FC2ブログ
F字孔からのぞく微妙な角度
今朝、朝練の時にふと、「魂柱、斜めってないか?」と疑問に感じ、スコヤを表板にあて、垂直線の延長上にF字孔から魂柱が見えるように工夫して、角度を確かめてみると、ほぼ2度程度のずれが感じられた。駒側の位置は変えずに、裏板側だけ、魂柱立てで少しだけ叩いてずれを修正。
音の微妙な違いは録音して周波数特性で見るのがよさそうだが、聴いた感じは納得できる程度の音になったような・・(^^;)

夕方から東京で会議があり、先ほど(午前1時過ぎ)に帰ったところで、音だしはとてもできる時間ではないので、後日ということになる。

出張の友である例の本
The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound
James Beament (2001/03/15)
Oxford Univ Pr (Sd)

この商品の詳細を見る

も、ちょうど、駒と魂柱の動作、胴の振動の話にかかったところで、かなり参考になりそうな雰囲気である。

夕べ、最後のレッスンの夢を見た。
ロスマリンの曲をやっていたが、先生は
「こんな感じの編曲もあるんですよ」
と、同曲の変奏曲を弾いて聞かせてくれた(夢のメロディーは覚えてないけど ^^;)
それを聴いているときに、突然、「のだめ」の一場面、ラフマニノフコンチェルトでミルヒーと共演している千秋が「もうすぐ終わりなのか・・やだな、もっとこの人の音楽に触れていたかったのに・・」
と思っている場面がフラッシュバック(夢の中なのに 笑)

こんな夢を見るなんて、普段、無意識のうちに、なるべく考えないようにしているのだけれど、本当は潜在意識の中で、かなり気にしている証拠かも・・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/12 01:42 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |