FC2ブログ
新たなる挑戦?
先日、読んでた
楽器の音色を探る 中公新書 / 安藤 由典
には、フルートの歌口の設計の話が書いてあった。これに影響を受け、歌口の設計はともかく、多少なりとも音が出るものが作れないかと思い立つ。
そこで、帰りにダイソーによって、塩ビパイプがないかと探したのだが、残念ながら見つからない。その代わり、アルミパイプは見つかったので、16mm径のパイプを一本買い求めた。

これを適度な長さに切って、穴を開ける。
DSCN0320.jpg

歌口の穴の位置は結構微妙であり、端過ぎると、空気抵抗が足りず、音にならないし、長すぎてもいけなさそうだ。長いほうは共鳴管となるため、両端開放で共鳴するように長さを決める。今回は、G管に設計したつもり(だが、歌口側は完全開放でないので、補正が必要らしく音程は合わない。今はまだ補正まで考えていないが、後から考えよう・・)

最初につけた穴では、抵抗が足りず、どうしようもなかったので、そこは手でふさいで、次の穴から息を吹き込む。

といっても、吹き系が昔から大の苦手であった私に、こんなものできるわけないが、とりあえずやるだけやってみよう。

実は、録音していないときに、一度だけ、大音量で音が出たのだが、その後何度やっても、以下のとおり(^^;)
アルミパイプを吹いた音 20070404

しかし・・・これ、マジに酸欠になりそうだ(笑)

そういえば、フルートの頭管部って、詰まっていたよなぁと、パイプの片方を親指で押さえて吹いてみる事を思いつく。
頭管部を親指でふさいだアルミパイプの音

しかし、さすがに、親指で抑えるのはあんまりなので、スポンジをつめてみる(フルートではコルクなんだが・・)

DSCN0321.jpg


で、音を出してみると・・
頭管部をスポンジで抑えた音

え!? 案外、素直な音に聞こえないかい?? (← 自己満足)
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2007/04/04 22:40 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
弦の取り回し
ふと思いついて、ペグ周りの弦の取り回しの補助線を引いてみる。

DSCN0319.jpg


この写真より、実際には4mmほどスクロール側にしないと、ペグは回しにくいけれど、そうすると、ペグボックスを彫るのが大変そう・・(弦のテンションに耐えられるのかもあるが・・)

さらに問題は、ネックの幅だ。28mmくらいないと、指が滑り落ちるか?
弦の間隔を10%程度縮めれば、無理して26mmくらいか・・

なんにせよ、やってみないと分からないこともある(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/04 01:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |