FC2ブログ
五線譜 vs 五線紙
noriさんから、市販の五線紙よりも大きな五線紙があるといいんだけれどと相談され、五線紙なんて絶対ソフトがあるはずだろうと、探していたけれど、線だけのソフトは多いけれど、なかなかト音記号が入るソフトがなかった。
(線だけなら、わざわざソフトを使わなくてもいいよ 笑)

で、ト音記号が入るというキーワードで検索して見つけたのが、

Blank Sheet Music

という、まさにそのままずばりのサイト。

ここで、自分の好きな大きさの楽譜が作れるのだ。

とりあえず、A4に8段の楽譜を作ってみた。
五線紙


使う時には、上のリンクを右クリックでファイルに保存し、ペイントなどの画像ソフトで開いて印刷してください。

こんなんで、使えそうかな?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/07/08 20:56 】 | つれづれなるまま | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
目からウロコ?
例によって、出張続きで、電車移動時間が長大になっている い~ぐるだが、今日の出張の友は

目からウロコのポイントチェック Let’sヴァイオリンレッスン 目からウロコのポイントチェック Let’sヴァイオリンレッスン
深山 尚久 (2007/04/20)
レッスンの友社

この商品の詳細を見る


である。
雑誌ストリングの連載を本にしたので、最初は各項目がばらばらで読みにくさを感じたが、しばらく読んでいくと、この形式にも慣れてきて、出張の往復の電車で楽しく読みきってしまった。。

あっ、しまった、また、読む本を探さなくては・・

弓の使い方に悩む人が多いらしく、色々な例が出ていて、参考になった。

しかし、読むのとやるのとでは、大きく違い、なかなか思うようにいかないのだが、本には、正しい方法で練習を続けることで、必要な筋肉もついてくるという話もあるし、地道な努力あるのみか。

今の悩みは、ハイポジションで弾くときの弓がきれいに響かないことだ。例によって、釣り糸で練習しているが、ローポジションでは釣り糸でもほとんど問題なくなっているのが、ポジション移動の練習のSEVCIKの曲を弾くと、ハイポジションで、まともな音にならない。

もちろん、左手に注意が行ったことと、ポジション移動で楽器の構え方が多少なりとも変わったことが弓と楽器に影響しているのは、間違いない。

けど、分かっちゃいるけど、直らない

のだ(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/07/08 00:30 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |