FC2ブログ
Smoke on the 津軽三味線
今日は青森である。
(ホテルのフロントに言ったら、ネットワーク接続用の機器を貸し出してくれた)

先ほど懇親会が終了したのだが、懇親会の余興として、津軽三味線の生演奏があった。津軽三味線を目の前で聞くのは初めてであり、興味深かった。

調弦がド・ソ・ドだと言っていたような気がするのであるが、じょんがらぶしを弾くときには、調弦なのか曲なのか良くわからない、ペグを回しながら弾いている時間が結構ある。

途中、曲名を言わずに弾き始めた曲、聞き覚えがある。
Deep purpleの曲 Smoke on the waterだ。
三味線で弾いても、それらしい(笑)

津軽三味線はバチを皮に強く打ち付けることで、リズムセクションとメロディを同時に表現するのが特徴だが、バッキングによるリズムセクションとメロディラインを同時に表すハードロックのギターにも通じるものがあるかも?

三味線の他に、尺八や横笛も披露してくれたが、お囃子はどうもあまり好きにはなれそうもない(^^;)。

それでも、尺八とシンセサイザーのオリジナル曲は、現代っぽい曲つくりで楽しかった。シンセと絡むと音的にも現代楽器っぽくなるのも不思議だ。

演奏のあと、津軽三味線の由緒を書いた新聞記事のコピーをいただき、思ったよりも新しいことに驚く。

津軽三味線の祖は1857年生まれの仁太坊であり、彼は昭和4年まで生きたそうな。それから今にいたるまでの系図もきちんと解明されており、民謡だと思っていたが、こんなに明快に発展の歴史が分かっているのはすごい。

その昔、三味線はバチ練習だけ3年間はしないと、次のステップに進ませてもらえなかったそうな。
バイオリンで言えば、音階もやらせず、ひたすら開放弦のボーイング練習だけを3年間やるようなものだ。(我慢のない私には耐えられないだろうな・・)
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/09/07 20:50 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
マンドリンキット増殖中
決して我が家のことではない(^^;)

私は店の回し者でもなんでもないのだが、じつは、MANTAのキットを買った店(International Violin社では、このところマンドリンキットが充実しつつある。マンドリンキットは、バイオリンキットやホワイトバイオリンのリストの最後に並んでいる。)

たとえば、
エフ穴の開けていないA型であるとか、


F型のマンドリンキットなど(F型は前に散々探した時にはなかったんだよなぁ・・。)

これも、ひとえにマンドリン普及促進実行委員会の活動の成果だろうか(なわけないだろう ^^;)

ここのキットは、技術家庭で本棚を作った以外の木工経験のない私でも組み立てられたので、おそらく、ほとんどの人に組み立て可能かと思われる。楽器の仕組みを知ってみたい方は、是非、一台いかが?

昨晩は、出張中にニスの乾燥を進めたいと考え、急きょ作業を入れた。

まずは油研ぎである。(じつは、パフ掛けだけで何とかならないかとしばし格闘したが、なんともならなかった。^^;
曲面への強いパフ掛けは難しい・・)

油研ぎ


その後、ニスを布に含ませ、全体をさっと拭く。


裏表

ヘッドヘッド裏


今日からしばし出張のため、更新はお休みになると思います。(職場が用意した安宿なので、ネット環境があるような気がしない・・・ ^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/09/07 06:41 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |