FC2ブログ
レッスン81回目:来月から先生チェンジ
来月から先生が産休に入るので、今日は産休前の最後のレッスンである。
まずは、基礎練習からだ。
ゆっくりと全弓で弾く分散和音は、ボーイングを褒めてもらえる。
毎度のことだが、褒められることは少ないので、ちょっとしたことでもうれしいのである(爆)
スケール練習はやはりA線E線のハイポジションの音程が難しい。だが、キリがいいので、とりあえず次に進むことになった。

さて、問題の課題曲、ショパンのノクターンだ。
まず、楽譜に2箇所出てくる半音階でず~~~っと下がってくるところ、グリッサンドでもいいのかとたずねてみる。

先生が楽譜をチェックして、「ここは、大きくビブラートを掛けながらグリッサンドで下降しましょう」ということになった。だが、途中から普通の運指になるので、あまりいい加減に下がってくるわけにはいかない。

その他、スラーの修正、楽譜のミスプリの修正、指使いの変更、ボーイングの指示など、色々と指摘事項は多いが、今日の一番のポイントは、

12/8 のリズムなので、四分音符ではなく、八分音符で曲を捉えること!

である。八分音符を3つで一塊として弾かないとらしくないのだ。らしくってのはなかなか難しく、カデンツァのところなども、音符の塊を意識して弾かないといけない。

例によって、音符の読み間違いはいくつかあって、それを地道に修正。
楽譜の最後まで見ていったので、20分ほどレッスン時間をオーバーして終了だ。

グルーブ感のある(笑)、カデンツァは当分できそうもないけれど、継続こそ力なりの気持ちで頑張ろう♪



佐々木庸一の

ヴァイオリンの魅力と謎ヴァイオリンの魅力と謎
(1987/01)
佐々木 庸一

商品詳細を見る


に出ていた、女流バイオリニスト ヌヴーの演奏が気になり、アマゾンで検索。
ヌヴーは30歳で飛行機事故で愛器ストラディバリとともに亡くなったらしいが、その演奏はとても優れているとのことだ。どんな演奏なのか楽しみだ。

Ginette Neveu Plays BrahmsGinette Neveu Plays Brahms
(2001/08/14)
Fryderyk Chopin、Maurice Ravel 他

商品詳細を見る
Neveu & Barbirolli Perform SibeliusNeveu & Barbirolli Perform Sibelius
(2002/09/10)
Sibelius、Neveu 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/28 23:58 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |