FC2ブログ
MIDIシーケンサ・・その後
備忘録として、作業内容を書いておこう(実は、一度記事が完成間際までいったのだが、写真をアップロードしようとしたら、記事が消えた!ので、簡略化してやりなおし)

・Windows98にCAKEWALK DOS版をインストール
 (HP200LXに入っていたカードを抜き、USB経由でファイルを展開)
・PIFファイルの設定を行い立ち上げるも、画面表示されず
・ビープ音は出ていたので、おそらく、画面モードだと推定し、USモードに変更
・MIDI Portが見つからないメッセージ
・CAKEWALKの設定チェック→OK
・BIOS設定チェック→OK
・デバイスマネージャ確認→COMポートなし(!)
・COMポートのデバイスドライバインストール
・再起動
・CAKEWALK起動
CAKEWALK


起動してみると、マウスも使えるし、HP200LXと違ってカラーである。案外便利かも?と思っていたが、DOSプログラムをWindows98で動かす場合には、DOS窓がアクティブになっていないと、プログラムが止まることが判明
これじゃ、MIDIで伴奏しながら、録音なんてできないじゃん?

運用でカバーすべきか、しばし熟考

HP200LX本当にNGなのか、再度電源投入チェックする。カードが入っていないので、ROMのPIMが立ち上がる。
あれ?立ち上がる?

と、何度繰り返してもちゃんと立ち上がるのである。


これって、もしや、管理情報がおかしくなっていただけで、物の壊れではない?

ということで、結局、HP200LXには問題はなかったのだ。

だとすれば、MIDI伴奏中の録音も問題なくなるし・・一石二鳥である。


話は、しばし戻って、いつぞやの出張の懇親会でFさんは、娘に「私は結婚するならお父さんみたいな理系の人がいいな」と言われ、非常に喜んだが、「だって、便利だもの」という一言が続いたということだ(笑)

理系→便利

なのか?便利だから結婚するのか?
とかく世の中、難しい(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/30 23:08 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
とりあえず、分解・・
長年使っていたキッチンタイマーがしばらく前から動かない。
これ、完全機械式のタイマーなので、部品の破損とかでなければ、直るかな?と、

とりあえずは分解してみる

タイマ


タイマーとして動作する仕組みをギヤの動きから探りながら、おかしなところがないか探す。

部品が破損している箇所はとりあえずなさそうなので、ギヤのかみ合わせか何かが狂ったのだろうと、多少の希望が持てる。

しかし、いくら眺めても狂っていそうな部分がないのだ。

スプリングで動く振り子の部分を触って、「ここが、左右に振動しなくちゃいけないんだよなぁ・・」と思いながら、少し多めに回してみると、カクっと音がして、回し止めを越えて振り子が回る。

あれ?これって・・と、スプリングの巻きの強さを見ながら、振り子を動かしていると・・・カチカチカチ・・ 動き出した!

原因をとことん追い詰める前に、動き出してしまったのだが、とりあえず、その状態で、再度組み上げて無事動作するようになった。

何でも、とりあえず、分解してみるものだ(笑)
【2007/01/30 20:29 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
MIDIシーケンサ
バイオリン練習のための、ガイド音源を出すために、MIDIシーケンサソフトCAKEWALKを使ってMIDIコントローラとして利用していたHP200LXであるが、前に最近調子が悪いと書いた。が、一度立ち上がったら、電源を切るまでは何とか動いてくれるので、今は電源を入れっぱなしにしている。(このパソコン、単三乾電池2本で20時間動作するので、ACアダプタにつないで動かしていても、電気代はあまり気にならない 笑)

しかし、この調子でいつまで持つのか分からないので、善後策を考える。

電子ピアノの近くには、音の収録のため、古いパソコンも置いてある。これがMIDIコントローラとなれば、代用には充分だろう。(DOSに比べて、かなり立ち上がりが遅いが・・)

このパソコン、Windows98を搭載しCPUにCerelon 566MHzを持つ、5年前の最新廉価版機種である。手持ちの最新MIDIシーケンサ SonarLEは動作しない(^^;)

ということで、普通のUSB-MIDIケーブル
UM-1EX USB MIDIインターフェース UM-1EX USB MIDIインターフェース
(2005/10/27)
ローランド
この商品の詳細を見る
を調達しても役に立たないのだ。

そんな時、ふと、HP200LXからMIDIをコントロールしているのは、シリアルポート経由で、MIDI音源 MU-15を介在して電子ピアノに接続していることを思い出す。

なぁんだ、それなら、HP200LXで使っているCAKEWALKのDOS版をPavilionに持って行けばいいじゃないか。と思いつく。WindowsXPのようなアタラシイOSだと、DOS版のソフトは利用制限があり動作が難しいが、Windows98はDOSとは互換性が高かったはずだ。

ということで、MU-15に接続するシリアルケーブルを探す。こんなケーブルは、秋葉原が近ければなんてことないが、秋葉原への往復だけで、3,000円の交通費と4時間の時間がかかる我が家では、早々気軽に買い物にはいけないのだ。

そこで、アマゾン・ドット・コムの出番がくる。何しろ、アマゾン、1500円を越える買い物には送料がかからないのである(笑)

MU-15に接続するにはPCからマックへのシリアルクロスケーブル相当品があればいいのだが、こんな特殊なケーブルはさすがに中々見つからない。と思ったら、

YAMAHA シリアルケーブル(DOS/Vロング) [CCJPC2L] YAMAHA シリアルケーブル(DOS/Vロング) [CCJPC2L]
(2005/09/16)
ヤマハ
この商品の詳細を見る


YAMAHAさんから、ちゃんと出ていた。
もちろん、ただのシリアルケーブルにしては、プレミア価格である(笑)が、秋葉原に行くことを考えたら安い(^^)

ということで、本日、シリアルケーブルが到着である。実験はまた後日・・

ところで、アマゾン、お勧めの書籍がトップページに出てくる。何気に見ていると・・

のだめカンタービレ #17 (17) / 二ノ宮 知子

あれ?17巻なんてもう出ているんだっけ?と思ったら、予約販売であった。

さすが、アマゾン、商売っ気たっぷりである(笑)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/30 02:48 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |