FC2ブログ
駒とたわむる
週末であるが、土曜日が休みではない い~ぐるは、本来出勤である。が、今週はたくさん出張が続いたし、体調の回復を図る必要があると勝手な理由から休みとした。

午前中は、仕事をして、午後は、CDを聴きながら工作の時間である。

先週、無加工のまま取り付けた駒をはずし、概略のアウトラインを決めて、大雑把に加工する。(駒以外にもまだ色々とありそうなので、時間をかけたフィッティングは躊躇するのだ 笑)

ついでに、魂柱を少し太めで短めのものに変更。

駒


駒を取り付けるときに、あれ?と思う

実は、このアンダルシア君、fホールのノッチが左右でかなり違う位置についていて、駒の取り付けの目安にならないのだ(笑)
fホール


写真では、少し見えにくいが、右側のノッチの位置がずれている。左側はあっていたので、左だけを目安に立てればいいのだ。

相変わらず、顎当てもないアンダルシア君だが、しばらく弾いていると、顎当ても肩当もなくても、何となく弾けるから不思議だ(^^)

ただ、楽器の安定は悪いので、他の弦の音を出しやすくなるのは玉に瑕である。

駒と魂柱をいじったおかげで、全体のバランスは良くなった(気がする)し、案外、響く?

駒と魂柱を交換後のアンダルシア

前の音との比較結果は・・
未加工駒に交換
パーフリングチャネルに切れ込み

アンダルシア君、中々良いかも?と思って、そういや、eagleはどんなだったかなと、弾いてみる。
eagleで録音したブーレと音階

正規化しちゃうと分からないが、楽器の音量は断然eagleの方が上であった。

さすがに、板厚を調整しないでは、このあたりまでが限度なのかな・・

さて、ちょこっとだけアイリッシュ

アンダルシアでサリーちゃん
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/27 21:00 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |