FC2ブログ
ネックを削る(kity)
このところ、色々な楽器の調整をしていて、久々にkityを持つと、なんとなくネックが太めな気がしたので、ネックのダイエットを試みる。

DSCN0355.jpg


実はkityのネックを削るのを避けてきたのには理由がある。上の写真を見ると分かるのだが、kityの指板は色塗りメイプルなので、削ると地肌の白が出てしまうのだ。もちろん、気になるなら削った後で再度黒く塗ればよいのだ(笑)

ネックを削ると音が変わるのだが、今回は、kityの官能的な音が少しスポイルされて、ネック削りは音質面からは失敗かも・・

と思いつつ、弾きやすさは大幅に向上したので、これはこれでよしとしよう。

ところで、い~ぐるが多重録音に使っていたデジタルMTRは購入した時点ですでに生産中止の在庫処分大安売りだったのだが(^^;)、家での遊び録音だとしても、4チャンネルは少し不足気味で、かつ16ビットしか許さないフォーマットと使い勝手の悪さなど、色々と不満はあったのだ。

そもそも、パソコンにオーディオインタフェースがついているのだから、家で録音するのにはソフトだけがあればいいはずと思っていたが、オーディオインタフェースに付属のMTRソフトはWindows98では動作しない(^^;)ので、NG。

そこで、色々とフリーソフトを探していたが、ようやく、何とか使い物になるものを見つけた。

Kristal Audio Engine

である。これは、16~32ビットのWAVEファイルをサポートし、16トラックのマルチチャネル録音ができる優れものだ。しかも無料ときている!!

ここにいたるまで、幾多のソフトを試したことか・・(感慨)

手持ちの4チャンネルMTRがなんで不足気味なのかというと・・

鱒5重奏 20070501録音 kity+bass

見たいなものを弾こうとすると足りないのだ(←そんなものを頻繁に弾くのかという疑問は却下する)

さて、せっかくなので、ソフトに早くなれるように他のものも録音だ。

・Mountain Road 20070501録音 kity+manta+bass+guitar

・Loure 20070501録音 kity

鱒以外はすべて4チャネルで足りていることはトップシークレットである。

PS: 寄せ書き君は箱を閉じたので、今晩にでも再セットアップ予定である。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/01 20:42 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
一人デュエット
春眠暁を覚えずというが、春先のこの時期、やたらと眠くなることが多く、ブログを書いている途中でダウンしていたが、再度起き出して、デジタルMTRで録音した一人デュエットの録音をアップしよう。(もちろん、いつものことだが、大して練習もしていない状況での録音であるので、勇者限定である)

今日の録音は2曲。いずれも先日のデュエット本に掲載されていた、J.S.Bach作のメヌエットである。

・Minuet #114 20070430録音 with アンダルシア君
・Minuet #822 20070430録音 with アンダルシア君


デジタルMTRでの録音はお手軽だが、(16ビット量子化なので)いつも録音するPCの音よりも悪いが、それ以上にレベル設定が難しく、音が潰れているような・・(^^;)
せっかくのコンデンサマイクと24ビット入力インタフェースがもったいないので、Windows98で動作するMTRソフトがあったら、ソフトを調達したいものだ・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/01 00:41 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |