FC2ブログ
レッスン76回目
案の定、一週間なんてあっという間に経ってしまい、もうレッスンの日だ。

今日は、アンダルシア君を持っていく。今のアンダ君は、前のアンダ君とは違う(はず)。
色々と調整したので、少し弾いてみてくれますか?と先生に楽器を渡す。
「すごく響きますね~。G線、低いですよね?ネックが薄いのかしら?」あれ?と思ったら、「私、手が小さいのでネックが薄い方が弾きやすいんです」と、総じて好評だった。
「これ、ニスは塗らないんですか?」などと雑談の後、レッスンスタートだ。

いつものように、SEVICKシリーズの、分散和音、スケール練習、Ops1をやるが、スケール練習では、下降のポジション移動で同じ音程で2→1に指を変えるところが音程低くなり、全体に音程が下がり気味とのこと。Op1.No.17で、2でD線ファを、3でA線レを取るのが難しい。レを取るときにファも一緒に上がり気味になる。

基礎練習が終わったら、次は、課題曲である。

いつものように(^^;)、半音階の音程、付点の長さなどを注意された後、曲の流れに沿って、細かくチェック。

音程、付点音符の長さなど、いつものような指摘のほか、音の強弱や、フレーズのつながりなど、さらに細かな指摘が入る。

最初の主題を弾いたところで、オケに引渡す部分、「オケに引き継ぐように終わりましょう」と、弾いていくと、主題を引き継いで先生が第1バイオリンを弾いてくれる。
(11小節、長いですね・・)

一人で弾くときと、曲のイメージは多少変わり、色々と難しいものだ(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/12/06 23:57 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |