FC2ブログ
ビオラの音とサイズ
低音楽器はサイズが大きい。
これは、音の波長が低音ほど長いことで説明がつくといわれる。

今まで、あまり疑問にも思わずそうなんだと思っていた。

実は、ビオラには標準サイズというのがなく、形もさまざまなものが使われている。先日のベルリン・フィル8重奏団のビオラおじさんは、お尻がハート型のように膨らんだビオラを使っていたが、これも、低音を出せるように胴の容量を大きくしているのだろう。

ところが、例の本
The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound
James Beament (2001/03/15)
Oxford Univ Pr (Sd)

この商品の詳細を見る

ビオラの大きさと音には相関がないと書かれている?

つまり、ビオラらしい音というのは、各弦のピッチとブリッジ形状、魂柱・バスバーの位置で決まり、大きさは音質に関係ないというのだ。

極端な話、バイオリンにビオラのピッチに合わせた弦を張り、適切に調整しさえすれば、充分ビオラの音になると書かれている。

これが本当なら、わざわざ弾きにくい大きなビオラを作る必要はなく、バイオリンをビオラ音に調整すればいいってことになる。

ただ、分数楽器は小さな音しかしないように、極端にサイズが小さい場合には、音量は小さな楽器だとあまり期待できないかも?と思うが、分数楽器も1/2以上だったら、音量的にも充分なものが得られると、かの本には書いているではないか・・

バイオリンを調整しさえすれば、本当に、ビオラらしい音が出るものか、本で書いてあることは確かめざるを得まい(笑)

ますます深い闇の深淵を覗き込む、い~ぐるであったが、とりあえず、この出張の嵐が過ぎ去るまでは、何にも出来ない(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/24 22:47 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |