FC2ブログ
友達の友達の・・・
SNSの発想は、一人あたり数人の友人がいる状況だったら、友達の友達の・・・と7人ほどをたどると、世界中誰とでもつながるという話であったと記憶している。

もちろん、友達の友達の友達が元に戻ってくることの方が多いはずで、指数的に知り合いが増えるなんてことは現実には起こらない。

というのは、ともかく、M氏の怪我をきっかけとした記憶喪失(笑)によって、工芸展デビューが消え、狸の皮だけが余った、い~ぐるであるが、知人の知人がカスタムメイドのバイオリンをほしがっているという情報を聞きつけた。もちろん、その人とは面識はおろか、名前すら知らないのであるが、この際、そんなことはどうだっていいのだ(^^;)

カスタムモデルは、ワインレッド色のオーダーだということで、今日から工房作業メニューが一つ追加された。

そういえば、アンダルシア君のニスの色をまだ決めていなかったが、何色ものニスを作るのも大変なので、ワインレッドにしてしまおうか・・(kityと同じ色なら、あまり手はかからずできるので、それでもいいんだけど・・)

ワインレッド、赤ワインの色ということだが、ここはやはり、赤ワインを買ってきて、飲みながら考えるべきか・・

というのはともかくとして、赤ワイン、実はそのまま染料になるんじゃないの?と思ったりもする。だが、ワインは水もかなり入っていて、そのままニスに使うと濁った色になりそう。

などと考えながら、ワイレッドってのは、完全な赤と違い、少し紫ぽい色でもあったりする。ということで、手持ちの染料だと、紫紺、サダラノキ、茜、マホガニーあたりでも調合してつくれるような気がする。

DSCN0328.jpg


なので、とりあえず、茜の色を抽出する作業やら、

DSCN0325.jpg


板厚調整やら、作業開始である。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/13 23:49 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
湘南番外地?
い~ぐるは、神奈川県は二宮町に住むのであるが、先ほど、ニュースサイトを巡回していて

【コラム】東京から一時間の田舎暮らし! 「湘南番外地スローライフ」 第1回 吾妻山にて桜と富士の春景色を楽しむ

なんてコラムを発見した。

が、大磯・二宮は、湘南の番外地ではなく、湘南ど真ん中である。

ウィキペディアには、
地名の由来は、大磯から望んだ平塚までの海岸線が中華人民共和国湖南省洞庭湖の南岸、「瀟湘湖南」に似ているとされて、またこの地域は相模国の南部にあたるため佳字を当てる意味もあって、明治時代に湘南と名づけたとされる。当初は相模川西岸に限定された呼称であったが、いつしか相模湾に面した地域一帯を指すようになり、現在では相模川西岸に限定して使用することはほとんどない。

この地域における「湘南」の語の使用例は、1664年頃に小田原の崇雪という外郎(ういろう)の商人が大磯の鴫立庵に建てた石碑に「著盡湘南清絶地」と刻んだものが最古のものである。この石碑は複製品が作られて鴫立庵の庭にあり、本物は大磯町が管理している。


となっており、大磯こそ湘南発祥の地であり、そのすぐ隣の二宮もほぼ同様の景勝地なのだ。本来は、西湘バイパスが走る側が湘南であり、茅ヶ崎や江ノ島・鎌倉は湘南とは無関係な土地だったのである。

しかも、このコラムで言うように二宮の生活を田舎暮らしと定義すると、大型スーパーが3店もあり、県下有数の店舗面積を誇るダイソーもある町では本当の田舎の人たちに申し訳ないような気がするのだが・・・(笑)
【2007/04/13 00:59 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |