FC2ブログ
い~ぐる、菊田さん、モハーさん、菊田バイオリンに出会う
池袋の自由学園で日本バイオリン製作研究会 作品展示会2006が開催され菊田さんもいらっしゃるという情報を菊田さんのブログで教えてもらったので、今日は、菊田さんに会いに、また、菊田バイオリンを見に、池袋に出かけた。

どうせなら、楽しくわいわいやろうと、cherryの引渡しのついでに、noriちゃんも誘い、モハーさんと待ち合わせして出かけることになった。

noriちゃんとは、渋谷で待ち合わせ、その足で、池袋に移動だ。

池袋は人が多い、この中から面識のないモハーさんを探し出せるか・・・試練である・・と思ったが、朝から楽器を2台も抱えている人間が池袋の地下鉄出口などに何人もいるわけがなく、あっさり見つかった(^^;)

まずは、腹ごしらえということで、すぐ近くのジョナサンで昼食を取り、自由学園に向かう。

自由学園の明日香館というのは、なんだか池袋とは思えないような、しゃれた土地をふんだんに使った建物である。よくこんなものが、と思ったら、重要文化財らしい・・・

作品展示会にはバイオリンだけで60本近く展示されている。一本一本を詳しく確認していけばいいのだろうが、13時からは演奏会が始まってしまうので、それほど悠長にはしていられない。

菊田さんの姿はブログで見たことがあるので、すぐに見つかった。人ごみの中を菊田さんのバイオリンのところに到着すると、あれ?、どこかに移動している・・^^;

この作品展示会、自由にバイオリンを触っていいのである。が、あまり弾いている人は多くない。
そこで、早速、コンクール入賞作品の方を手に取り、ちょこっと音を出してみる。回りの人ごみがすごい上に、話し声など気が散るし、落ち着けないが、高音側にレゾナンスしたような甘美な音が特徴的である。こういった音は中々出ないよなぁ・・・

実は、私は自分が作った以外のバイオリンを弾くのが今回が初めてであった。その初めてのバイオリンが菊田さんのコンクール入賞作品とは、恐れ多いが、騒がしい場所ではなく、静かな場所で弾いてみたいと思ったものだった。

菊田さんを探すと、講堂の前のほうに座っていた。モハーさんを誘い、菊田さんに挨拶に行く。

ブログの人柄そのままに、腰の低いまじめそうな丁寧な方であった。こういった人が、コツコツまじめに作業をするから素晴らしい楽器ができるのだろう。

こらえ性のない私が同じようなことをしても、絶対かなうことはない・・・ということは、変化球勝負するのが筋だろう(勝負するのか^^;)

さて、そうこうするうちに、菊田さんのバイオリンで「タイスの瞑想曲」弾く女性がいた。素晴らしい演奏である。音もいい。その女性も「弾き込めばまだまだ鳴りますね~」と感心していた。

13時から15時までは演奏会である。この演奏会、出展作品を一台ずつ演奏家が弾いていくもので、菊田さんのバイオリンは最後である。

次々演奏される楽器たちを聴いていると、かなり高音がざらついた感じの楽器が多いように感じた。ペグの調整が悪く演奏者が楽器を下ろして両手でペグを回す場面も頻繁に見られたが、演奏者も大変である。(ペグの調整は私は人のことを言えたものではないが・・)

ずっと聴いていると、違いは何となくわかり、自分が好きな音の傾向も見えてくる。

A氏とH氏のが中でもいい方かなぁ・・などと思いながら聴いていたら、ある楽器で演奏してすぐに演奏者が演奏を中断した。

何事?と思ったら、指板が外れたらしい。色々とあるののだ・・^^;


さて、最後の菊田さんのバイオリンである。
弦のチューニングが始まってびっくり。

チューニングの音でもよく響き、今までの楽器とは大違いである。

たっぷりとバイオリンの演奏を堪能した後、菊田さんと、向かいの控え室に向かう。

控え室には菊田さんのバイオリンユーザの女性と、我々が入り、まずは、菊田さんは2003年製の自分の楽器の健康診断を行っていて、自ら音を出して弾いていた。中々の腕前であり、我々は話をやめ、演奏に聞き入っていた。

その後、そのバイオリンを弾かせていただき、ふくよかな音に驚いた。展示会の雑踏の中と違い、静かな控え室では音の大きさ、音質など色々な特徴が感じとれ、さらに好感度アップだ。

その後、モハーさんのStradiuriusやGIBSONのマンドリンのお披露目や、cherryとマンタのお披露目など、楽しくわいわいと過ごすことができた。

cherryは「はっきりした音で、フィドルに向いているかも?」という意見であった。色は、「あ、ほんとに桜色ですよね~」と、嬉しい評である。

マンタのインレイはみんなに好評である。やはり、おすし屋でもらったアワビというのが、素敵なのだ(菊田さんは、「こういった貝は、買うと高いんですよ~」と説明してくださっていた)
マンタの音も評判よく、嬉しい♪

マンタは裏の杢もきれいなのだが、この杢、板が暴れて、加工が大変だったという話をしたら、「分かります~」と菊田さんも同意してくれた。(この大変さ、作る人にしかわからないのだ 笑)

「kityを見てみたかった」という、菊田さん。次の機会には持って行きますね~
(それまでに、今日の経験を元に音質アップを図らねば・・)

明日香館を後にし、我々3人は駅の近くのカラオケに入り込み、1時間ほど、セッションを行う。暗譜が出来ず、楽譜を見ないと弾けない私に対して、モハーさんはレパートリーのどの曲もすっかり暗譜しており、きれいに演奏される。

まともに弾いたら、とても太刀打ちできないので、アドリブリフで適当にあわせる(^^;)

受付からタイムアップの電話が入り、最後にやったのが
Carolan's Draught
である。モハーさんに「知らない」と応えたが、そういえば、モハーさんのブログで一度は見たはず・・^^;
この曲、田舎のバッハという感じの曲なのだ(笑)

楽譜を出してもらい、一緒に合わせて弾いてみる。

当然、初見であるから、まともに弾けたりはしないのであるが、私なりにはがんばって弾いた(気がする ^^;)。

菊田さん、モハーさん、noriちゃん、とても楽しい1日でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/28 23:56 】 | つれづれなるまま | コメント(16) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |