FC2ブログ
ストラディバリに追いついた?
訳はないのであるが・・(爆)

ヤフオクでセット2300円で落札した安物中国製バイオリンであるアンダルシア君だが、
昨日の論文を参考に、箱になったバイオリンの振動パターンから
基本音を増幅するようにさらに削りを進めてみた。

今朝、音出しをしてみるが、例によって、周波数特性を取る。上段が今日の特性、
下段が昨日の特性だ。

andal-20080208.png
andal-20080207.png


グラフを眺めていて、ふと、これって、ストラディバリに似ていないか?と思う。
対数グラフだとわかりにくいのでリニアグラフに変換し、比較のために並べてみよう。

andal-20080208-l.png
stradivari-A


実に良く似ている、というか、そっくりだ。
もちろん、位相成分はこの分析では読めないので同じと言い切れないが、
い~ぐるは位相の感知能力が低い(以前、位相変調の音というのを
聞かせてもらったが全くわからなかった過去を持つ)ので、
この周波数特性だけ見る限り、

アンダルシア君とストラディバリ ダ・ビンチの音は、
A線開放弦だけなら、
い~ぐるには区別がつかない(はず)

いや~、いい仕事してますね~♪

えっ?他の弦はだって?データがないのでわからないのだよ、キミ(爆)

例によって、音質確認用音源も記録している。



評価用音源だけではなく、勇者専用にもう少し長い音源も用意させていただいた。

ベートーベン:メヌエット 20080208 アンダルシア君
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/08 20:51 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |