FC2ブログ
通信販売でバイオリンパーツを買う
昨日、帰ったときに、郵便局から海外からの速達の不在通知が入っていた。今日の帰り、郵便局によって、ついでに、昨日、発注したマンドリンのフレットも着ているかもと聞いてみるとすでに到着しており、めでたく両方の荷物を持ち帰ることができた。

さて、アメリカから買ったのは、ペグと弦である。ペグは日本で買うとセットで2000円程度(一本500円)である。アメリカのショップで、$3くらいだったので、これは一本の値段かな?と、ディスカウントがかかる半ダースを注文しておいた。

また、弦は、cherryとともに買った中国製のナイロン弦は使い勝手が悪かったので、一ランク上のRed Labelという弦を注文しておいた。こちらも、ディスカウントがかかる半ダースの注文である。注文した数にしては、箱が大きめである・・・中身は・・・

ペグと弦


・・・ ペグは$3/セットであった ^^;

ということで、今、我が家にはペグセットが6セットもある・・ 1セットはマンドレレに使うとして、5セット分のペグの使い道を考えなくては。
(実は、駒も5セット分、ナットは6セット分パーツとして前に同じ店から買ってある)

むむ、これは、バイオリンの量産体制に移行せよという、何かしらの見えない力が働いているのであろうか・・ ^^;

さらに、弦は小売用ではなく、OEM用の感じだ。というのは、個々の弦ごとに分かれた袋には入っておらず、各弦6本ずつの袋に入っているのである。cherryの納品の時に、3セットの弦をつけてあげようと思っていたが、個別包装されていない、どうしよう・・ 弦の種類が違えば、太さが違うから、一つの袋に3セットまとめて入れてしまおうかな ^^;

乾かしていたcherryの傷であるが、ニスを盛ったところを油研ぎし、補修する。傷の補修


完全に傷が見えなくなるようにはとても補修できないので、多少目立たない程度の補修にしか過ぎないが、手を加えれば加えるほどおかしくなるという、筋金入りのい~ぐる工房である、これ以上の補修は逆効果になるに違いないと、このあたりで終了しよう。^^;
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/24 22:02 】 | つれづれなるまま | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |