を出る。
思ったよりも道は分かりやすく、ほとんど迷わずに到着。(帰りは曲がるところを間違えたが 笑)

今日は花粉症がひどく、初対面のお宅にお邪魔するにはよろしくないが、そんなことを言っていられないので、ハンカチを2枚用意していった(^^;)。

駐車場があるという話だが、よく分からないので、とりあえず、空いているところに車をとめて先生宅へ。玄関に入ると小さな犬が出迎えてくれる。犬の名前は判らないのだが(^^;)、ヨークシャーテリアっぽい感じの小型犬である。「犬、大丈夫ですか?」と、今、面倒を見る人がいないので、レッスン室でも犬と一緒ということだ。い~ぐる的には害のない動物は大抵大丈夫なのだ。

レッスンの引継ぎはあまりされていないようで、お互いに手探り状態でレッスンを進めた。
まずは、前からやっていた全弓の分散和音であるが、音程は修正が入ったが(^^;)、「ボーイング、いいですね」と褒められた。やはり、この和音を弾くとき(ダケ?)はまともなボーイングになっているのだろう♪

ポジション移動の練習はピアノでガイドしてくれたので、時々あれ?と止まりながらも進める。

と、足元にこそこそ近づいてくるものが・・さっきの犬が臭いを嗅ぎに来た(笑)

レッスンに戻って、ハイポジションで弾くときには弓を駒よりにしたほうが大きな音が出るのでいいとのことだ。「左手も指が良く伸びているしいいですよ」ということで、音程以外は(爆)、あまり大きな問題はなさそうである。

次に、課題曲である。「名曲集なんですね~」・・教本を使っていないので・・などと説明しつつ準備。

前回、一通りの譜読みはしたのだが、カデンツァやアドリブなどはまだ全然だめだし、ボーイングや指使いも弾いていると疑問が生じるので、いくつか質問しながら課題の解決を図る。
ほとんど似たようなフレーズで、最初に出てくるフレーズではスラーとスラーの間に独立した1音があり、次のフレーズではスラーがその音にまで掛かっているので、前もスラーを伸ばした方がいいのかも?と思ったが、先生は、「この編曲者がこの音でたっぷりとritをかけるつもりだったのだろうから、このままで行きましょう」だ。

カデンツァのところを弾いたとき、「このところで、呼吸しましょう。」呼吸は大切である、息ができないと・・

このほか、カデンツァの部分では、「音の粒をそろええる」、「整理整頓する」が課題だ。

「整理整頓」って??

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/10 23:41 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
郵便配達は二度?
ちょっと留守をした時に不在届けが入っていた郵便物を取りに郵便局まで出かけた。
帰りに、近くのスーパーの駐車場で朝市を行っているのを見かけ、もしや面白いものがあるかも?とぐるっと回ってみたが、物欲の薄い私には、全く心惹かれるものがなかった。

帰ってから明日のレッスンに備えて、バイオリン練習をするが、ふと、何か気になると裏板を見ると、

IMGP0207.jpg


なんと、はぎ合わせがはがれてきている!?
さらに、エンドピンあたりにも、剥がれが生じている。

IMGP0208.jpg


練習は一旦中断して、裏板をはがすと、ライニングもおかしい。

IMGP0209.jpg


修理のため膠を湯煎して・・・と、そこに「日本郵便です」と郵便屋さんである。
昔なら日曜日に配達なんてなかったかも?民営化のご利益かな?到着した品物をバヨの支えにして(^^;)、クランプを留める。

IMGP0210.jpg


膠は一日経たないと固まらないし、他にやることはたくさんあるのだが、とりあえず、ライニングの仕上げ処理が気に入らなかったので、トリミング。

バイオリンの胴は共振器として、弦の振動を増幅する。
共振器の良さの尺度にQファクターというのがある。
これは損失を下げるほど高い数値となって、良い共振器であることを示す。
損失は色々なところで発生するが、特に、不連続な領域で生じる。
そこで、ライニングは取り付けた後、横板に溶け込むようになだらかにエッジを削るのだ。

IMGP0211.jpg


テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/09 20:52 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
一人バイオリンデュエット
最近、多くのソフトウェアが私のディスクトップマシンのOS(Windwos98)では動かなくなりつつある。8年もののこのマシン、重いOSではまともに動きそうもないので、使える範囲で使ってきた。

しかし、先日、MTRソフトのクリスタルが思うように動かなく、多重録音を断念したあたりから、やはりWindows98はもうだめかも?と思い始め(←遅い 笑)、このマシンで新しいOSで十分動くのかと考え始めていた。

ネットをうろうろしていると、どうやら、XPへのアップグレードは駄目な場合にはアンインストールで戻せるらしいと分かり、駄目なときに戻せるならやってしまえと、昨夜アップグレード(い~ぐるは、ノートPCのOEM版の他に正規版のXPを持っている)。

ただ、そのままでは、メモリ容量的に厳しいのは目に見えているので、あちこち手を入れて、メモリ使用量を極限(?)まで落とした。

system-mem.png


起動直後で63.5MBである。ここまで落ちれば、320MBしかメモリのないこのマシンでもそこそこ動くだろう。

ということで、今朝の朝練では、早速バロックの2重奏楽譜から多重録音を試す。

Music Pastime (20080305 アンダルシア君で録音)

え~っと、あれ?おかしいな、OSを変えてソフトはスムースに動くはずなんだけれど・・・(爆)


今日、職場にアマゾンから、

名器の響き ヴァイオリンの歴史的名器(再プレス)名器の響き ヴァイオリンの歴史的名器(再プレス)
(2008/01/31)
アモイヤル(ピエール)

商品詳細を見る


こんなCDが届いた。アッカルドのクレモナものも持っているが、
名器の響きといえば、ついついポチっとしてしまう(^^;)

The Violins of CremonaThe Violins of Cremona
(2002/10/07)
Fritz Kreisler、 他

商品詳細を見る



ところで、無量塔蔵六のヴァイオリンを読み終わった。

ヴァイオリン (1975年) (岩波新書)

30年以上前の本なのに、その時間を感じさせない面白さがある。
もっとも、扱う話題がヴァイオリンだから、30年なんて極最近のことではあるデスね(笑)
著者の名前、どう読むんだろうと昔から謎だったが、奥付に振り仮名がふってあった。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/05 19:54 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリン演奏者情報のページ作成中
よく聴く演奏者の情報をまとめて、

よく聴くヴァイオリン演奏家たち

というホームページを作成してみた。

作りながら思ったのだが、これって、録音が残っている主要なバイオリニストたちを網羅して、資料的なページにしてもいいかも?

もう少し色々と試したいこともあるのだけれど、とりあえず、現状で公開(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/04 21:47 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バロック曲で合奏
私は、凝りにこった現代曲よりも、シンプルなバロック時代の曲が好きだ。
(難しい曲は弾けないというのもあるのだが 笑)

また、楽器演奏において、合奏の楽しみは極上のものである。
バロックの曲の合奏楽譜として、↓のように安価なデュエット楽譜も売られている。

Easy Baroque Duets for ViolinEasy Baroque Duets for Violin
(1999/07)
Betty Barlow

商品詳細を見る


また、スズキメソッドで習われているのであれば、次の楽譜も使い勝手がよい。

鈴木バイオリン 合奏用第2バイオリン:Vol.1~Vol.3の楽譜からバッハなどセレクトされた曲を収録鈴木バイオリン 合奏用第2バイオリン:Vol.1~Vol.3の楽譜からバッハなどセレクトされた曲を収録
(1998/12/10)


商品詳細を見る


だが、一人では合奏はできない(←当たり前だ)ので、MTRなどで一人合奏でも・・と思ったが、MTRのソフトがうまく動かなかったので、とりあえず、1stパートだけ弾いてみる。

Kings March (20080303 アンダルシア君で録音)

また、これらの楽譜の曲ではないが、ついでに、以前トライしたモツァルトも一曲。

モーツァルト:ディプロメント No.17より、メヌエット(20080303 アンダルシア君で録音)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/03 23:41 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
キツツキノキキラレル
先日、きつつきが来ていた松の枯れ木が切られてしまった。
IMGP0132_20080302220306.jpg


切るときに居合わせたら、松の材木ストックを増やせた・・・かな?(笑)

切り株を見ると、バヨには木目が粗すぎるのだけれど、パイン材の代わりにエレキギターのボディに使うなどしても面白いハズ。

おっと、忘れるところだったが、我が家のベランダには、去年同じように切られた松を一切れもらってきたものが転がっているのだった(^^;)

ベランダで風雨にさらして、数年後には程よく乾燥することだろうが、一切れといっても、一抱えもあるので、どうやって加工するつもりなのか・・(←自分)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/02 22:17 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Fry教授の場合・・
先日ブログ記事にした、ウィスコンシン・マディソン大学のFry教授の論文だが、ポイントを整理すると、
1)バイオリンの発音音域を3つに分ける
 ・低周波領域(200-1000Hz) : breathing mode
 ・中間領域(2000-5000Hz) : rocking mode
 ・高周波領域(>5000Hz) : tweeter mode
2)三つの領域の中で重要なのは高周波領域であり、この発音を大きくするべき。
  特に、中間領域は低めに抑えたほうが良い。
3)魂柱付近の表板の木の繊維が力木とあまり連携しないこと。

などであり、これを満足するように表板の厚さを調整するらしい。

スクロールを調整中のアンダルシア君であるが、今日も、スクレーパーを片手に調整した。
IMGP0128_L1.jpgIMGP0129.jpgIMGP0130.jpg


せっかく、スクレーパーを持ったので(?)、ついでに表板をFry教授の意見を参考に削ってみる。
削るのは、↓あたり。
IMGP0131.jpg


パーフリングが切れ切れになっているのは、後で補修するとして(笑)、音響特性を測定。
上が今日の特性で、下は先週のものである。

andal-20080301.png
2月23日のアンダ君


ミッドレンジを下げるという目的はなんとなく達成したかな?でも、高周波領域はあまり変わらないなぁ・・何で?

例によって、比較音源である。


例によって、ベンチマーク比較用音源

バッハ無伴奏パルティータより、Double

先生から、SEVCIKの8巻を買っておいたほうが良いとメールがきた。
早速、アマゾンをチェックすると・・
Shifting the Position And Preparatory Scale Studies, Op. 8

なにこれ、ありえない価格!
ということで、急遽アメリカのサイトをチェックしたら、8ドルほどで売っている。
送料も掛かるので、ついでにもう一冊・・(笑)
50 Plus Easy Classical Solos for Violin (Violin)50 Plus Easy Classical Solos for Violin (Violin)
(1996/01)
Music Sales Corporation、Carolyn B. Mitchell 他

商品詳細を見る


曲目は・・・↓
続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/01 21:29 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |