FC2ブログ
愛車感謝デー
今日は久々のオフ日である。
じつは、15日締め切りの原稿を抱えているのだが、今更慌てても仕方がないので、ゆったりと構えている(笑)

午前中、少しバイオリン、といっても、練習ではなく、遊びの曲を数曲弾いた。

出張中にたまった手紙やはがきを整理していたら、今月は自動車のオイルの割引サービスだというはがきが販売店から来ていた。

私は2万5千キロごとにオイルを換えるようにしている愛車家であるが、確か今は2万2千キロほどのはずだ。次の車検で換えようと考えていたが、少し安くなるなら、若干予定よりも早いが換えてしまおうかと、販売店に電話を入れてオイル交換に向かう。

じつは、先日来、車のTrac offというトラクションコントロール関係のウォーニングランプが良く点くようになっていて、このランプ、診断メッセージの発生通知を兼ねているから、どこかに不具合がある可能性もあるというのも、出向く気になった一因である。

オイルとフィルターの交換とウォーニングの原因追求をお願いし、販売店の椅子でコーヒーを飲みながら、こんなところでしか読まない雑誌類を読んでいた。

すると、

「木の葉がたくさんついていて、お車が汚れているので、洗車はいかがですか?300円になりますけど。」

どうせあと3ヶ月したら車検であり、そのときには洗車してくれるのだから、しなくてもいいんだけれど、今日は気分が大きく

「はぁ、じゃ、お願いします」

と、大人の態度で洗車を頼む。

しばらくして、

「ブレーキランプが両方とも切れているのですが、在庫が1個しかなく、取り寄せになりますが、一つだけでも交換しますか?」

両方とも切れているのはまずいだろう(^^;)
仕方ないから、とりあえず、片方の交換をお願いしておく。

雑誌を2冊読みきった頃、

担当の販売員がメカニックを連れてやってきた。

どうやら、ウォーニングの原因がわからないらしい。
「診断コードは正常なのですが、ランプテストをするとランプが点きっぱなしになるんです」
とのことだ。診断コードが正常ならば、通常の使用には問題ないんでは?
と聞くと、
ランプが点いているとトラクションコントロールは利かないらしい。でも、トラクションコントロールなんてない車も多いので、ぬれた路面で急発進しない限りは問題ないだろうということで、
「それじゃ、そのままでいいです。経過を見ておきますから」
ということにした。

オイル交換だけでさっさと帰るつもりが、2~3時間かかり、休日なのにバイオリン練習が出来なかった・・・(^^;)

帰りに本屋によって、

作曲家の発想術作曲家の発想術
青島 広志 (2004/08/10)
講談社

この商品の詳細を見る


を買う。今週もまた東京出張が続くので、電車の中で読むのにちょうど良さそうなのだ。
スポンサーサイト



【2006/09/18 20:14 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |