FC2ブログ
目が覚めるような赤
ワインレッドの色ニスの調合をしながら、赤の色を出す方法も合わせて考えている。

もちろん、ドラゴンブラッドを買うなら一発でOKなのだが、あんな貴重なものは、やはり高級品以外には使ったらいけないと思うのだ(貴重⇒高価ってのももちろんあるのだが・・笑)

ワインレッドという色は、紫やピンクと同系列の色なので、紫紺やサンダラックの色調を調整することで何とかなると思うし、茶色系ならば、ラックやカテキューで済ませてきた。

きれいな赤で、アルコールに抽出できるというのが条件なのだが、これが難しい。ピンク系や橙系の色は比較的多いのだけれどねぇ・・

マホガニーは期待できそうだったが、少し茶色系が強いし、茜は色の抽出が難しい上に、ピンク系の色になる。(もっとも、アリザリンを買えばいいのかも?)

とまぁ、赤の染料については、引き続き要調査だ。(ワインレッドも好きな色だから、茶色系と合わせて、色を作ってもいいのだけれどね)

浅草に染料の店があって、ショールームで、全取扱商品が見られるそうだ。

藍熊染料株式会社

時間があるときにでも行って見てこようかな・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/30 23:50 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |