FC2ブログ
ヴァイオリンを愛する友へ
今日の昼休み、ドロシー・ディレイの本を返しに行ったついでに、メニューインのこの本
ヴァイオリンを愛する友へ / イェフディ メニューイン
を借りてきた。

実は、先日紹介した「楽器の物理学」も職場の図書館に置いてあり、一度は手に取ったが、かなり厚い本だったので、冬休みにでも改めて借りることにして、もっとお手軽そうな本を手にしたのだった。

はじめにの章から順次読み出して・・ええっ???

実は、178ページのこの本の、22ページから64ページまではメニューイン自身がモデルとなって、写真付きで体操の実技指導のページとなっている。

そこでは、いきなり
メニューイン

こんな写真が出たりするのだ(^^;)

ハッ、たにつちさんの足の舞はメニューイン直伝だったのか・・・




メニューインは練習の時には重い金属のミュートをつけて練習すると書いている。ミュートをつけると、バイオリンらしい音じゃなくなって、楽しくないからと、夜は練習をしていないのだが(言い訳? ^^;)、巨匠がミュートをつけているとなると、やはり、ミュート付きの練習も取り入れる必要があるか・・(って、時間がないよ~)


今日は、午後から職場で行われる展示会の説明員だった。が、私は予定を一日勘違いしていて明日だと思っていた。
説明員には、お弁当が出るのだが・・・昼休み、しっかり食事を取ってしまった・・・(なんか立て続けに・・ チームマイナス6%!から怒られそうだ 笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/06 20:08 】 | バイオリンの本 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |