FC2ブログ
長屋の寝床
高校の頃の旧友達とカラオケボックスにて、旧交を暖めた。
待ち合わせにKと来たSは、何やらドンキの袋を持っているが、見ると、コンパクトなキーボードである。

「鳴り物は多いほうがいい」

Sは重ね重ね、色々と気がつく奴である。ありがたい。

カラオケボックスの機械は騒々しいので、電源を切ってしまい、ただの飲み屋のようにつまみと酒を頼む。

ビールをピッチャーで何杯頼んだか分からないほどになってから、じゃぁ、そろそろと、おもむろに楽器を取り出す。

調弦は、キーボードの音に合わせようと、チューナーを取り出して、キーボードの音をチェックするが、音を出すたびに音程が微妙に変わる?

楽器屋で「安いキーボードは音程が悪い」と言われたらしいが、デジタルの機械でそんなに違うのかと思ったら本当に違うんだなぁと感動するS

さすが、安物楽器である(^^;)

いくつか楽譜を持ってきたが、Kはカノンは弾いたことがあるらしいので、Sのキーボードとあわせ主旋律を3声のカノンとしよう。

Tの奥さん、Rはマンドリン部の後輩であったが、実はギターパートだということで、マンドリンは弾いたことがないらしい(^^;)が、勘のいい人なので、マンドリンはスムースに弾けていた。

で、通奏低音をマンドリンで弾いてもらいながら、4人でカノンを弾いてみる・・・が、出だしテンポが早い・・案の定、32分音符では追いつかない(^^;)

再度、スローペースでといって、トライ。
なんとか様になったか?

アルコールドリブンで演奏しているため、客観評価は0である(笑)

と、楽器を持たずに鑑賞に回っていたTは
「長屋の寝床」だなとつぶやく。^^;

追記:柳家さん弥さんの寝床のポットキャスティングがネットにあったので、ご紹介。


つぎに、みんなで弾けそうな曲ということで、アイリッシュのポルカ「Eagan's」の楽譜を配り、「タイタニックの映画に出てくる曲だ」と説明するが、4人ともタイタニックは見たことないらしい・・(この人たちって・・・まぁ、予想できる展開であったが 笑)
T夫妻、子供の名前は新世紀エバンゲリオンの登場人物からつけたりするほどの映画好きなのだ。が、タイタニックは見ない。

さすが、昔からやっていただけあって、Kは楽譜初見ながら、すでに私より上手に弾けるではないか(爆)

せっかくの機会なので、バイオリンを回し、TやSにも無理やり弾かせてみる。

ワイワイ騒がしく過ごした後、じゃぁ、二次会行こうということになったが、暮れのこんな時期にも関わらず、どの店も入れない。

地元のTが心当たりを探してくれているが、どこも一杯だ。何軒か目では、「席はあるんですが、客が多くて、手が回らないので、お引取りください」と断られた・・我々って、そんなに怪しい集団に見えたのだろうか(笑)

数軒回ってあきらめ、Tの自宅(新築)にみんなで乗り込む。

ちょうど子供達も戻ってきたところで、せっかくなので、バイオリンを弾かせてみようと楽器を取り出す。
長男は中学生だが、中々上手だ。が、弦を左手の親指で押さえようとするので、「こっちの指で押さえたほうが楽だよ」と教えてあげる。

弦、一本だけで弾ける曲をということで、ショパンのノクターンを触りだけ「こんな感じで」と弾いてみせると、音をとりながら、結構、さまになっている。

「曲知っているの?」
「お母さんがピアノで時々弾いているから・・」

さすがである。が、お母さんRは、「音程が悪いと気持ち悪いのよね~」彼女、Sとともに絶対音感の持ち主である。

長屋の寝床では、さぞかし気持ち悪かっただろう(笑)

ひとしきり話をした後、タクシーを3台呼んでもらい、深夜にそれぞれの方向に帰宅する。春に続く締め出されを心配していたが、今度は裏戸の鍵は開いていた(開いてて良かった・・^^;)

急な話にも関わらず、楽しい時間が過ごせました、皆さん、長屋の寝床に参集いただき、ありがとうございました。

特に、Sよ、色々と手配のほど、ありがとう。
いつも、Sの手配は細かく気が回るくせ、何かが抜けたりするのだが(笑)、今回は、決定的な抜けはなかったような・・・?

朝になると食欲がなく、気持ち悪い。。
夕べの帰り、タクシーに乗って以降のことはおぼろげにしか覚えていないが・・・ハッ、もしや千秋のように音に酔ったか?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/31 10:49 】 | セッション | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |