FC2ブログ
アンダルシア君 再調整
ニスを塗り始めると、外形の加工はできないので、アンダルシア君の外形加工の再調整を行った。
DSCN1172.jpgDSCN1170.jpg

エッジの掘り込みを少し深くして、響板のRを大きく取れるように、パーフリングのあたりを掘る。
のだけれど、パーフリングの溝がいい加減に作ってあったため、埋め込みの深さがまちまちで、掘り込むと粗が出る(^^;)
DSCN1173.jpg

さて、どうしたものやら・・・(まぁ、順当には、再び埋め込むんですけれど)

時間もないので、あまり深追いせず、朝練の時に、音だしして確認してみる。

例によって、フォトログブログの方にアップしておいたので、
「演奏」ではなく、調整後の「音」を確認したい勇者限定で公開する。
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/01/23 01:03 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |