FC2ブログ
ガラスのバイオリン
ガラス器の会社HARIOが以前ガラスのバイオリンを作って、川井郁子さんが実際に演奏をしていたのだけれど、このたび、1/16サイズのガラスのバイオリンが一般販売になったそう。

弦を張ればちゃんと音が出るらしい。

受注生産だということで、興味ある方は、是非、注文してみてください。
(購入したら、是非見せてくださいね~♪)

朝、アンダルシア君のA線の録音をしておいたので、例によってFFTで周波数分析グラフを作った。これまた、例によって、ストラディバリ ダ・ビンチの分析結果を並べてみよう。
andal-20080205.pngstradivari-A


周波数の高い方は似ているが、3倍音、4倍音が大きく、ノコギリ波的な要素が残っているようだ。以前のい~ぐるなら、このグラフを見て、3倍音、4倍音を抑えることを考えただろうが、今のい~ぐるは、昔のい~ぐるではない(←なんのこっちゃ 笑)。
この波形を見れば、原音と、6倍音あたりの振動特性を上げるべきと判断するのだ。

・・・が、どうやって・・・(爆)


スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/05 20:44 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの調整
昨日までの削りで、見た目にはそれっぽくなってきたアンダルシア君であるが、練習で使うと、「少し音が硬いかも?」と気になった。しっかり音を出すといいのだが、軽く弓を当てる弾き方をすると、キンキンした感じの音になる。気になることを放っておけない性格なので(^^;)、少し早めに帰り、再調整である。
ところで、今日は、夕日が雲に映えてきれいだった・・・・

IMGP0040.jpg
・・・って、こんなのが撮れる時間に帰ったのですか(← 仕事しろよ、爆)

狙いは元のしっとりした感じの音なので、少し魂柱を後ろに下げてみる。
いい感じだ・・・が、もう少し、低音側に強さがあってもいいかも?

バイオリンの場合、魂柱を中心に駒から表板を振動させるので、低音側を強調したければ、G線側の自由度をあげればよかろう。

ということで、G線側のf字穴の後ろあたりから、ロアバウツにかけて少し追加で削ってみる。

IMGP0042.jpg


大体音が仕上がりつつあるこの段階では、少し削るとかなり音質が変わる。
そこで、慎重に音を確認しながら削っていく。
(めったに無い)いつものことだが、い~ぐるが慎重になるときには、足りないくらいの作業しかしないので、かなり時間がかかり、こんな感じかなぁと思った頃には、すでにあたりは真っ暗になっていた。

音質チェックの音源は、↓である。(音程は悪いが、音質チェック目的だからいいのだ 爆)

タイスの瞑想曲 (20080204録音 アンダルシア君)

ついでに、一年ほど前に同じアンダルシア君で弾いた曲があるので、これもリンクを張っておこう。

タイスの瞑想曲 (20070305録音 アンダルシア君)

違いはわかるかな?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/05 00:30 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |