FC2ブログ
ビブラートのブレーキ?
今日は東京出張であり、いつものように車中読書をしていたのだが、帰りの電車では本を読み終わってしまった。
そこで、今朝、朝練前に読んだサイモン・フィッシャーのBasicsのビブラートの話を思い出して、音を出さずにできる練習を車中でしてみようかと、腕をバイオリンのネックに見立てて練習する(←ずいぶん怪しげだよなぁ・・ ^^:)

フィッシャーの本には、左指の第1関節と第3関節はビブラートのブレーキの役割をするので、これらを曲げ伸ばしする練習を必要とするというのだ。

だが、ビブラートのブレーキって??

そのほかに、ビブラート練習として、指を大きくスライドさせるところから、だんだんとスライド幅を小さくし、ビブラートの幅に持っていくというのもあった。

文章だけでは実感として伝わってこないのだが、要するに、手や腕でビブラートをかけたときに、指は柔らかく曲げて、手の振動のクッションになれということなのかなぁと勝手に解釈。

明日の朝練ででも、試してみよう・・

ほんと、文章とだけで理解するってのは難しい。
たとえば、
歴史的名手の名演奏をパールマンの解説で見るDVD:アート・オブ・ヴァイオリン アート・オブ・ヴァイオリン
アイザック・スターン、アルテュール・グリュミオー 他 (2006/01/18)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

ようなものを見て、動きを観察するとか、
YouTubeでビブラートをサーチ
しながら、自分のイメージを確認しなくては・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/02 23:01 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |