FC2ブログ
キリギリスな一日
今日は、朝からウグイスの鳴き声を聞きながら目覚める。
久々のオフ日なので、明日のレッスンに備えて、バイオリンの練習の日にしよう。

ということで、とりあえず、アンダルシア君の板も調整する(あれ?)
IMGP0678.jpg


もともと使っていた小さなスクレーパーだと、大きな曲面をきれいに仕上げるのは難しい。かといって、大きなスクレーパーをわざわざ買うのもばかばかしいということで、カナノコの歯をスクレーパーとするのだ。

これ、鋸の歯がついている側は、櫛歯のスクレーパー代わりになるので、案外便利である。もちろん、仕上げは歯がない側で行う。
IMGP0679.jpg


今回の調整は微調整に近いので、あまり大きな音色の変化は期待できないが、例によって、アンダルシア君の音である。
3月10日のアンダルシア
アンダルシア君だけを弾いていると、なんだかとてもよい音に聴こえてくる。(い~ぐるは、何でもよいほうにバイアスがかかるので、欠点は見えなくなってくるのだ 笑)
そこで、い~ぐるの楽器の中で唯一まともに板厚調整をしたkityも弾いてみる。
3月10日のkity
例によって、A線の開放弦の周波数分析もしてみよう。
左がアンダルシア君、右がkityである。
andal-20070310.jpgkity-20070310.jpg


kityの方が高音側のレベルが落ちていて、しっとりした音になっている以外の違いは結構微妙だが、弾いた感触ではkityに一日の長がある。アンダルシア君は板厚を計ってもいないのだから、ここまで肉薄できただけでも上等といえよう(笑)

例によって、遊びの曲もいくつか弾いている。
まだぜんぜん弾けないが、こんな曲をいつかはやってみたいものだ

いろいろ弾いたけれど、あまりまともに録音したものはないのだ(^^;)
クライスラーから2曲
愛の悲しみ
美しきロスマリン

今週はゆっくりセッションには出られないので、アイリッシュも自宅練習しておく(^^;)

Varse of Vienna
St. Anne’s Reel

実は、キリギリスしているときに、なんだか玄関をたたいている人がいる?と思ったら、宅急便だった。(来週の出張の航空券である)

何でドアチャイムを鳴らさないのかな?

ハッ、もしかして、鳴らしても聞こえなかったのか?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/03/10 21:16 】 | バイオリン練習 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |