FC2ブログ
ひねもすのたりのたり
午前中は歯医者に行ったり、郵便局に行ったりと用事を済ませることに。出かけるついでに、デジカメを持って行って、身近なものを撮影。お散歩デジカメのレンズには、RIKENON 50mm F2を選択した。RIKENON 35-70mm F3.5と迷ったが、最短撮影距離が50mmの方は0.45mに対し、ズームは0.8mと長い。マクロを使わずに寄れる距離で見ると、50mmのレンズの方がお散歩撮影にはいいと判断したのだ。もっともデジカメにつけると、50mmといえども中望遠レンズになってしまうのだが・・

タンポポアザミ

郵便局に行く途中に図書館がある。図書館の駐車場に車を止めて、ここでも撮影しようと茂みに近づいたら大きな鳥が驚いて飛び立った。
鳥

首が長い、灰色の鳥であるが、なんだろう・・
撮影しようとしたものは、
ガマ

ガマの穂である。すでに綿になったものもいくつか見られるが、たぶん昨年以前の穂なんじゃないかな・・

歯医者が終わって、近くの魚屋でカマスを買って、お昼は塩焼きである。
カマス


午後から、懸案だったeagleの裏板の補修に手を付ける。
電子レンジで泡立った裏板を食用油で油研ぎをする。
油研ぎ


最低限の補修で何とかならないかと思ったが、どうにもなりそうもないなぁ。やはり、裏の塗装はほとんど削り落とさないと駄目かも?ということで、途中で中断中(^^;)

日が傾いてから、バイオリンの練習である。厳密に比較しているわけではないが、(演奏のテクニックはともかく)バイオリンの音が良くなってきたような気がしている。たとえば、次のような短いフレーズを弾いてみる。
J.S.Bach partita III preludio 2006-11-04 kity

音程もリズムも酷いものだから、音楽的な鑑賞には当然たえないものであるが、音を聞くために録音しているのだ。次にこの曲をやるなんてつもりは全くないのでご安心あれ(誰に向かっていっているのやら 笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/11/04 18:27 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
13夜の月
11月3日は晴れの特異日である。
ので、今日も天気がよく、観光に向かう車で高速道路は大渋滞だったそうだ。

が、私は朝からずっと仕事のイベントで屋内であり、夜になった帰りには空は曇ってきていた。今夜は13夜だそうだが、月も出たり曇ったりで中々姿を現さない。

このところ、月の撮影にはテレコン(拡大レンズ)を使っていたが、どうも収差が出ているような絵しか撮れないので、テレコンなしでの撮影をトライしてみた。

手元にある多少焦点距離の長いレンズといえば、35-70mmズームの望遠端か50mm標準レンズであるので、これらで撮影を試みる。

まずは70mmの望遠端での撮影
月50mm

PENTAX *istDL/RIKENON 35-70mm F3.5/F8 1/250sec ISO 400

次に50mm標準レンズでの撮影

月70mm

PENTAX *istDL/RIKENON 50mm F2/F8 1/250sec ISO 400

やはり、生のレンズを使うと解像度良くきれいに取れている。

二つのテレコンのうち、どちらが収差を出すのかを試そうとしたら、月は隠れてしまい、不明であるが、テレコンがあまり使い物にならないなら、これらはすっぱりあきらめて、長焦点のレンズを一本入手したほうが気持ちよい撮影ができるなぁ~。

・・・あれ?でも、長焦点のレンズで何を写すんだ??

追記:晴れ間が出たので、再びトライ

まずは、70mm+×1.5のテレコンである。

月×1.5


これは、多少ボケてはいるが、まぁ我慢できるかな。

次に、70mm+×2のテレコン
月×2


と、これで犯人がはっきりした(笑)
案の定、オークションで入手したブツであった。まったくオークションって奴は・・・
【2006/11/04 01:22 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |