FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
バスバー接着完了
バスバーのクランプをはずし、
DSCN0351.jpg

補助ブロックをノミで削り取る。
DSCN0352.jpg

タップトーンはおおむねEなので、このままで板厚はOK。
表板の接着側を木のブロックに貼り付けたサンドペーパーで平面にし、本体側も必要な修正を行った。本来ならば、ここで、表板を接着する番である。
が、ここで、エンドブロックとリムの間に隙間発見。
DSCN0353.jpg

隙間が空いたままセットアップというわけにはいかないので、修正を試みる。
DSCN0354.jpg


今日、箱を閉じることができたら、明日の夜には演奏できそうな気がしたが、膠が乾くまで待つ必要があり、一日延期である・・(^^;)
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/30 22:59 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バスバーの接着
チョークフィッティングが終わったら、バスバーの接着に入る。
DSCN0350.jpg

24時間はこのままキープするので、作業としてはスクロールの修正とか他の楽器のメンテナンスなどを行う。この後は、再度、表板を接着するので、その後、ニス塗り前にもう一度音出しをして確認する予定である。

ふと思いついて、Reelの録音をしてみる。(各2~3回しか練習していないが、ゆっくりセッションで聞く曲なのでゆっくりなら楽譜を見ながら弾けるのだった)

Mountain Road 20070429録音 with manta
Drowsy Maggie 20070429録音 with manta
Banshee 20070429 with manta

曲は知らないけれど、楽譜が簡単そうだったSlideの曲

Kerry 20070429 with manta

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/30 00:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バスバー調整
接着位置がおかしかった寄せ書き君のバスバーの修正準備中である。
まずは、表板のグラデュエーションを再度調整しなおしていたが、調整完了後、バスバーの位置を鉛筆でマークし、補助材を接着する。
DSCN0343.jpg

バスバーを接着する部分にチョークを塗り、
DSCN0345.jpg

バスバーの底面につくチョークを頼りにフィッティングの調整を行う。
DSCN0346.jpg


寄せ書き君のスクロールはなんとなく不恰好と感じていたので、まずは外見を修正
DSCN0344.jpg

後は、丸ノミで地道に彫り物をしていく。ストラディバリは音にあまり関係のないこういったところまで大変丁寧に作業されているが、グァルネリは音に関係のない部分は割りと手を抜いている(笑)
私は、グァルネリタイプの人間である(キッパリ!)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/28 23:27 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
エンターテイメント
昨日は、前の会社の同期会が海老名で行われた。
海老名からは、相模線が茅ヶ崎まで走っており、終電の時間を確認して参加した・・・はずであるが、気がつくと終電を5分過ぎており(^^;)、最善の策として、二宮在住のもう一人と、秦野まで小田急で下ってタクシーで帰った。

昨日と一昨日の電車で
人間は考えるFになる 人間は考えるFになる
森 博嗣、土屋 賢二 他 (2007/03/15)
講談社

この商品の詳細を見る

を読んでいたが、これを読んで、エンターテイメントとは・・なぞと柄にもなく考えていた。

小説でもエッセーでも、映画でも音楽でも、所謂エンターテイメントであり、読者・視聴者に楽しさを与えるべきだと思っている。(本に出てきた、遊園地のジェットコースターは恐怖を与えるエンターテイメントという議論は面白い)

私自身はというと、何かの情報を発信しようとすると、どうしてもエンターテイメントに徹しきれないところがあって、駄目なんだが、完全に割り切ってしまえば、詩を作って、作曲するというのもできるかな?(小説は時間がかかるので気力が続きそうもない 笑)

そのうち、完全に割り切ったら、歌付のオリジナル曲をアップロードするかも(ぉぉ、恐ろしい~ 爆)
【2007/04/28 08:45 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
mantaのネック調整
昨日、今日と東京出張で、毎日4~5時間電車に拘束されていて、自分の時間が取れないが、昨日の夜中、前から気になっていたフラットマンドリンmantaのネックを手になじむように削った。

今朝、朝練のついでに、前に買ったブルーグラス本の中から初見で弾けそうな短い曲をmantaで録音してみる。
ブルーグラスチューン with manta 20070426録音

朝練して、録音してとしていると、あっという間に時間が過ぎ、慌てて家を飛び出すことになる。

あぁ、もっと時間を~
【2007/04/26 22:28 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
例のバイオリンデュエットの本
日本のアマゾンで扱い再開です。
Violin Duet Classics Made Playable:クラシックの名曲全58曲をデュエットアレンジで Violin Duet Classics Made Playable:クラシックの名曲全58曲をデュエットアレンジで
Mary Ann Harbar (2003/11)
Mel Bay Pubns

この商品の詳細を見る


為替で日々変動するけれど、今日の値段は2558円デス。

昨日のレッスンに持っていって、先生に見せたら、「これ、いいですね~、初見で弾けそう」と先生も興味を持っていました。素人目によさげと思ってましたが、先生からもお墨付きをもらって、みんなにお勧めできますね♪

もう一つ、アマゾンのお勧めに出てきて、心動かされている本がある。

Mel Bay's Master Anthology of Mandolin Solos: Featuring Solos by the World's Finest Mandolinists! Mel Bay's Master Anthology of Mandolin Solos: Featuring Solos by the World's Finest Mandolinists!
Inc. Mel Bay Publications (2000/02)
Mel Bay Pubns
この商品の詳細を見る


だ。この本、264ページもの膨大な本と、2枚のCDでマンドリンソロを収録している。教本ではないが、おそらく、アドリブなどのパターンの参考としてよさそう・・

えっ?私は、あまりものを買ったりしないし、贅沢はしないので、このくらいは買ってもいいかと・・

ところで、買い物といえば、どうしてあんな店が成り立つのだろうと、いつも不思議に思うのが、洋服の・・という店だ。私がジャケットなどを買ったのは、この20年で2着程度なので、10年で1着である。6000万世帯の80%に男性がいたとして、4800万世帯が10年に1着購入するとしよう。年間480万着の市場規模である。1着あたり、1万の粗利があったとして、約500億円の市場なので、店舗平均5人の従業員だと考えても、日本中で500店舗である。市町村に1店舗も必要はないはずなのだ。ところが、どう考えても、それ以上の店舗数が乱立しているような気がしてならない。

世の中の人たちは、い~ぐるが思うよりも多くの買い物をしているのだろうか・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/25 07:28 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン61回目:ユーモレスク終了
今日も、6時ちょっとすぎに職場を出て、車でレッスンに向かう。あいにくの雨である。先生の家には余分な駐車場はないので、近くで停められる駐車場から歩くのだが、先週停めた運動公園の駐車場からだと、20分前後かかるので、雨だといやだなぁと思っていたが、日ごろの行いのためなのか、ついたときには雨はやんでいた。

先生の家まで、約40km弱あり、時間が読めないので、多少早めに到着するようにしている。今回も、30分早めについたので、少し遠い運動公園の駐車場に停めて、ゆっくり歩いて先生宅に向かった。

レッスン
分散和音:OKで、次のパターンに進む
スケール練習:直前練習なしの割にはよく弾けたと思ったら、「音程いいですね」とほめられた。が、もう一度やると、今度は音程が崩れる(^^;)。しかし、とりあえずOK。#10に進む
OPS1No14オクターブ練習:4の指が低くなりがちなので、注意。でも、たくさんあるので、次に進む(笑)
No.5:OK

本来はここで、ビブラートであるが、私も先生もすっかり忘れていて、今回はなし。

ユーモレスク:まずは1回通し。「弾けていますね、では、音程に注意しながらゆっくりもう一度」
重音であがるところ、あがりすぎるので、注意
ハイポジションの重音、指の間隔を正確に
ポジション下がるところはしっかり下がりきらないと、次から全体に高くなる
ritの部分はしっかりためて、弾く
と、色々と諸注意を受けながら、特に重音部分について、繰り返し音程の確認
「それでは、ピアノに合わせてみましょう」
ということで、先生の伴奏で、弾く。
(伴奏があると、全然感じが違い、楽しいですね。)
37小節目からの重音部分、先生の伴奏も間違え、私のミスはあまり目立たなかった(爆)

ということで、ユーモレスク終了である。次の課題曲とした、カバティーナの譜読みで、指やポジションの確認とボーイングの確認をしてレッスン終了だ。

5月は、横浜オペラ未来プロジェクトのコンサートがあり、先生も忙しいが、夜8時からというレッスン時間のおかげで、オペラの練習後でも間に合うとのことで、火曜日の夜を2回確保できた。このオペラ、今回はロッシーニのセヴィリアの理髪師であるが、残念ながら、日程的に二日とも予定が入っていた。

帰りにスーパーによって食材を仕入れるが、おなかがすいたときの買い物は危ない(^^;)
今週は、明日以降、連続で東京出張であり、ほとんど家では食べないにもかかわらず、余分に買い込みすぎた・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/25 02:09 】 | バイオリンレッスン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
切羽詰る・・切羽って何だろう・・
などと、悠長なことを言っている場合ではないのだ。
明日は仕事が終わってからレッスンなのだが、明日で仕上げにしようと前回言っていた課題曲ユーモレスクの練習があまりできていないのだ(日曜、遊んでいたしね ^^;)

今朝の朝練前に、寄せ書き君のネック調整をし、魂柱を動かして音出しをしてみるが、魂柱を動かしても狙った音にならない。あれ?と思い、魂柱のバランスを見るため、バスバーの位置を確認しようと、スケールを入れると・・ありゃりゃ、何でバスバーがこんなに遠いの?と驚くことに。

寄せ書き君のバスバー、板厚調整の時には、バスバーを避けて調整して、元の位置のままだったのだが、これが何と、通常よりも7mmくらいセンターよりにオフセットされていたのだ。

寄せ書き君のウルフ音、駒の高さだけでは、説明がつきにくいと思っていたが、バスバー位置もこれだけずれていれば、何がおきてもおかしくない(^^;)

分解したときに気がつかなかった私がアホだが、外からはバスバーは動かせないので、寄せ書き君は再分解決定なのだ。

なんてことをやっていると、朝練の時間なんてすぐに経ってしまうのだ。

ということで、今日は出張から帰ってから、夜間練習である。

課題曲をまともに弾けるようにしなくてはならないという、切羽詰った状況なので、録音練習だ!

あれ?何か違うような・・(^^;)

え~っと、練習もしないでと思われても困るので、誤解のないように一言。この録音は、初見から1~2回通し練習しただけで、いきなり録音しているので、時間はあまりかけてないです(^^;)



最近、cherryを中心に弾いていたので、久々のアンダルシア君は、なんだか音が硬いように思える。やはり、分解して板厚調整をしないとだめか!

やはり、寄せ書き君、アンダルシア君は仲良く分解しなくては・・


ということで、針師 い~ぐるの登場である。
DSCN0341.jpgDSCN0342.jpg


根気よく、丁寧に・・・一番苦手な作業である(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/23 22:41 】 | バイオリン練習 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
野外セッション@代々木
今日は、四国からフィドラーKONさんが来るというので、モハーさんが計画された野外セッションだった。
心配された天気も晴れ女noriさんの面目躍如で過ごしやすい天気に恵まれた。

はるさんの誕生日らしいという情報を仕入れたので、今朝、出かける直前に、急遽、フルートをもう一本つくり、もって行く。(チューニングする時間はないので、ざっくり予測したサイズで指穴を開けた。もし、音痴だったら、音程が低い場合、指穴を大きく、高すぎる場合には、指穴を少し小さめになるように穴をエポキシ樹脂などで、狭めてみてください←はるさん)

実は、フルートのチューニングだが、私の場合、大きな問題がある。それは、私はフルートでまともな音が出せないので、チューナーでのチューニングができないのだ(^^;)

代々木公園の入り口は、なんだか大音響の音楽ががなりたてられており、しかも、広々と場所を占拠して踊っている連中がいる。その音にさらされながら歩くだけで、疲れる・・

が、そんなことは言っていられない。

3時ころにならないと、これないというKONさんを除いて、待ち合わせ場所が大雑把な決め方だった割に、T田君以外はほとんど時間通りに現れた。しばらく待ったがT田君は着そうにないのでみんなで中に移動し、このあたりで・・と、シートを広げ始めたころにT田君も登場である。この広い公園でよく見つけられたものだ(笑)

noriさんは、アイリッシュとクラシックを両方やると混乱するからと、笛を中心とするということで、cherryはほとんど私が弾くことになった。

メンバーは、主賓のKONさん、Kevinさん、モハーさん、T田君、大渕さん、はるさん、noriさん、Kさん、たまたま通りすがった(笑)大渕さんのお友達のボタンアコーディオンの人であるが、あと、Kさんのお友達(?)の方が遠巻きに見ておられた。(取って喰ったりしないので、中に入って、ダンスででも参加されたらよかったのでは? 笑)

Kevinさんの差し入れのビール等で乾杯し、セッションスタートである。

はるさんに、新しく作ったフルートを渡すと、びっくりするくらい上手に音を出している(!)これには心底驚いた。
何でもフルート暦10年だそうだ。

フルートを持っていったにもかかわらず、自分ではほとんど吹けない い~ぐるであるが、サリーガーデンの最初のほうくらいは、音にならない風音で吹いてみる(爆)
しかし、指位置が分からないという致命的な結果を有する私である。そうやすやすと自然は解を提供してはくれない(^^;)。

音が出ないフルートと格闘しても仕方がないし、このフルートはティンホイッスルと指はほとんど同じなので、ホイッスラーnoriさんに渡して、私はcherryに専念することにした。

日曜の代々木公園は、色々な人たちが行き交う社交場(←きれ
いすぎ)であり、特に、国際色豊かな渋谷区である。アイルランド人やらフランス人やらさまざまな人種が見学していった。国際交流である(笑)

相変わらず楽譜がないと弾ける曲のない私だが、今日は強風であり、楽譜は置いたそばから吹き飛ばされ、役に立たない。

そんなこんなで、知らない曲(←ほとんどの曲は知らないんだが 笑)はコードを探して、バッキングに回ったりしながら、日が傾いて寒くなるころまで、このお祭り騒ぎは続いていたのだった。

cherryをnoriさんに渡して、帰りは、Kさんから寄せ書き君をニス塗りのため預かったので、行きと帰りでは異なるフィドルを持ち運んだのであった。

後から、noriさんから、A線、E線のペグの調弦に苦労したとメールが着たが、A線とE線にはファインチューナーがついていたので、細かなチューニングはチューナーで行うからと思い、ペグの調整をしていなかったデス・・(もともとラフな調整はしてあるので、サンドペーパーを巻きつけてペグを回して円柱として、ペグコンポジションを塗ることで調整できますが、必要なら、再調整しますデス ^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/23 00:13 】 | セッション | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
cherry最終調整
日曜に納品をするつもりでcherryの最終調整を始めた。

やはり、最終的には弾きやすさと音色が気になるので、夜ではあるが、録音をしてみよう。
たまには、一人合奏での録音をしてみることに・・

合奏の楽譜をめくり、初見でも弾けそうな音符の並びの曲を選ぶ(笑)

J.S.Bach Loure 20070420録音 with cherry

もう一つ、

On Wings of Song


テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/20 23:36 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
クラシックのネットラジオ
前にも一度紹介したが、4月から、クラシック専門のラジオ局が開局した。ラジオ局自体はデジタルラジオなので、放送範囲は限られているが、その内容をネットでストリーミング配信している。

クラシック専門ネットラジオ OTTAVA


である。

これは、パソコンだけで気軽に聞くことができるので、最近、家での仕事中とか、職場の休憩時間には放送を流しっぱなしにしていることが多い。

ネットラジオのよい点は、放送中の曲が常に表示されるので、「これ何の曲だっけ?」と思ったときには画面を見れば解決するところだ。

商用放送が始まってからは、同じコマーシャルが繰り返し流されたり、DJのナレーションが長かったりと、開局前の試験放送より邪魔と思える部分が増えてしまった。商用放送なんだから、仕方ないけど、普段はテレビにもラジオにも全く縁のない生活をしていたので、生活空間の中に突如知らない人の声が入ってくると、作業の邪魔になる(笑)

今週は出張続きで、電車の中は読書の時間である(^^;)。
今、読み直しているのは、
Art & Method of the Violin Maker: Principles and Practices (Book Four of the Strobel Series for Violin Makers) Art & Method of the Violin Maker: Principles and Practices (Book Four of the Strobel Series for Violin Makers)
Henry A. Strobel (1992/12)
Henry a Strobel

この商品の詳細を見る

である。バイオリンの設計の部分を中心にしっかりと手法を読み取ろうと考えているが、黄金分割を元に設計する方法が書かれているが、「なぜそうなのか」よりは、こうしてみたという方法論なので、結局、ストラドのパターンをコピーするのと大差ないかも?(笑)

今日も東京出張なので、そろそろ読み終わるかな・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/20 07:58 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ブルーグラスマンドリンの教本
前に発注した本が、絶版なのか、いつまでたってもやってこないので、他の本を探すことにする。
Teach Yourself Bluegrass Mandolin (Teach Yourself Bluegrass) Teach Yourself Bluegrass Mandolin (Teach Yourself Bluegrass)
Andy Statman (1999/08)
Music Sales Corp

この商品の詳細を見る

こいつは在庫があり、すぐ入手できそうだ。
Starting Bluegrass Mandolin Starting Bluegrass Mandolin
Bob Grant (2007/07)
Oak Pubns

この商品の詳細を見る

これは、未発売で、予約受付中。
Sam Bush Teaches Mandolin Repertoire & Technique: Solos, Licks and Variations to Eight Great Tunes (Listen & Learn) Sam Bush Teaches Mandolin Repertoire & Technique: Solos, Licks and Variations to Eight Great Tunes (Listen & Learn)
Listen & Learn (1999/01)
Homespun

この商品の詳細を見る

これは、レビューが出ている。

連休明けまで待って、今発注中のが発送されそうもなかったら、この中から何か買ってみようと思ふ。
【2007/04/19 13:35 】 | マンドリン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
たまには日本の歌なども・・
実は、アマゾンのお勧めリストになぜか岩崎宏美のアルバムが出てくるのである。
アマゾンのマーケッティング、心憎い・・
思秋期から・・・男と女+1(紙ジャケット仕様) 思秋期から・・・男と女+1(紙ジャケット仕様)
岩崎宏美 (2007/02/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

と、思ったら、お勧めの理由は、私が以前
岩崎宏美バラード・ベスト・コレクション~夢~ 岩崎宏美バラード・ベスト・コレクション~夢~
岩崎宏美 (2001/12/05)
テイチクエンタテインメント
この商品の詳細を見る

を買ったからだったのね・・(^^;)

↓なんてのも、欲しい一枚なんだけれど、他のと重なった曲もあるからなぁ・・

GOLDEN☆BEST GOLDEN☆BEST
岩崎宏美 (2007/03/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



と、ふと、アマゾンのページに
のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組) のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
上野樹里 (2007/05/25)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

なんてのが見つかる。予約受付中らしい・・
【2007/04/19 01:44 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
不在通知
今日、帰ってくると郵便受けに国際宅急便の不在通知が入っていた。差出人の欄には
POBOX 4050
と書かれている・・・(ぉぃ)
まだ郵便局の取り扱い時間だったので、車を走らせ、荷物を取りに行く。
DSCN0338.jpg

小包といっても、普通に郵便受けに入る大きさなので、そのまま郵便受けに入れてくれればよかったのに・・

小包を確認すると、DecorのLilyさんからである。パッケージを開けると、
DSCN0339.jpg

バイオリンの弦が入っている。誤解のないようにあえて書くが、私は、ものを買うのは好きではない(←しつこい)ので、わざわざアメリカから何度もバイオリンの弦を買ったりはしないのである。そもそも、弦は3月の段階で、これと同じ本数購入済みなのだ。もしかして、3月の発注が終わっていないと思って、再度送ってきたのだろうか?などと色々と考えても仕方がないので、Lilyさんに確認のメールを送っておく。送り返したりするのも、手間だし、スチール弦だから、乾燥状態においておけば、長く持つだろうし、このまま買い取ってしまうのも一案ではあるのだが・・

ところで、一緒に入っていたカタログをぱらぱらとめくっていると、
DSCN0340.jpg


5弦用のテールピースなんかも入っている!
これ、いいかも・・Lilyさんのところで、14”ビオラ用のC線を買って、通常のバイオリンの下にC線を張れば、立派な5弦バイオリンの完成となる。(もちろん、前に書いたように、指板幅をどうするのかは大問題だが)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/18 21:27 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ペグの調整
ニスの補修、ナット調整、ネック調整と調整を続けてきたcherryであるが、いよいよ本題のペグ調整だ。

ペグシェーパーで、完全に丸くペグを仕上げるのは案外難しい。木工用旋盤があれば、比較的簡単にできるんじゃないかと思いながらも、私はもともとものを買うのはあまり好きではないので、旋盤を買うなんてのは、論外であり、地道に作業をする。

ペグ穴はすでに開いているので、ペグをあまり削るわけにはいかないので、大きな粗がなければある程度で削りは止める。

ペグシェーパーで仕上げただけでは、滑らかさは得られないので、ここで、普通はペグコンポジットを用いる。

やはり、私はものを買うのがあまり好きでないので、ペグコンポジットなどもってはいないのだ。

前に、石鹸とチョークで代用しようとしたが、調整が難しくて、常用にはいたっていなかったが、作業の結果のメイプルの削りかすを見ていると、これを使ったらどうだろうと思い立つ。前使っていた乳鉢に石鹸を少し多めに削りいれ、スクレーパーの削りかすを入れて、乳棒で丁寧にすりつぶす。

DSCN0336.jpg


この自家製ペグコンポジットは粉末状なので、指先につけてペグにつける。結果は、結構いけているかも?


と、ここで、宅配便が到着・・
続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/17 22:50 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
工作の時間
道具から作るHIROさんのサイトを見て、自分でも作れるかなと思えるものがあったので、試しに似たような物を作ってみる。
DSCN0331.jpg

後ろに写っているのは、今日ダイソーで買った彫刻刀である。ダイソーの彫刻刀、前にはたくさん並んでいたのだが、今日はいくら探しても見つからず、店員さんに場所を尋ねたら、彼女もえ~~っとといいながら、同じく文具の売り場をうろうろしていて、結局、私が先に見つけたのだった(笑)
前あったあたりに置いてあればすぐに見つかるのだけれど、予想もしない場所にしょっちゅう移動するこのシステム、何とかならないものかと・・

というのはともかく、こんなので、本当に木が削れるのだろうか・・ ちょっと試した限りでは、普通に彫刻刀だけで削ったほうが便利そうだったのだが(爆)

工具といえば、
木工が200%楽しくなるルーター&トリマー使いこなしマニュアル―アメリカンウッドワークの神髄工具を完全攻略 木工が200%楽しくなるルーター&トリマー使いこなしマニュアル―アメリカンウッドワークの神髄工具を完全攻略
ドゥーパ! (2005/06)
学研

この商品の詳細を見る


こんな本を見つけた。で、フルートの歌口のアンダーカット処理をやはりルーターでやったほうがいいのかとも思いつつある。
新版 楽器の音響学 新版 楽器の音響学
安藤 由典 (1996/02/01)
音楽之友社

この商品の詳細を見る

の安藤氏は、歌口の内壁の角度が問題だと言っているので、アンダーカットが必ずしも必要とはいえないが、よいと書かれていることはすべてやってみないと、ただでさえ音が出せない私にはとても、演奏まで持っていけないのだ(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/17 00:41 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
デュエット曲の楽譜より
セットアップが完了したcherryのネックやナットの微調整のため、試奏が必要なのだが、どうせなら新しいレパートリーにつながる曲をやろうと、先日買ったデュエットの本の1曲目から順に弾いてみようと思い立つ。もちろん、デュエットに展開可能なように、メトロノームに合わせて弾くことが要求されるのだ。

が、2曲目にかかったところで、スタック。

2曲目であえなく玉砕というのもかっこ悪いので、一日しつこく練習してみた。

J.S.Bach Concert No.3より with cherry

が、一日の練習では、弾けるというには程遠い。そもそも、走る転ぶ毛躓くというリズム音痴の私であるが、その上、16分音符の譜読みが間に合わないのと、最後には息切れするという有様だ。が、こつこつと練習を重ねれば弾けなくはないような気がする(←自信過剰?)

さて、この3月に放送大学卒業したを母からのメールで、別の分野の学科に学士入学したことを知る。わが親ながらすごい学習意欲である。息子は全くの勉強ぎらいなのだが・・(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/15 23:10 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日の工房
色々な作業が進んでいるが、まずは、cherryの再セットアップの完了である。
DSCN0329.jpg


前の時には、この段階で、朝になったら駒が滑ってニスを傷つけていたのだが、今回は、少し長めに乾燥期間を取っているので、このままでも大丈夫だろう。
演奏可能状態にして、ネックやナットの微調整を行っている。最初の依頼項目のペグの調整は、少しずつ試しながら、進めているが、これはなかなか難しい・・・
ペグシェーパーの歯がなまっているのが最大の原因だろうけれど(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/15 01:32 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
友達の友達の・・・
SNSの発想は、一人あたり数人の友人がいる状況だったら、友達の友達の・・・と7人ほどをたどると、世界中誰とでもつながるという話であったと記憶している。

もちろん、友達の友達の友達が元に戻ってくることの方が多いはずで、指数的に知り合いが増えるなんてことは現実には起こらない。

というのは、ともかく、M氏の怪我をきっかけとした記憶喪失(笑)によって、工芸展デビューが消え、狸の皮だけが余った、い~ぐるであるが、知人の知人がカスタムメイドのバイオリンをほしがっているという情報を聞きつけた。もちろん、その人とは面識はおろか、名前すら知らないのであるが、この際、そんなことはどうだっていいのだ(^^;)

カスタムモデルは、ワインレッド色のオーダーだということで、今日から工房作業メニューが一つ追加された。

そういえば、アンダルシア君のニスの色をまだ決めていなかったが、何色ものニスを作るのも大変なので、ワインレッドにしてしまおうか・・(kityと同じ色なら、あまり手はかからずできるので、それでもいいんだけど・・)

ワインレッド、赤ワインの色ということだが、ここはやはり、赤ワインを買ってきて、飲みながら考えるべきか・・

というのはともかくとして、赤ワイン、実はそのまま染料になるんじゃないの?と思ったりもする。だが、ワインは水もかなり入っていて、そのままニスに使うと濁った色になりそう。

などと考えながら、ワイレッドってのは、完全な赤と違い、少し紫ぽい色でもあったりする。ということで、手持ちの染料だと、紫紺、サダラノキ、茜、マホガニーあたりでも調合してつくれるような気がする。

DSCN0328.jpg


なので、とりあえず、茜の色を抽出する作業やら、

DSCN0325.jpg


板厚調整やら、作業開始である。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/13 23:49 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
湘南番外地?
い~ぐるは、神奈川県は二宮町に住むのであるが、先ほど、ニュースサイトを巡回していて

【コラム】東京から一時間の田舎暮らし! 「湘南番外地スローライフ」 第1回 吾妻山にて桜と富士の春景色を楽しむ

なんてコラムを発見した。

が、大磯・二宮は、湘南の番外地ではなく、湘南ど真ん中である。

ウィキペディアには、
地名の由来は、大磯から望んだ平塚までの海岸線が中華人民共和国湖南省洞庭湖の南岸、「瀟湘湖南」に似ているとされて、またこの地域は相模国の南部にあたるため佳字を当てる意味もあって、明治時代に湘南と名づけたとされる。当初は相模川西岸に限定された呼称であったが、いつしか相模湾に面した地域一帯を指すようになり、現在では相模川西岸に限定して使用することはほとんどない。

この地域における「湘南」の語の使用例は、1664年頃に小田原の崇雪という外郎(ういろう)の商人が大磯の鴫立庵に建てた石碑に「著盡湘南清絶地」と刻んだものが最古のものである。この石碑は複製品が作られて鴫立庵の庭にあり、本物は大磯町が管理している。


となっており、大磯こそ湘南発祥の地であり、そのすぐ隣の二宮もほぼ同様の景勝地なのだ。本来は、西湘バイパスが走る側が湘南であり、茅ヶ崎や江ノ島・鎌倉は湘南とは無関係な土地だったのである。

しかも、このコラムで言うように二宮の生活を田舎暮らしと定義すると、大型スーパーが3店もあり、県下有数の店舗面積を誇るダイソーもある町では本当の田舎の人たちに申し訳ないような気がするのだが・・・(笑)
【2007/04/13 00:59 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
恒例の・・
先日、次の曲が決まったことを受けて、今朝の朝練では、恒例のレッスン前試奏を行った。

CAVATINA 20070412録音 アンダルシア君


例によって、決して夜中に一人で聞かないでください♪

現行の課題曲も録音しておいた。

ユーモレスク 20070412録音 アンダルシア君


最後にビブラート練習であるが、フィッシャーのBasicsに書かれている内容を先生に聞いて、実際に弾くところを見てもらい、少し感じがつかめてきた気がする

ビブラート練習 20070412録音 アンダルシア君


テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/12 23:16 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
2本のバイオリンのための楽譜
バイオリンは一人で弾くのもいいけれど、それ以上に、合奏が楽しかったりする。一人で合奏というのも、レコーダーを使えばできるので、デュエットの楽譜を前から探していた。デュエットと名のつく楽譜は日本でも色々出ているが、以前、楽器屋さんで見たけれど、どれもピンと来るものがなかった。

そんな時、アメリカのアマゾンに本を発注する必要があったため、ついでにバイオリンの関係の本も探してみると、
Violin Duet Classics Made Playable Violin Duet Classics Made Playable
Mary Ann Harbar (2003/11)
Mel Bay Pubns

この商品の詳細を見る


が見つかった(日本のアマゾンからも買えたのだが、どうせアメリカから買うものもあったので、ついでなのだ)

い~ぐるはアマゾンからの本は職場に送るようにしていて、先ほど到着したばかりである。

到着して目次を見てみると、全58曲+CDのこの楽譜、バッハやヘンデル、ブラームス、チャイコフスキー、ヴィバルディといった有名どころがずらりと並んでいて、編曲も案外易しい感じである。
職場で音を出せないので、アレンジの良し悪しは判断つかないが、楽譜を見る限り、無茶な部分は少なそうだ。

アマゾンへの数少ない文句が、楽譜のコンテンツが示されないことなので、収録曲の一覧を書いておこう。。(これだけ書くに、結構疲れた・・^^;)
収録曲
1 Brandenburg Concerto #5 J. S. Bach
2 Concerto #3 in D minor for Two Violins and Piano J. S. Bach
3 Partita #3 in E Major for Unaccompanied J. S. Bach
4 Jesu, Joy of Man's Desiring (Chorale from Cantata #147) J. S. Bach
5 Minuet (Klavier Inventions and Symphonies - Suite 7, BWV 822) J. S. Bach
6 Loure (Suite No. 3 for Violincello No. 5: Bouree) J. S. Bach
7 Minuet (Anna Magdalena, BWV 114) J. S. Bach
8 Minuet (Anna Magdalena, anhalt BWV 116) J. S. Bach
9 Sheep May Safely Graze (Soprano Recitative and Aria from the Birthday Cantata) J. S. Bach
10 Ode to Joy (from Symphony #9, Choral Finale) Ludwig van Beethoven
11 Minuet Ludwig Van Beethoven
12 String Quartet Opus 18 No. 6 in Bb Major - Ist Movement Ludwig Van Beethoven
13 Violin Concerto in D Major - Rondo Ludwig Van Beethoven
14 Carmen - Gypsy Dance Bizet
15 Carmen - Entr'acte Bizet
16 Carmen - Medley of Tunes Bizet
17 Allegro non troppo ma con brio from "Symphony #1" Op. 68 Brahms
18 Polovtsian Dances for Orchestra Borodin
19 Hungarian Dance #5 Brahms
20 Hungarian Dance #6 Brahms
21 Trumpet Voluntary Clarke
22 Reverie Debussy
23 New World Symphony Dvorak
24 Funeral March of a Marionette Gounod
25 Processional - Chorus from the oratorio "Judas Maccabeus" Handel
26 Serenade Haydn
27 Water Music - Hornpipe #6 Handel
28 Caprice Viennois (Opus 2) Kreisler
29 The Merry Wido - Waltz Lehar
30 Liebestraum #3 Liszt
31 Second Hungarian Rhapsodie Liszt
32 Italian Symphony Symphony #4 in A, Opus 90 - 1st movement Mendelssohn
33 Gavotte Lully
34 Violin Concerto in E minor - Allegro, molto appassionato; Allegro, molto vivace Mendelssohn
35 Wedding March (A Midsummer Night's Dream, after Act 4) Mendelssohn
36 On Wings of Song Mendelssohn
37 Overture from "Die Zauberflote" Mozart
38 Eine Kleine Nachtmusik Mozart
39 Symphony No. 40 in G minor K.550 Mozart
40 Orpheus in the Underworld - Galop Offenbach
41 Canon for 3 Violins and Continuo (Opus 11) Pachelbel
42 Moto Perpetuo Paganini
43 Musetta's Waltz from the Opera "La Boheme" Puccini
44 Scheherezade - Lento - Violin Solo Rimsky-Korsakov
45 William Tell - Overture Rossini
46 Ave Maria (Opus 52 No. 6) Schubert
47 Serenade Schubert
48 Trout Quintet Schubert
49 Symphony in B Minor (Unfinished) Schubert
50 Poet and Peasant Suppe
51 Canzonetta from "Violin Concerto Opus 35 - Andante" Tchaikovsky
52 1812 Overture - Concert Overture Tchaikovsky
53 Romeo and Juliet (from the Overture-fantasia) Tchaikovsky
54 Swan Lake Ballet - Opening Theme Tchaikovsky
55 Swan Lake - Dance of the Swans (Act 2 - Allegro Moderato) Tchaikovsky
56 Bridal Chorus (from the opera "Lohengrin," Scene 1 - Moderato con Moto) Wagner
57 The Four Seasons - Autumn (RV 293 - Opus 8: 12 Concerti, #3, Mvt. 1 Allegro) Vivaldi
58 The Four Seasons - Spring (RV 269 - Opus 8: 12 Concerti, #1, Mvt. 1 Allegro) Vivaldi

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/12 14:08 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
狸の皮
今日の会議で、横浜で工芸展を主催するM氏と一緒だった。
実は、彼には3月の会議の後で、「バイオリンを出品できないかなぁ・・」と打診していて、「資料を送ります」と言われたままになっていたのだった。

会議の後の懇親会で、「い~ぐるさん、話を聞いていますか?」と言われ、何のことだと思ったら、3月の会議の後、駅のホームでかなりの怪我をしたらしい。

次の工芸展の案内はがきをいただいたのだが、どうやら、い~ぐるが打診したことは、怪我とともにすっかり忘れ去っているようだ(^^;)

バイオリンは価格的にふらっと訪れた人が買うようなものではないにせよ、フルートくらいなら置かせてもらえば数本は売れるかも?などと狸を数えていた い~ぐるであるが、すっかり肩すかしをくらったのである。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/12 00:38 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レッスン60回目
この4月から、先生は出張レッスンができなくなったので、今日は先生宅でのレッスンである。

仕事を早めに切り上げて、東に車を走らせる。

先生宅には始めて行くので、念のため、GPSと地図ソフトを持っていくことにした。出発前に、ソフトの経路検索機能を使って、お勧めコースを探すと、どう考えても普通は通らない、遠回りの高速道路経由が表示される。先生の家の方に行くには、普通に考えれば、134号線をまっすぐ東に走るはずなのに、わざわざ町田から横横道路経由が指示されるのだ。

いつも渋滞する134号線を懸念して、余裕を見て約束の2時間前に出発したが、思ったよりも渋滞は短く、30分ほど前に到着した。あまり早く行っても失礼なので、車を置く場所を探してしばらくうろうろしたが、近くの駐車場は見つからず、来る途中で道に迷ったついでに見つけた公園の駐車場まで戻り、車を置いた。車で来たときにはすぐ近くのような気がしたが、歩いてみると、思ったよりずっと距離はある・・(^^;)

今日持ち込んだ楽器は、アンダルシア君である。ニス塗り開始前にできるだけ弾き込んでおこうと言う魂胆だ。

レッスンの前に調弦であるが、最近、チューナーでばかり調弦している私は、音とうなりであわせるのが下手になってきたかも?

分散練習:最初の数小節弾いたところで、先生が「あれ??」という顔をして、楽譜を見る。
「これ、2回ずつではなく、1パターン1回ですね」

スケール練習:4の指が高く取りがち。全体に音程に問題。直前練習なしで、この課題は難しい・・

SEVCIK:「どんどん行っちゃいましょう」ということで、二つの課題とも次に進む。

ビブラート:G線の時、指が寝るので、もう少し指を立てて弾く。それ以外は全体にいい調子ということだ。

ユーモレスク:音の強弱はOK。はじめの部分のパターンでは、弓を置いてから弾く、音の終わりに弓を上げて、弦を響かせると、前にはできたはずだが、注意注意。和音部分の音程、一音ずつしっかり練習して音程を合わせること。フォルテとなる転調部分、しっかりと弾くこと。

とまぁ、色々と課題は山積している。一つには直前練習ができないというのが理由ではあるが、普段の練習で注意しきれない部分も多い。

それでも、かなり弾けるようにはなってきたので、次はピアノの伴奏をつけて、終了にしましょうということになった。

「次にやりたい曲はありますか?」

と問われ、
「バッハの無伴奏ソナタIのフーガがいいですね~」
「あれ、かなり難しいですよ~」
「やっぱり・・自分でも無理かもとは思っていたんですが
^^;
他には、カバティーナをやりたいです」
「これ、すごくいい曲ですよね。」

ということで、次回、ユーモレスクが終了したら、カバティーナを始めることになった。

品川に出ることも増えることが予想される今後のい~ぐるであるが、レッスンが平日夜となると、練習は平日夜に集中してやらないといけないので、やはり静音バイオリンがほしくなる。
昨夜、手持ちのエレキバイオリンで、練習したのだが、重たいエレキでは長時間の練習ができないし、第一、ボディの厚さが通常のバイオリンと異なるため、弓の角度など微妙に違ってよろしくない。
ミュートバイオリンを作ろうと、何度かオークションでジャンクのバイオリンを仕入れたが、仕入れるたびに、ちゃんと使えるようにしてしまうと、穴を開けてミュートバイオリンにするのがかわいそうになってしまう(^^;)

ということで、静音バイオリンは材料からそのつもりで作るのが一番という結論になりつつあるのだ。夜間練習用静音バイオリンと割り切れば、スクロールが不細工でも、バイオリンペグの代わりにマシンヘッドにしても全然問題はないので、大胆なデザインが採用できる(はず)

今日は、留守録にデジカメ修理完了というメッセージが入っていた。長かったねぇ・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/11 00:57 】 | バイオリンレッスン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
移動の春
研修のスタッフとして、一泊二日の出張に行ってきた。
昨日の夕食時に、事務の女性から
「先日の東京への出張上申、私は入力できないんです」
えっ?
「い~ぐるさん、本務先が品川に変更になったので、出張上申は品川に出してくださいといのことです」
はぁ~~??なんだそれ?全く聞いていないぞ!
主任に話したら
「ここはそういう訳の分からないことがよくあるから・・」
よくあれば、あってもいいのか!?

研修が終わって、品川の事務からメールで、
「東京への出張は、品川を起点に交通費を清算します」

ぉい・・
【2007/04/09 20:56 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハダン
タイトルを見て、「もしや、せばすちゃん氏の婚約の話か!」と色めきたった全国7000万人のせばさんファンの女性諸君、残念ながら、氏とは無関係な記事である。

ハダンしたのは、
DSCN0324.jpg

グラインダーに付属のルータ用フレキシブルシャフトである。

そろそろニス塗りの準備にかかるアンダルシア君の表板のエッジを彫っているときに、ルータービットが動かなくなってきたと思ったら破断してしまったのだ。

このグラインダー、安価でルーターもついているということで、購入したのだが、「ホビー用」と名がついているだけあって、パワーはないし、挙句の果てに、唯一の購入理由のルーターも使えなくなったとなれば、ほとんど無用の長物と化してしまった(^^;)

今日は、明日からの一泊の出張前に火曜日のレッスンのための練習をしようと、仕事をサボることにしたのだが・・・

練習を取りやめて、ホームセンターに車を走らせた。

しかし、ホームセンター、思ったようなものはない。(グラインダーとセットで5000円で買ったものの修理にシャフトだけで5000円もするものは買いにくい^^;)

その上、歩いていると不思議と買い物籠は重くなっていくのだ(爆)

適当に買い物を済ませて、帰ってからは、少しアイリッシュを録音

JIG

Hornpipe

Polka

Mazruka

O’carolan

え~~っと、誤解のないようにあえて書くけれど、い~ぐるのレパートリーが増えたわけではなく、初見状態からそれぞれ2~3回の練習だけでいきなり録音しているので、楽譜がなければ全く弾けません~

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/07 20:53 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンを磨く
補修中のCherryだが、実は作業は毎日しているが、絵として全くといっていいほど変化がないので、ブログへの記録は久々である。

ニスの傷はほとんど消えたが、最後の上塗りニスの刷毛跡があちこちに残っているので、これを消しながら、バイオリンを磨いているのだ(何日磨いているか分からないほど続いている・・)
DSCN0323.jpg


バイオリンのニスは熱に弱いので、あまりごしごし磨くと傷になる。しかし、弱く磨いても刷毛跡なんて全く消えないので、少しトリックを使う。

磨くときに、薄いセーム皮のシートを使っているが、これで磨いていてニスが柔らかくなって表面がざらついてきたら、少しずつ磨く力を緩めて温度を下げ、ニスを硬化させるのだ。

要するにアニーリングのようなことをしているのだ。

これ、うまくいくと、かなりぴかぴかになるが、今回のように面積が大きいと、やたらと手間がかかってしまう。

電動ツールが使えないかと、過去何度も試してはニスを傷つけてきたので、今回は電動はなし

いつ、磨き終わることやら・・(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/06 23:34 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アルミパイプ その後
アルミパイプでもなんとなく音が出そうな気がしたのだが、歌口が薄いのが気になっていて、帰りにホームセンターにより、塩ビパイプを買ってきた。塩ビパイプとアルミパイプ、二つとも、穴をいくつか開けてみる。
DSCN0322.jpg


さて、こいつらでどんな音が出ることやらと、夜にもかかわらず、また録音(^^;)

実は、指穴は広げると音が下がるので、少し細めの穴にしておいて後からチューニングしようという魂胆があったのだ。


アルミパイプフルートの音

塩ビパイプフルートの音

もくろみは大いに外れて、まずは音を出すことすら、安定しないので、チューニングどころの話では全然ないのであった(^^;)
【2007/04/05 22:16 】 | アイリッシュフルート | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
新たなる挑戦?
先日、読んでた
楽器の音色を探る 中公新書 / 安藤 由典
には、フルートの歌口の設計の話が書いてあった。これに影響を受け、歌口の設計はともかく、多少なりとも音が出るものが作れないかと思い立つ。
そこで、帰りにダイソーによって、塩ビパイプがないかと探したのだが、残念ながら見つからない。その代わり、アルミパイプは見つかったので、16mm径のパイプを一本買い求めた。

これを適度な長さに切って、穴を開ける。
DSCN0320.jpg

歌口の穴の位置は結構微妙であり、端過ぎると、空気抵抗が足りず、音にならないし、長すぎてもいけなさそうだ。長いほうは共鳴管となるため、両端開放で共鳴するように長さを決める。今回は、G管に設計したつもり(だが、歌口側は完全開放でないので、補正が必要らしく音程は合わない。今はまだ補正まで考えていないが、後から考えよう・・)

最初につけた穴では、抵抗が足りず、どうしようもなかったので、そこは手でふさいで、次の穴から息を吹き込む。

といっても、吹き系が昔から大の苦手であった私に、こんなものできるわけないが、とりあえずやるだけやってみよう。

実は、録音していないときに、一度だけ、大音量で音が出たのだが、その後何度やっても、以下のとおり(^^;)
アルミパイプを吹いた音 20070404

しかし・・・これ、マジに酸欠になりそうだ(笑)

そういえば、フルートの頭管部って、詰まっていたよなぁと、パイプの片方を親指で押さえて吹いてみる事を思いつく。
頭管部を親指でふさいだアルミパイプの音

しかし、さすがに、親指で抑えるのはあんまりなので、スポンジをつめてみる(フルートではコルクなんだが・・)

DSCN0321.jpg


で、音を出してみると・・
頭管部をスポンジで抑えた音

え!? 案外、素直な音に聞こえないかい?? (← 自己満足)

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2007/04/04 22:40 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
弦の取り回し
ふと思いついて、ペグ周りの弦の取り回しの補助線を引いてみる。

DSCN0319.jpg


この写真より、実際には4mmほどスクロール側にしないと、ペグは回しにくいけれど、そうすると、ペグボックスを彫るのが大変そう・・(弦のテンションに耐えられるのかもあるが・・)

さらに問題は、ネックの幅だ。28mmくらいないと、指が滑り落ちるか?
弦の間隔を10%程度縮めれば、無理して26mmくらいか・・

なんにせよ、やってみないと分からないこともある(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/04 01:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。