FC2ブログ
糸川英夫博士のバイオリン
日曜日にお伺いしたアルテ工房の山岸さんは、糸川博士のバイオリンの面倒も見たということであった。
「板の裏に板厚を示す数字がびっしり書いてあるんですよ~」
「確か、バーが2本あったんですよね」と、い~ぐる
「そうなんです、ハイバーはバスバーと違ってまっすぐなんですが、魂柱は細いハイバーの上に立てなくてはならず、苦労しました」
などという会話をしていた。
糸川博士は45年をかけてバイオリンを完成させたのである。その話は、
八十歳のアリア―四十五年かけてつくったバイオリン物語 八十歳のアリア―四十五年かけてつくったバイオリン物語
糸川 英夫 (1992/06)
ネスコ
この商品の詳細を見る

に書かれているらしい。

なんで、アルテ工房に糸川博士のバイオリンが・・?と思ったが、不思議な縁があるのだろう。

さらに、糸川博士のバイオリンの音は、中澤きみ子氏のCDに録音されている。
至高のE線 至高のE線
中澤きみ子、マスネ 他 (1995/07/05)
キングレコード

この商品の詳細を見る


ついでにいうならば、中澤きみ子氏の夫はアルテ工房の社長らしい(noriちゃん情報)。

アルテ工房の社長はバイオリンドクターということだ。
魂柱の歌―あるヴァイオリンドクターの物語 魂柱の歌―あるヴァイオリンドクターの物語
中沢 宗幸 (2001/07)
文芸社

この商品の詳細を見る


まるで推理小説のように点と点が線でつながっていく・・

今日は、町田で会議であったが、某理事長は音楽好きである。私がバイオリンを始めたことも知っている。ので、雑談の中、音楽の話も出た。彼の娘さんはビオラ弾きだそうで、トラとしていろいろなオケに参加しているらしい。が、「音楽家って、投資対効果は全然ですよ」と強く主張されていた(^^;)

事務局のNさんの甥っ子は、北海道から東京まで毎月バイオリンのレッスンに通ったが、結局、音楽の道をあきらめ、医学部に進学したそうな・・「投資対効果は絶対医者の方がいい」ですな~、確かに。でも、音楽をそれほどやっていながら、針路変更で医学部に入れちゃう実力って、すごいかも?(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/11/28 22:23 】 | バイオリンの本 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |