FC2ブログ
釣り糸カンタービレ
我が家には、人の数よりも若干多いバイオリンがある。
そこで、多少の実験的な試みも試すことができるのだ。

ずいぶん前に、kityのE線に釣り糸を使ってみたのだけれど、実は、そのとき、G線~A線も対応する釣り糸を買ってあった。kityで試したころは、弓を駒と平行に動かすことが全くできていなかった(今でもかなり怪しいが・・)ので、釣り糸のつるつるの表面では弓が滑って弾くのが難しかった。

あれから幾年月、苦節・・・ヶ月、そろそろ釣り糸弦にも対応できるほど弓さばきも上達したか?

疑問に思ったら実験である。

今回の実験器は、ヤフオクでケース込み千円で入手したセンである。もともと、センには、セット525円という安物弦を張っていたので、実験のために交換するのもあまり躊躇する理由もないのだ(笑)。

取り付けたところは、こんな感じである。

DSCN0485.jpg


駒のあたりをクローズアップすると、
DSCN0482.jpg


透明な釣り糸であることがよく分かる。


指板上の弦の感じはなかなかよい。これは、結構いけるか?
と、まずは音だし・・
釣り糸を張ったセンの音


音自体は、張りの合って明るく感じよいが、やはり、若干、滑りがよく(^^;)、まだ、私の実力では弾きこなしは難しい。

釣り糸、実は1m単位とかでは売ってくれないので、数十台分の長さは十分にある。もし欲しい方がいたら、小分けしてお譲りできますデス。張りのある明るい音色で、音色は好みなので、弾きこなせる人だったらお得かも?

せっかく張ったので、いくつかトライ。


釣り糸とくれば、Out On The Oceanだろう


海があるなら、山もある Mountain Road


最近のゆっくりセッション課題曲:Blackberry Blossom

さすがに多少苦しいので、いつもの楽器に持ち替えてみる。


アンダルシア君で弾く Blackberry Blossom


アイリッシュばかり弾いているように思えるが、次の火曜日はレッスン日なので、レッスン課題曲の練習も忘れていない。

アンダルシア君で弾くカバティーナ

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/06/17 20:29 】 | バイオリン練習 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |